KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2014/05/27更新

Vol.038 KUMONの子ども文化活動-江戸時代子ども遊び大辞典  

浮世絵
”子どもの遊び文化”を継承する

子どもたちを取り巻く社会環境は大きく変わりつつあります。また、時代とともに子どもたちの遊び文化も大きく変貌しています。そんな時代だからこその貴重な一冊があります。5月上旬に発刊された「江戸時代 子ども遊び大事典」(東京堂出版)です。その制作にKUMONは全面的に協力しました。

江戸時代の“子どもの遊び文化”を新しい視点で詳解した“初の大事典”!

江戸時代 子ども遊び大事典

江戸時代は「遊びの黄金期」とも言われ、子どもたちにとっては遊びの天国!新春の凧揚げ、春には桜の木の下で相撲、初夏の蛍狩りから冬の雪遊びといった四季折々の遊びから、芝居ごっこ、火消しごっこなど大人の真似っこ遊び。

この事典は、これらの遊び絵に加え、いつの時代も変わらないいたずら、けんか、落書きにいたるまで、江戸時代の浮世絵に描かれた約800点を収録し、子どもたちの遊び文化を詳解した“初の大事典”です。KUMONは、この事典に収録されている浮世絵約800点のほぼすべてを提供しています。

江戸時代 子ども遊び大事典
監修 小林 忠 国際浮世絵学会会長
編著 中城正堯 江戸子ども文化研究会主宰 国際浮世絵学会理事
B5判・上製244頁/カラー口絵16頁/索引付載
定価 本体12,000円(税別)
発行 株式会社東京堂出版

 

絵画史料の解明によって「遊びの黄金期」、江戸の実像に迫る!

この事典の「はじめに」には、江戸時代の子ども文化の価値と伝承の大切さ、子ども遊び文化研究の新たな進展などがつぎのように記されおり、21世紀の重要な課題でもある、新しい子ども文化や遊びを創出するためのヒントを探れる貴重な一冊となっています。

本書は、かつて欧米人が絶賛した江戸の子ども文化でもその中核をなす「遊び」を、当時の図版を活用して総集するものである。江戸の浮世絵師たちが錦絵・版本を問わず、子どもをテーマに厖大な作品を残してくれていたことは、近年公文教育研究会の「子ども文化史料」収集研究によって、明らかになってきた。従来の文献史料による研究ともあわせて、絵画史料の解明によって「遊びの黄金期」江戸の実像にせまりたい。遊びの由来に関しては、本書は江戸の人々の見解を中心に記述してある。日本の遊び研究は従来民俗学的な考察が中心で、神仏など民俗宗教との関連が強調された。近年は、歴史学・絵画史料学・文化人類学・子ども学など多角的な研究が進んだ。その結果、中国文化受容など遊びの歴史における国際性から、異界・他界と自在に往還して遊ぶ子ども世界の特質、さらには「子どもの遊びこそ人類文化の根源」といった遊び文化の新評価まで、遊びの本質に迫る提言がなされており、その反映も心がけた。
≪本書「はじめに」より抜粋≫

歌川広重 風流をさなあそび男の子 風流おさなあそび女の子
 

この事典の5つの特長

  • 特長1 江戸時代に見られた子どもたちの遊びを五十音順に並べ、絵図とともに遊びのやり方・対象年齢・由来などを解説。
  • 特長2 紹介、解説を付した遊びは280項目超。
  • 特長3 掲載した浮世絵は、史料としての大切さだけでなく、鑑賞用としても優美。
  • 特長4 遊びの名称は、江戸時代および明治初期の各種資料から代表的な呼称を選び立項。
  • 特長5 巻末には、本文中で紹介した絵師、絵師別作品一覧のほか、詳細な総索引も記載。
江戸時代 子ども遊び大事典「け」
 

【予告】夏休みにKUMONの子ども浮世絵で江戸時代を楽しみましょう!

千葉市美術館・夏休み特別企画『江戸へようこそ!浮世絵に描かれた子どもたち』が、7月8日(火)から8月31日(日)まで開催されます。KUMONの子ども浮世絵コレクションを中心に、愛情に満ちた子ども浮世絵の世界を紹介します。

鳥居清長 玉花子の席書
鳥居清長《玉花子の席書》
天明3(1783)年

関連リンク

関連記事

KUMONグループの活動  2015/01/06更新

Vol.069 KUMONの子ども文化活動-お正月の子ども浮世絵

子ども浮世絵のなかに描かれたお正月百聞は一見に如かず.江戸時代の羽根つきや双六などの遊び、そして学びの場

調査・研究・アンケート  2014/05/20更新

Vol.037 ジャーナリスト・多賀幹子さんが見たKUMON

KUMONがより身近になる一冊『子どもの”自学”する力を育むKUMON』がPHP研究所より刊行されました

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/09/08更新

Vol.370 浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」

大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~

KUMONグループの活動  2020/09/01更新

Vol.369 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)

子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生

KUMONグループの活動  2020/08/25更新

Vol.368 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>

KUMONグループの活動  2020/08/11更新

Vol.367 あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編

絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い

KUMONグループの活動  2020/08/04更新

Vol.366 浮世絵から見える江戸時代の人々「お守り」

災いから子どもを守りたい ~浮世絵から見える母親の愛情~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.063 後編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.063 前編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!