KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2014/09/24更新

Vol.055

小学生が世界各国の人と英語で過ごすキャンプ  

文化の多様性を実感!
子どもたちが様々な国や
地域の学生と英語
過ごすキャンプ
「イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2014」開催

小学生が世界各国の人と英語でコミュニケーションをとりながら生活を共にする「イングリッシュ・イマ-ジョン・キャンプ2014」(通称:EIC)が、今夏も滋賀県守山市で開催されました。EIC卒業生のインタビューも交えながら、キャンプの様子を紹介します。

「地球社会に貢献できる“人財”」育成へ


英語による日記発表の様子

今年で14年目を迎えるEICは、「これからの時代を生きる子どもたちに、英語でコミュニケーションできる力をつけてもらいたい。地球社会に貢献できる“人財”に育ってもらいたい」という強い想いのもと、2001年にスタートしました。合計4回のキャンプ(※)が開催された今年は、英語を意欲的に学習する小学校3年生から6年生までの計361名が全国から集まりました。

※6 days 8月7日(木)~12日(火)、18日(月)~23日(土)
 4 days 8月2日(土)~5日(火)、13日(水)~16日(土)

世界を身近に感じ、考え方や文化の多様性を学ぶ

 


キャンプリーダーに励まされ、英語に挑戦

運営を支えているのは世界各国出身のキャンプリーダーたち。彼らの出身国はフィジー、スリランカ、ボツワナ、ポーランドなど、29か国に及びます。そのほとんどが英語を第2言語、第3言語として学んできた人たちです。

彼らは立命館アジア太平洋大学や関西の大学(立命館大学、京都大学、関西大学、神戸大学など)に通う留学生たちで、多くの応募者の中から選抜されています。子どもたちは彼らとの共同生活の中で、宗教上の理由で豚肉を食べない人がいることを知ったり、食事の前にお祈りする姿を見たりするなどの経験を通じて、世界を身近に感じ、考え方や文化の多様性を学びます。

まずは挑戦すること

キャンプ中、子どもたちは、世界の共通語である英語に“どっぷり浸かり(イマ-ジョン)”、様々な国や地域から集まったキャンプリーダーやスタッフたちと、英語での共同生活に挑戦します。初日には緊張した面持ちで参加していた子どもたちですが、自分のグループの旗を紹介する「フラッグプレゼンテーション」やゲームを通してたくさんの英語を使う「イングリッシュフェスティバル」を通じて、元気いっぱいの笑顔を見せてくれるようになりました。

キャンプのそこかしこで聞こえてくるのは「Mistake is OK! Try! Try!」「You can do it!」という言葉。子どもたちはキャンプリーダーや仲間たちから発せられる、この言葉に励まされながら、文法などの間違いを恐れず、日増しに積極的に英語で発言するようになっていきました。

世界を感じ、広がる夢


藤原星菜さん

「将来は国際機関で働けたら」と語る星菜さん

今回ボランティアキャンプスタッフとしてEICを支える藤原星菜さんは12年前にキャンプに参加したEICの卒業生。現在ロンドンの大学へ留学中の星菜さんは、EICでの経験が自分を変える大きな転機になったと言います。

It is not easy to study like you.
───星菜のようにいろんなことを学んだりできるというのは普通のことではないんだよ。

星菜さんが当時、フィリピン出身のキャンプリーダーに言われた一言です。「いつも頭の中にその言葉がありました。それについて深く理解できるようになってきたのは最近のことですが…」と語る星菜さん。世界の現実を伝えてくれた、キャンプリーダー(現在はアフリカの貧困層の子どもたちのために働いているそうです。)とはいまだに連絡をとりあう仲だと言います。「自分の信念に従って活動している彼女は、私にとっての目標となる人なんです」。

キャンプでふれた“世界”に興味を持ち、国際関係学を学んでいる星菜さん。

「今は国際貢献活動や教育に関心があります。将来は、国際機関で働けたらいいな」と語る彼女の目はキラキラと輝いていました。

今年参加した361名の子どもたちも最終日に他の参加者や保護者の前で元気良く、英語で夢を発表してくれました。EICでの挑戦や経験がそれぞれの夢や目標につながっていくことを祈っています。

関連リンク
English Immersion Camp『イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2014』開催のご案内|プレスリリース

関連記事

KUMONグループの活動  2013/09/10更新

Vol.002 English Immersion Camp

世界を知る6日間! 子どもたちが様々な国の学生と 英語だけで過ごすキャンプ 『イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2013』開催

KUMONグループの活動  2015/11/17更新

Vol.114 English Immersion Camp 2015

世界とつながろう! 子どもたちが英語を使って 様々な国や地域の学生と 過ごすキャンプ ~「イングリッシュ・イマ-ジョン・キャンプ2015」開催~

KUMONグループの活動  2014/04/22更新

Vol.033 子どもたちと留学生による被災地訪問

東北の人々と共に 復興へと歩んでいきたい 小中学生の子どもたちと7カ国からの留学生が被災地訪問

KUMONグループの活動  2017/07/18更新

Vol.218 世界とのつながりを感じる

タイ・スタディーツアー開催 -English Immersion Camp(EIC)-

KUMONグループの活動  2015/06/02更新

Vol.089 Ambassadors of Peace Network

仲間たちとともに世界を見つめ、 新たな一歩を踏みだそう 『第8回 Ambassadors of Peace Network』(APN)開催

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/26更新

Vol.388 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑩            <標準完成時間>

KUMONグループの活動  2021/01/19更新

Vol.387 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)

子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!