KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/02/23更新

Vol.139 認知症高齢者が自分らしさを取り戻すために~学習療法とは(1)~  

「学習療法」
介護現場になれるか

認知症によって家族の名前がわからなくなったり、自力排泄ができなくなったり、昼夜問わず徘徊するようになった……。皆さんは、このような状態になってしまった認知症高齢者が、自分を取り戻されていく姿を想像できますか?「学習療法」が生まれて10年以上が経ちますが、学習療法によってこれらの症状が改善したという事例が、学習療法を導入している全国の介護施設から数多く報告されています。今回は、この学習療法についてご紹介します。

目に見える効果も上げる「学習療法」

多くの場合、認知症には「周辺症状」が伴います。例えば、自力排泄ができなくなりおむつをする状態になる、歩行困難になり杖や車いすが必要になる、昼夜が逆転し夜中の徘徊が続く、など実生活に支障をきたす症状を指します。この「周辺症状」が認知症を恐れさせる一番の理由です。2001年から行われた実証実験では、「周辺症状」を劇的に改善する例が、次々と報告されました。例えば、101歳のIさんには、以下のような症状の改善が見られました。

【学習を始める前の状態】
・常時おむつ。入浴、更衣も介護。
・精神状態が不安定で、幻視、幻聴あり。
・昼夜逆転。夜間、不安な状態になると大声を出す、廊下を走り回る。朝まで壁をたたき続ける。

【学習後の状態(学習開始1か月後~8か月後)】
・排泄の訴え、尿意を感じると車いすでトイレへ。やがておむつも取れた。
・幻覚等の周辺症状がすっかりおさまった。
・夜間の徘徊もなくなり、夜は安眠できるようになった。

学習療法が国内1600以上の介護施設に導入されるようになって、このようなケースは決して珍しいものではないこともわかってきました。

 

学習療法で自分らしさを取り戻す
認知症高齢者たち

先日、あるテレビ取材で、認知症の症状の変化を追うための長期取材が行われました。取材対象は、当時介護施設に入所したばかりの女性。70代前半で認知症を発症され、入所直後はぬいぐるみを抱きながら、ずっと施設の中を徘徊、いっさい人と目を合わせることなく、止まっている時は無言で一点を見つめている状態でした。

3か月後、取材班が再び施設を訪れると、なんとその方から取材班に近づいてきて、声をかけられたのです。まだ、言葉は不明瞭でしたが、しっかりと目を合わせて笑顔で話しかけられました。取材班が驚いて施設の方にうかがうと、入所直後から学習療法を始め、1か月後には効果が見え始めたそうです。今では徘徊は止まり、夜もぐっすり眠ることができるようになり、人との関わりも積極的に持つようになられたとのことでした。

認知症高齢者が自分らしさを取り戻す力になりたい。学習療法を通じて、高齢化社会に貢献するため、これからも介護施設の方々とともに、学習療法の実践を積み重ねてまいります。

 

関連リンク

学習療法センター

認知症高齢者が自分らしさを取り戻すために~学習療法とは(2)~|KUMON now!

関連記事

KUMONグループの活動  2016/03/15更新

Vol.142 認知症高齢者が自分らしさを取り戻すために~学習療法とは(2)~

認知症高齢者を支える周りの方々にも 「希望の光」を

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONグループの活動  2019/12/24更新

Vol.337 特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON

2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」

KUMONグループの活動  2019/12/19更新

Vol.336 ブルガリアに公文式教室開設

夢に近づくお手伝いを

KUMONグループの活動  2019/12/17更新

Vol.335 アラブ首長国連邦で公文式の学校導入!

公文式学習を通して学力と自習力を身につける 自分の力で学ぶ楽しみを得て、充実した学校生活に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.059 後編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.059 前編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!