トップ > KUMON now! > トピックス > 高校生の、高校生による、高校生のための「全国高校生徒会大会」とは?

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2017/05/09更新

Vol.208 高校生の、高校生による、高校生のための
「全国高校生徒会大会」とは?  

「生徒会、学校をよりよくしたい」
という想いを持った
学生たちによる活発な意見交換

中学校や高校には必ずある「生徒会」。その生徒会役員たちが、地域を越えて全国で集う場を自分たちで作っていることをご存知でしょうか?2017年3月27~29日、衆議院第二議員会館で「第5回全国高校生徒会大会」が開催されました。「自分」を、「生徒会」を、そして「学校」を変えるきっかけになればとの想いからスタートしたが同大会。5回目となる今年は、全国の56校から114名が参加しました。その中には、公文式OBの姿もありました。彼らがどんな想いを持って生徒会活動をし、この大会に参加したのか。お話をうかがいました。

生徒会から学校の生徒たち皆に還元する「何か」を模索した3日間


実行委員長・栗本拓幸さん

「全国高校生徒会大会」は、高校生みずからが大会実行委員会を立ち上げて大会のテーマや内容を考え、当日の運営も彼らが行っています。会場を訪れると、全国から自主的に集まった高校生徒会役員たちが真剣な表情で話し合っていました。「生徒会や学校をよりよくしたい」という意気込みが伝わってきます。

今年、実行委員長として大会を取り仕切った栗本拓幸さん(神奈川県・私立浅野高等学校生徒会長)は、3年前に初めてこの大会に参加した時のことをこう振り返ります。「初めて参加した時、全国規模の大会を高校生だけで切り盛りしているってすごいと思いました。普通、高校生は自分の学校の枠を越えるのも難しいのに、ここに集う高校生たちは県さえ越えている。すごい場だと思いました」。実行委員長として関わる今年は、この場の意義を後輩たちにつないでいくことが大切だと思っていると言います。

自校の枠を越えて高校生たちが集まることで、さまざまな学校の事例を知ることができ、それによって自校の生徒会を見つめ直す。そして、ここでの学びを自校に還元できれば、生徒会役員ではない学校の生徒たちにも影響を与えることができる。そんなサイクルが生まれるきっかけとなりうるのが、この「全国高校生徒会大会」なのだそうです。また、この大会をきっかけに高校生たちのネットワークが生まれ、参加者たちは大会後もそのネットワークを活かして活動を続けていくそうです。

今年の大会のスローガンは“次に繋がる「 」を。全ての生徒にとってわくわくする学校生活を。僕ら生徒会が変えてゆく”。この大会に参加した生徒会役員が「わくわく」を持ち帰り、自校の生徒全体に「わくわく」が伝わり、結果として全国の高校生が変わっていく――。そんな想いが込められているそうです。栗本さんは、全国の高校の生徒会の共通課題として「一般生徒による生徒会への参加意識の希薄」があると言います。

「本来は、生徒一人ひとりが生徒会の会員であって、主体は生徒にあるんです。でも、今はそういう意識が薄れています。そこで、生徒会の方から何かを生徒皆に還元し、よりよい学校をつくろうという意識を持ってもらおうと考えました。その『何か』を見つけることが今大会の主旨となっています」

大会では、1日目に「自校の生徒会を見つめ直す」「次世代の生徒会を見つける」をテーマに、グループごとに話し合い、2日目には5つの議題に分かれて「問題別フリートーク」を実施。そして最終日には、話し合った課題についての結論を発表する場が設けられました。

同じ意識を持った仲間だからこそ、分かり合えることも多いはず。知識と気持ちを高め合う中で、自分たちの学校に必要な「何か」を、それぞれが一生懸命に模索する姿がありました。次ページでは、公文式学習経験者でもある大会参加者にインタビューをしてみました。

全国高校生徒会大会の参加者の想いとは?

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/03/31更新

Vol.348 特別対談 BRAC創設者アベド氏を偲んで

教育を通じた社会貢献を 目に見える形で実現できた BRAC×KUMONプロジェクトの未来

KUMONグループの活動  2020/03/27更新

Vol.347 家庭学習調査2019(1) 子どもの家庭での過ごし方

ゲーム、テレビ、外、学習・・・ 子どもは家で何をして過ごしているのか

KUMONグループの活動  2020/03/24更新

Vol.346 くもんの「漢字カード」誕生の背景

文字への興味からことばの世界を広げ、 そして読書へ

KUMONグループの活動  2020/03/17更新

Vol.345 寺子屋で学んだ子どもたち

江戸時代に求められた寺子屋での学び

KUMONグループの活動  2020/03/03更新

Vol.344 江戸時代のひな祭り―浮世絵から見える江戸時代の人々

女の子の健やかな成長と幸せを祈って

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.068 後編
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
Vol.068 前編
バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん
「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる
Vol.067
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.061 前編
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
Vol.060
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!