トップ > KUMON now! > トピックス > 高校生の、高校生による、高校生のための「全国高校生徒会大会」とは?

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2017/05/09更新

Vol.208

高校生の、高校生による、高校生のための
「全国高校生徒会大会」とは?  

「生徒会、学校をよりよくしたい」
という想いを持った
学生たちによる活発な意見交換

中学校や高校には必ずある「生徒会」。その生徒会役員たちが、地域を越えて全国で集う場を自分たちで作っていることをご存知でしょうか?2017年3月27~29日、衆議院第二議員会館で「第5回全国高校生徒会大会」が開催されました。「自分」を、「生徒会」を、そして「学校」を変えるきっかけになればとの想いからスタートしたが同大会。5回目となる今年は、全国の56校から114名が参加しました。その中には、公文式OBの姿もありました。彼らがどんな想いを持って生徒会活動をし、この大会に参加したのか。お話をうかがいました。

生徒会から学校の生徒たち皆に還元する「何か」を模索した3日間


実行委員長・栗本拓幸さん

「全国高校生徒会大会」は、高校生みずからが大会実行委員会を立ち上げて大会のテーマや内容を考え、当日の運営も彼らが行っています。会場を訪れると、全国から自主的に集まった高校生徒会役員たちが真剣な表情で話し合っていました。「生徒会や学校をよりよくしたい」という意気込みが伝わってきます。

今年、実行委員長として大会を取り仕切った栗本拓幸さん(神奈川県・私立浅野高等学校生徒会長)は、3年前に初めてこの大会に参加した時のことをこう振り返ります。「初めて参加した時、全国規模の大会を高校生だけで切り盛りしているってすごいと思いました。普通、高校生は自分の学校の枠を越えるのも難しいのに、ここに集う高校生たちは県さえ越えている。すごい場だと思いました」。実行委員長として関わる今年は、この場の意義を後輩たちにつないでいくことが大切だと思っていると言います。

自校の枠を越えて高校生たちが集まることで、さまざまな学校の事例を知ることができ、それによって自校の生徒会を見つめ直す。そして、ここでの学びを自校に還元できれば、生徒会役員ではない学校の生徒たちにも影響を与えることができる。そんなサイクルが生まれるきっかけとなりうるのが、この「全国高校生徒会大会」なのだそうです。また、この大会をきっかけに高校生たちのネットワークが生まれ、参加者たちは大会後もそのネットワークを活かして活動を続けていくそうです。

今年の大会のスローガンは“次に繋がる「 」を。全ての生徒にとってわくわくする学校生活を。僕ら生徒会が変えてゆく”。この大会に参加した生徒会役員が「わくわく」を持ち帰り、自校の生徒全体に「わくわく」が伝わり、結果として全国の高校生が変わっていく――。そんな想いが込められているそうです。栗本さんは、全国の高校の生徒会の共通課題として「一般生徒による生徒会への参加意識の希薄」があると言います。

「本来は、生徒一人ひとりが生徒会の会員であって、主体は生徒にあるんです。でも、今はそういう意識が薄れています。そこで、生徒会の方から何かを生徒皆に還元し、よりよい学校をつくろうという意識を持ってもらおうと考えました。その『何か』を見つけることが今大会の主旨となっています」

大会では、1日目に「自校の生徒会を見つめ直す」「次世代の生徒会を見つける」をテーマに、グループごとに話し合い、2日目には5つの議題に分かれて「問題別フリートーク」を実施。そして最終日には、話し合った課題についての結論を発表する場が設けられました。

同じ意識を持った仲間だからこそ、分かり合えることも多いはず。知識と気持ちを高め合う中で、自分たちの学校に必要な「何か」を、それぞれが一生懸命に模索する姿がありました。次ページでは、公文式学習経験者でもある大会参加者にインタビューをしてみました。

全国高校生徒会大会の参加者の想いとは?

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/26更新

Vol.388 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑩            <標準完成時間>

KUMONグループの活動  2021/01/19更新

Vol.387 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)

子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!