KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2014/04/22更新

Vol.033 子どもたちと留学生による被災地訪問  

東北の人々と共に
復興へと歩んでいきたい
小中学生の子どもたちと7カ国からの留学生が被災地訪問

東日本大震災から3年あまり。今なお被災地は復興の途上にあります。日本の子どもたちやさまざまな国と地域出身の留学生が被災地を訪問する東北トリップも今年で3回目を迎えました。被災地に直接足を運んで彼らが何を感じたのか。参加者の声を中心に訪問の様子をお伝えします。

今の東北をこの目でしっかり見てみたい

2014年3月下旬、KUMONが主催するEnglish Immersion Camp(英語で過ごすキャンプ)の卒業生の子どもたちとキャンプリーダー(インドネシア、スリランカなど7か国からの留学生)など合わせて23名が東北の被災地を訪ねました。

この取り組みは「被災地の現状を知り、現地の方とふれ合うことで、自分たちにできることを考え行動していけること」を目的に2012年からスタートしました。参加者は「テレビなどでは伝わらない、今の東北をこの目でしっかり見てみたい」という想いを胸に、このトリップに参加しました。今回は宮城県名取市閖上(ゆりあげ)地区、南三陸町、岩手県大船渡市、宮古市などを訪問しました。

いつか、今よりも震災前よりも美しく輝いている東北を見たい

5日間を通して、それぞれの地で地元の方々と交流をしました。名取市では地元の主婦の方々と一緒に毛糸を使ってさくらんぼのブローチを作り、大船渡市では地元の住人の方々や子どもたちと一緒に岩手県の郷土料理やベトナムやフィリピンの料理を作り、交流を深めました。南三陸町ではボランティアガイドさんに被災地を案内していただき、宮古市では仮設住宅を訪れて、被災地の人たちの生活ぶりを自分たちの目で見てきました。

東北トリップを終えた子どもたちの感想です。

津波の被害は本当にひどいと初めて知りました。自分ができることはできるだけしたいと思いました。(小5)

東北の人は温かくて、私たちにたくさんの笑顔と元気をくださいました。このトリップで教わった、命を大切にすること、東北を忘れないこと、相手を思いやること、笑顔でいること、私は絶対に忘れません。(中2)

東北トリップに来ていない私の家族、友だち、先生にこの経験を伝えていきます。それが今、私にできる最高でただ一つの東北にできることだと思います。いつか、今よりも震災前よりも美しく輝いている東北を見られることを願っています。(中3)

自分たちにできることは何だろうか。直接的にできることは少ないのかもしれません。しかしながら、何も行動しないままでは一歩も進みません。今回のトリップに参加し、地元の方々が置かれている状況とその想いに直にふれ、子どもたち一人ひとりがそれぞれの新たな想いを胸に帰ってきました。3回続けて参加した中学1年生は次のように語ります。

一日も早い復興のためには、地震とは何か、津波とは何か、あの日何が起こったのかを一人ひとりがしっかり伝えていくことが大切だと思いました。私は東北の人々と共に復興へと歩んでいきたいです。

関連リンク
English Immersion Camp 公式サイト『イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2013』開催|KUMON now!子どもたちや様々な国の留学生によるTohoku Trip開催 | プレスリリース

 

英語を道具に世界を感じ、地球社会に貢献できる「人財」を育てたい。
English Immersion Camp
世界各国から集まった学生やスタッフと、英語での共同生活に挑戦。
詳細をみる

 

関連記事

KUMONグループの活動  2013/09/10更新

Vol.002 English Immersion Camp

世界を知る6日間! 子どもたちが様々な国の学生と 英語だけで過ごすキャンプ 『イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2013』開催

KUMONグループの活動  2017/07/18更新

Vol.218 世界とのつながりを感じる

タイ・スタディーツアー開催 -English Immersion Camp(EIC)-

KUMONグループの活動  2015/11/17更新

Vol.114 English Immersion Camp 2015

世界とつながろう! 子どもたちが英語を使って 様々な国や地域の学生と 過ごすキャンプ ~「イングリッシュ・イマ-ジョン・キャンプ2015」開催~

学習者・OBOG  2019/11/19更新

Vol.330 English Immersion Day

学んだ英語を使ってみよう ~新たな夢や目標に向かって~

KUMONグループの活動  2015/06/02更新

Vol.089 Ambassadors of Peace Network

仲間たちとともに世界を見つめ、 新たな一歩を踏みだそう 『第8回 Ambassadors of Peace Network』(APN)開催

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONグループの活動  2020/12/15更新

Vol.383 浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち

寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~

KUMONグループの活動  2020/12/08更新

Vol.382 本のなかで、自由な心で過ごしてみよう

さあ、どんな本を読もう? くもん出版オススメ 冬休みに読んでみたい本

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!