トップ > KUMON now! > トピックス > 高校生の、高校生による、高校生のための「全国高校生徒会大会」とは?

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2017/05/09更新

Vol.208 高校生の、高校生による、高校生のための
「全国高校生徒会大会」とは?  

「生徒会、学校をよりよくしたい」
という想いを持った
学生たちによる活発な意見交換

中学校や高校には必ずある「生徒会」。その生徒会役員たちが、地域を越えて全国で集う場を自分たちで作っていることをご存知でしょうか?2017年3月27~29日、衆議院第二議員会館で「第5回全国高校生徒会大会」が開催されました。「自分」を、「生徒会」を、そして「学校」を変えるきっかけになればとの想いからスタートしたが同大会。5回目となる今年は、全国の56校から114名が参加しました。その中には、公文式OBの姿もありました。彼らがどんな想いを持って生徒会活動をし、この大会に参加したのか。お話をうかがいました。

生徒会から学校の生徒たち皆に還元する「何か」を模索した3日間


実行委員長・栗本拓幸さん

「全国高校生徒会大会」は、高校生みずからが大会実行委員会を立ち上げて大会のテーマや内容を考え、当日の運営も彼らが行っています。会場を訪れると、全国から自主的に集まった高校生徒会役員たちが真剣な表情で話し合っていました。「生徒会や学校をよりよくしたい」という意気込みが伝わってきます。

今年、実行委員長として大会を取り仕切った栗本拓幸さん(神奈川県・私立浅野高等学校生徒会長)は、3年前に初めてこの大会に参加した時のことをこう振り返ります。「初めて参加した時、全国規模の大会を高校生だけで切り盛りしているってすごいと思いました。普通、高校生は自分の学校の枠を越えるのも難しいのに、ここに集う高校生たちは県さえ越えている。すごい場だと思いました」。実行委員長として関わる今年は、この場の意義を後輩たちにつないでいくことが大切だと思っていると言います。

自校の枠を越えて高校生たちが集まることで、さまざまな学校の事例を知ることができ、それによって自校の生徒会を見つめ直す。そして、ここでの学びを自校に還元できれば、生徒会役員ではない学校の生徒たちにも影響を与えることができる。そんなサイクルが生まれるきっかけとなりうるのが、この「全国高校生徒会大会」なのだそうです。また、この大会をきっかけに高校生たちのネットワークが生まれ、参加者たちは大会後もそのネットワークを活かして活動を続けていくそうです。

今年の大会のスローガンは“次に繋がる「 」を。全ての生徒にとってわくわくする学校生活を。僕ら生徒会が変えてゆく”。この大会に参加した生徒会役員が「わくわく」を持ち帰り、自校の生徒全体に「わくわく」が伝わり、結果として全国の高校生が変わっていく――。そんな想いが込められているそうです。栗本さんは、全国の高校の生徒会の共通課題として「一般生徒による生徒会への参加意識の希薄」があると言います。

「本来は、生徒一人ひとりが生徒会の会員であって、主体は生徒にあるんです。でも、今はそういう意識が薄れています。そこで、生徒会の方から何かを生徒皆に還元し、よりよい学校をつくろうという意識を持ってもらおうと考えました。その『何か』を見つけることが今大会の主旨となっています」

大会では、1日目に「自校の生徒会を見つめ直す」「次世代の生徒会を見つける」をテーマに、グループごとに話し合い、2日目には5つの議題に分かれて「問題別フリートーク」を実施。そして最終日には、話し合った課題についての結論を発表する場が設けられました。

同じ意識を持った仲間だからこそ、分かり合えることも多いはず。知識と気持ちを高め合う中で、自分たちの学校に必要な「何か」を、それぞれが一生懸命に模索する姿がありました。次ページでは、公文式学習経験者でもある大会参加者にインタビューをしてみました。

全国高校生徒会大会の参加者の想いとは?

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/04/25更新

Vol.304 公文国際学園中等部・高等部
―模擬国連2019

国連大使になって英語で議論! 生徒主体で作り上げる模擬国連は グローバルな成長の場

KUMONグループの活動  2019/04/16更新

Vol.303 公文式の学校導入―村上学園高等学校<全日制スタイルの通学型・通信制高校>

「できる」喜びを重ねることで 関心を持てなかった学習に 感じ始めた「楽しさ」と「意義」

KUMONグループの活動  2019/04/09更新

Vol.302 TOEFLを英語学習のよき伴走者に
-スピーキングテスト編

自分の意見を発信する力を ~若年層向けTOEFLに スピーキングテストができました!~

子育て・家庭学習  2019/03/26更新

Vol.301 家庭学習調査2018(3)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?

家庭学習調査から見える 「子どもの家での過ごし方」と 母親と父親の関わり方の違いとは?(3)

KUMONグループの活動  2019/03/19更新

Vol.300 ヨーロッパの指導者

仲間とともに「子どもから学ぶ」 ~子どもたちの可能性を発見し、伸ばしたい~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

記事がありません
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.061 後編
イラストレーター
ながおかえつこさん
迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる
Vol.061 前編
イラストレーター
ながおかえつこさん
迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる
Vol.060
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.059
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.053 後編
教育実践「響の会」会長
角田明先生
愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう
Vol.053 前編
教育実践「響の会」会長
角田明先生
愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう
Vol.052
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.051
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。