KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2017/05/09更新

Vol.208

高校生の、高校生による、高校生のための
「全国高校生徒会大会」とは?  

「生徒会、学校をよりよくしたい」
という想いを持った
学生たちによる活発な意見交換

中学校や高校には必ずある「生徒会」。その生徒会役員たちが、地域を越えて全国で集う場を自分たちで作っていることをご存知でしょうか?2017年3月27~29日、衆議院第二議員会館で「第5回全国高校生徒会大会」が開催されました。「自分」を、「生徒会」を、そして「学校」を変えるきっかけになればとの想いからスタートしたが同大会。5回目となる今年は、全国の56校から114名が参加しました。その中には、公文式OBの姿もありました。彼らがどんな想いを持って生徒会活動をし、この大会に参加したのか。お話をうかがいました。

先輩の後ろ姿を見て入った生徒会。学んだ「相手のことを知る」重要性

全国高校生徒会大会 山本康太さん
  山本康太さん

海陽中等教育学校(愛知県)の生徒会総務委員会の委員長を務めている山本康太さん。「他の学校の取り組みを知ることで、総務の仕事に役立てられることもあるのでは」と思い、みずから手を挙げて参加しました。実際に、大会では初日から大きな刺激を受けたそうです。

―― 生徒会に入ったきっかけは何でしたか?
高校に入って、学校の体制に対して疑問に思うこともあったんです。でも、そこで不平不満を言うだけでは何も変わらないなと。それで、生徒会で頑張っている先輩の姿を見て「自分で変えようとする努力をしなければ」と思い、生徒会に入りました。

―― 生徒会活動を通して、学んだのはどのようなことですか?
生徒の僕たちと、対外的なことも考えなければいけない先生方とでは、考え方も意見も違います。だから、僕たちの意見が通らないことも少なくありません。でも、それでただ文句を言っているだけでは何も変わりません。なぜ先生方がダメだと言うのか、それを知ることで対策を講じることもできます。自分たちのことばかりではなく、違う立場の人のことも知ることが大事なんだなということを学びました。

―― 大会に参加してみて、自分の高校でもやってみたいと思うことはありましたか?
今回話し合ってみてわかったのは、「生徒が生徒会に興味を持ってくれない」というのは、どの学校でも共通して抱えている課題なのだということでした。その中で、「支持率調査」をしたことがあるという学校があったんです。それは、すごくいいなと思いました。生徒が生徒会をどのように見ているか、ということが具体的な数字として表れて自分たちにとって参考になると思いますし、同時に生徒たちが生徒会に関心を持つ一つのきっかけにもなるのではないかとも思います。生徒会活動の活性化や透明化につながるのであれば、取り入れてみてもよいかなと思いました。

今年こそ実現させたい「目安箱」の設置。プライバシーを守りつつ見える形に

全国高校生徒会大会 山根拓也さん
 山根拓也さん

神戸市立科学技術高等学校(兵庫県)から参加した山根拓也さんは、生徒会では副会長を務めています。初日、会場の扉を開けた時にはとても緊張したそうですが、同じ意思を持つ熱い仲間たちとの話し合いはとても楽しかったそうです。その中で、どんなことを得たのでしょうか。

―― 生徒会の活動をするきっかけは何でしたか?
中学生の時の生徒会は、先生に言われた通りに動いているという印象でした。傍から見ていて「何か違うんじゃないかなぁ」と思っていたのですが、自分では何もできませんでした。それで、高校に入ったのを機に「やってみようかな」と思い、生徒会活動に参加しました。

―― 全国大会に参加したきっかけは何だったのでしょうか?
生徒会の顧問の先生から「こういうのがあるけど、どうや?」と言われて初めて知ったのですが、すぐに「ぜひ行ってみたい」と思いました。

―― 参加してみて、得られたものは何ですか?
自分の学校では、生徒の声を集める「目安箱」の設置が以前から検討されていました。今年は実現したいと思っているのですが、参考になる考えを得られました。具体的には、「どういう箱にするか」ということ。これまでは、意見をくれた生徒のプライバシーを守るために、生徒会だけが見られるようにしようと思っていました。でも、そうではなくて、生徒たちが見られるようにするという考え方もあると、今回の話し合いの中で気づきました。確かに「あぁ、そういう意見もあるのか」と思えば、他の生徒も意見を入れやすくなると思うんです。とはいえ、プライバシーを守ることも必要です。そこで、例えば用紙に意見を公開してもいいか確認するチェック欄を設けて、「はい」というものだけを生徒たちが見られるように掲示板に貼るとか、方法はいろいろあると思いますので、改めて考えてみようと思っています。

全国高校生徒会大会

会場は、参加者たちの「自分の学校をよくしたい」「生徒会を生徒たちのために役立てたい」という真剣な想いで常に熱気を帯びていました。学校での活動を通じて、地域の活性化や地域の役に立ちたいと考えている高校生も多くいるようでした。学校、地域、そして社会に貢献しようという生徒たちの力強さが感じられる大会でした。

関連リンク
全国高校生徒会大会オフィシャルサイト

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/11/30更新

Vol.425 クリスマスにオススメの玩具

KUMON TOYかんがえるシリーズから新発売 『3Dロジカルルートパズル』

KUMONグループの活動  2021/11/26更新

Vol.424 KUMONの取り組むSDGsを考える①前編

KUMONの理念を実現する先に SDGs達成の未来がある

KUMONグループの活動  2021/11/24更新

Vol.423 KUMON の新人育成とは?

「人の成長」に本気で向き合う KUMONの社員とは? ~チームで支える「成長」と「BS制度」~

KUMONグループの活動  2021/11/16更新

Vol.422 学習療法で施設が変わる(動画紹介)

「笑顔の絶えないデイサービス施設」 ~学習療法を取り入れた介護の現場より~

2021/11/09更新

Vol.421 Forbes JAPANに当社社長が掲載

Webメディア 『Forbes JAPAN』 Brand Voiceにて、 公文式の誕生の経緯から、 「オンライン&教室学習」の導入、これからの展望について語りました

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.084 前編
劇団四季 俳優
金子進太郎さん
奇跡は起きるものではない 起こすもの 作品の感動を 多くの人に届けたい
Vol.083
映画監督
大川史織さん
「楽しい」を真ん中に やりたいことを全力で続けていれば 出会いを手繰り寄せられる
Vol.082
タイガーモブCFO
上原丈弥さん
人生の可能性は無限大 「自分ではないもの」に身をゆだね 知らなかった「自分」に出会ってみよう
Vol.081
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.070 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.070 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.068
特別対談 未来を生きる子どもたちのために①
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!