KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326

メキシコの教室の “Big Man”  

数字が怖かったマヌエルさん
公文式学習から得たものは、仕事に
必要なスキル自信そして学ぶ喜び

2012年2月、メキシコのロス・モチスという町にあるマシエル先生の教室に、大きな男性が訪れました。その男性の名前は、マヌエルさん、当時59歳でした。仕事をしているマヌエルさんですが、お金の勘定ができず、仕事を適切に行うために必要なスキルがないと感じていました。そんな時に、町の人から紹介されたのが、公文式教室でした。学習を開始したマヌエルさんがどんな経験をし、どのように感じられているか、北米公文からのレポートです。

公文式教室との出会い

マヌエルさんは、自分自身にこう言いきかせたそうです。「私はすでにいい年齢になっていて、脳が疲れていたとしても、数字の知識ぐらいは得られるはず」。マヌエルさんは、町の知人たちに、自分が取り組める算数の問題を出してくれないかと頼んだりしていました。そんな時に、知人の1人が公文式教室を紹介してくれて、マヌエルさんのために2か月分の月謝を払ってくれたそうです。マヌエルさんは、こうして公文式教室の扉を開きました。
「マヌエルさんが初めて教室に来た日、私はいつものように教室にいて、他の生徒たちを指導していました」。マシエル先生は、その日のことをよく覚えています。マヌエルさんを歓迎しながら、「これから、今までにはない経験をすることになるだろう」と感じたそうです。

マヌエルさんの思い

マヌエルさんが学校に通ったのは、小学校3年生まで、そこから働き始めました。おつりを数える、買い物をしたらいくらになるか、そして手元に残るお金はいくらになるか計算できず、ずっと数字が怖かったそうです。学習開始から2カ月、仕事をしているとはいえ、マヌエルさんは誰かからの金銭面のサポートがないと公文を続けられません。「公文を続けられないことが、本当に悲しかったのです。先生から渡されたプリントを解くことができなくなるのは、とてもつらかった」。マヌエルさんは当時を思い返します。その後、(上司である)Juan Alberto Gonzálezさんがサポートを申し出てくださり、学習を継続できたのです。「生き返る思いがしました。私がすべきことは、精一杯やることだけでした」。マヌエルさんは、休むことなく教室に通い、難しかった教材にも粘り強く取り組み続けました。
3A教材から学習を始め、6年経った今はI教材を学習中です。算数が好きになったという65歳のマヌエルさんの言葉です。「現在は、数字の課題を乗り越えようと、常に努力しています。私の心は変わったのです。仕事もうまくできるようになりました。会計も得意になりました。実践をしながら、毎日学び続けています」。

未知の課題に取り組むことの大切さ

マシエル先生は、これまでのマヌエルさんの学習を振り返って、未知の課題を乗り越える意義を再確認されました。
「マヌエルさんは、公文の学習の中で何度も課題に直面しました。そのうちの一つは九九でした。習得するのに非常に苦労しましたが、そのおかげで彼は、毎日学習して問題を終わらせることが、課題を乗り越えるのに役立つのだと確信したそうです。正の数、負の数、指数、文字も、彼にとって全く新しい世界で、未知のものでしたが、マヌエルさんはそれを乗り越えられ、今も学習を続けられています」。

この動画は、北米公文制作のスペイン語版(英語訳)です。

関連リンク
くもんの短編ムービー
北米公文
くもん、いくもん♪チャンネル

関連記事

KUMONグループの活動  2018/06/12更新

Vol.260 スイス公文学園高等部(KLAS)の3つの柱

スイスにある日本の高等学校 ~英語・国際感覚だけでない 人間育成~

KUMONグループの活動  2019/10/29更新

Vol.328 「Forbes誌が選ぶ30歳未満30人 - 2019/科学」に選出

中学生の発明家、ギタンジャリ・ラオさん KUMONから学んだことは課題に取り組む姿勢

KUMONグループの活動  2019/06/11更新

Vol.310 社員の学び合い

より多くの子どもたちに公文式を届けたい ~国や地域を越えて学び合う社員~

KUMONグループの活動  2020/02/04更新

Vol.341 KUMONロゴに込められた想い

キーワードは「Thinking」! THINKING FACEが笑顔ではない理由とは?

学習者・OBOG  2018/05/25更新

Vol.257 世界の公文式教室-気づき編

”できた!”の達成感は 大きな自信になる ~気づき編~

バックナンバー

子育て・家庭学習  2021/03/02更新

Vol.393 家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!