KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2019/08/30更新

Vol.320 「くもんの日本地図パズル」  

現場の声から生まれたパズル
いま子どもの意欲を引き出す玩具に

パズル感覚で、楽しく遊びながら日本地図が覚えられる「くもんの日本地図パズル」。発売以来、「県名をあっという間に覚えた」「夢中で遊んでいる」など、多くのお客さまからご好評をいただいています。1997年に発売開始された「くもんの日本地図パズル」の発売のきっかけやこめられた思いをお伝えします。

現場の声が生んだ、より魅力的な商品づくり


 初代の「日本地図パズル」

くもんの知育玩具の第1号は「ジグソーパズル」でした。現在でも、度々の改良を重ね、多くの方に使っていただいています。2ピースから始まるくもんのジグソーパズルは、少しずつピース数がステップアップしていきますが、当時の「日本地図」を絵柄としたジグソーパズルは192ピースとピース数が多く、なかなかお客様に購入していただくことができませんでした。

そこで、営業の担当者がくもんの玩具を扱っていただいているお店を一軒一軒訪問し、お店の方から直接お話をうかがうことにしました。販売店の方々のお話では「他社商品でも“日本地図”を扱ったパズルは店頭には並んでいる。地図としての特性で、厚みはないがパッケージが大きくなってしまい、たくさんは売れていない」、さらに「日本地図に関した玩具は、買ってもらえればご家庭でお子さんが楽しく遊んでくれているし、親にも人気が高い」こと、「もっと売れてもいい商品」であるといった声をいただくことができました。

「いい商品だけど、なかなかお客様には買っていただけない」、「どこに問題があるのか?」。 くもん出版の営業担当者は、玩具の販売店に出向いて、商品の店頭での陳列の仕方や、年間を通しての商品の動き方、お客さまの具体的なニーズなど、商品として「販売する立場」や「購入する立場」からのリサーチを行いました。

最終的に企画としてできあがったものは、「紙製ではなく、プラスチックの質感にこだわった立体的なパズル」、そして「ピースが収納できるコンパクトなパッケージ」を実現した商品でした。それが、初代の「日本地図パズル」です。日本地図を一枚にすると大きくなってしまうパズル台を、「二つ折り」にすることでコンパクトにしました。さらにピースをその中に収納することで、ご家庭での片付けもしやすくなりました。おかげさまで発売後、すぐにヒット商品となり、現在にいたっています。

できた! という達成感がたくさん得られる商品を


感想がびっしりと書き込まれた、愛用者はがき

くもん出版には、毎月1,000枚を超える愛用者はがき(商品に同封されているアンケートを付したはがきのこと)が届きます。「くもんの日本地図パズル」のはがきも多く、「自分の住んでいる県やお友だちの住んでいる県など、形や位置に興味をもった」、「親戚が住んでいる県や行ったことのある県について思い出やエピソードなどいろいろ話しながらパズルをしています」、「気に入ったピースと一緒に寝ています」など、ご家庭でのほほえましい様子が伝わる、嬉しい感想もいただきます。中には、親子2世代で使ってくださっている方も…。

数多くのお子さま、保護者の方に愛着を持って使っていただいた「くもんの日本地図パズル」。これからも、より多くのお子さまが「夢中でくり返し遊べ」、「できることや知識が少しずつ増え」、「できた! という達成感がたくさん得られる」商品をつくってまいります。

くもんの日本地図パズル
対象:5歳以上
価格:3200円+税
セット内容:パズル台/1個 ピース/基本47個、発展47個 都道府県名確認地図(裏面は白地図)、地形図(裏面は解説書)、おもな特産物・名所の地図・日本の世界遺産の地図(表裏1枚)、ひらがなシール・目かくしシール/1枚 ピース収納袋/2枚

関連リンク
くもん出版商品詳細ページ
くもん出版(くもんの日本地図パズル動画)

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/02/18更新

Vol.342 日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート

日本語を学んで 日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい

KUMONグループの活動  2020/02/04更新

Vol.341 KUMONロゴに込められた想い

キーワードは「Thinking」! THINKING FACEが笑顔ではない理由とは?

KUMONグループの活動  2020/01/28更新

Vol.340 くもんの教具「磁石すうじ盤」の魅力とは?

乳幼児の数の理解を深め、    高齢者の脳の活性化にも!

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.067 後編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.067 前編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!