KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

子育て・家庭学習  2015/12/15更新

Vol.122 読書好きママ座談会  

一人で楽しむ読書から家族で楽しむ読書
世界を広げ、心を豊かに育む本の世界
わが子にも伝えたい

好評のママの座談会も4回目となりました。この日集まってもらったママは、みなさん「読書好き」。4人のお子さんを持つママ、おなかに2人目の赤ちゃんがいるママ、育休中のママ、今年の夏から仕事に復帰したママなど、6人のママが集まってくれました。本は大好きだけれど、家事に育児に仕事に忙しいママたち。読書の時間はあるのでしょうか?読書好きママならではの視点で、ママたちの子育てについて、存分に語っていただきました。

読書時間を捻出して、贅沢なひとときを楽しむ

ママたちは毎日多忙です。家事に育児、そして仕事……まとまった自由時間のない中での読書、読書好きママたちはどうしているのでしょうか。

「1歳の子どもがもうすぐ寝入りそうだというときに、抱っこひもで抱っこをしながらほんのつかの間の読書を楽しみます」

「早起きができたときに、静けさの中のほんのひとときで本を開きます」

「15分をひとつの読書タームと考えて、その15分を捻出するために、家事の効率化を考えます。捻出できた時間は自分へのごほうびですね」

というママも。1日の終わりに、子どもを寝かしつけたあと、読書をするとぜいたくな気持ちになれるというママもいました。

では、本好きなママたちは何を求めて読書をするのでしょうか。

 

日常とは違う世界にワープできる読書の世界

ママたちが読書に求めるものは、「日常世界からの脱却」と「リラックス」。日常生活では、子どもを中心とした生活のため、ママ友など同じような境遇の人と出会うことが多いもの。けれども本の世界に入れば、普段会いそうもないようなキャラクターの人に出会えたり、行けないところに行けたり(ときには宇宙の果てや、過去や未来も!)、思いもしない発想に触れることができます。育児中は自分のためにまとまった時間がとりづらいママたちにとって、わずか15分程度の読書でも、気分転換を気軽にできるのが読書の醍醐味なのかもしれません。

本好きママたちの願いとは?

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/21更新

Vol.327 横須賀学院小学校の取り組み

教員と児童の双方に波及効果をもたらす TOEFL Primary®

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!