KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2018/10/30更新

Vol.279 浮世絵に描かれた七五三  

子ども
子どもの通過儀礼~七五三

KUMONでは1986年から子ども文化研究のために浮世絵を中心とした文化史料を収集・研究してきました。今回は浮世絵に見られる「七五三」に焦点をあて、子どもの通過儀礼としての七五三の由来や変遷、込められた思いについて見ていきます。

銀(しろがね)も金(くがね)も玉(たま)も何せむに勝れる宝(たから)子に及(し)かめやも

万葉集に納められた山上憶良(やまのうえのおくら)の一首です。銀も金も玉も、どんな宝であろうと子どもに勝る宝はない、という子どもを愛おしむ気持ちを詠んだものです。この気持ちは時代が変わっても日本人の文化としてしっかりと受け継がれています。

子どもの成長を祝う通過儀礼

日本には宝にも勝る子どもが産まれると「帯祝い」、「お七夜(命名式)」、「お宮参り」などの数多くの通過儀礼があります。通過儀礼には、子どもの成長への感謝とこれからも健やかに育って欲しいという願いが込められています。中でも11月15日の「七五三」は日本の各地で執り行われている最も一般的な通過儀礼です。

この「七五三」の由来は平安時代にさかのぼります。当時は子どもの死亡率が非常に高く、生まれた子どもが七歳になるまでは「人」ではなく「神」の子であり、実際にはこの世にまだ「命」が定着していない者として考えられていたようです。そのため三歳から七歳に至るまでの間に無事に成長したことをお祝いしたことが始まりのようです。

江戸時代に入るとこの祝い方が変化し、三歳で「髪置き」(男女ともに髪の毛を伸ばしはじめる)、五歳には「袴着(はかまぎ)」(男子が袴を着けはじめる)、七歳には「帯解き」(女子が帯を締める着物を着るようになる)などの年齢に応じた儀式が行われるようになりました。当時、武家を中心に広まったこの儀式は、その後、庶民にも広がりをみせ、時期も11月吉日から11月15日に行われるようになっていったようです。

明治時代になってから「七五三」という行事として、これまで無事に成長してきたことに感謝し、今後も健康で長生きするよう神前に詣でるようになり、現在に至ります。

七五三詣(もうで)で小さな手に千歳飴を提げた子どもは何ともほのぼのとして周りも幸せにさせてくれます。正に「子宝」ですね。

七五三祝ひの図 二代歌川豊国
弘化頃(1844-1848)

先頭は三歳髪置きの娘で、髪を結い赤い振袖を着て抱え帯をした母におぶられている。次は七歳帯解きの姉娘で、この日から付紐を用いない振袖を着て、頭には長寿の願いを込めた綿帽子を着けている。肩でかついでいるのは革羽織に黒い脚半(きゃはん)の屈強な鳶職(とびしょく)の男で、後方に女性が寄り添っている。最後は五歳男子の袴着で、裃(かみしも)を着て、ちりよけの揚帽子(あげぼうし)をかぶった前帯の祖母と手をつないでいる。お供の小僧はめでたい熨斗(のし)文様の風呂敷包を肩にかついでいる。

千歳飴に込められた願いとは

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONグループの活動  2019/12/24更新

Vol.337 特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON

2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」

KUMONグループの活動  2019/12/19更新

Vol.336 ブルガリアに公文式教室開設

夢に近づくお手伝いを

KUMONグループの活動  2019/12/17更新

Vol.335 アラブ首長国連邦で公文式の学校導入!

公文式学習を通して学力と自習力を身につける 自分の力で学ぶ楽しみを得て、充実した学校生活に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.059 後編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.059 前編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!