KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2017/06/20更新

Vol.214 くもん出版の将棋シリーズ  

「できた!」を積み重ねて「わかる」
~公文式のよさを生かした商品づくり~

盤上の息詰まる攻防。放たれる、研ぎ澄まされた一手…。若き棋士が活躍する漫画の出版や映画の公開が相次ぎ、また現実の世界でも、史上最年少プロ棋士の躍進など、今空前の将棋ブームが起きています。そんななか、実は、くもん出版は、15年以上も前から、将棋が学べる書籍や玩具を開発・販売していることをご存知でしょうか。

くもんドリルのノウハウを、将棋の学びにも

「日本将棋連盟公式ドリル 将棋入門ドリル」シリーズの編集を担当した、くもん出版第二編集部部長 泉田義則に聞きました。

Q.「将棋入門ドリル」誕生のきっかけを教えてください。
 「NEWスタディ将棋」からお付き合いしている日本将棋連盟さんから、「将棋のドリルが作れないか?」とお話をいただいたのが始まりです。検討するなかで、既にある入門書は、「わからせよう」とするものが多く、子どもが「ラクラクできる」と実感できるものが少ないことを感じました。そこに、「できた!」という経験を積み重ねることで「わかる」ようになる、くもん出版が長年培ってきたドリル制作のノウハウを生かせばユニークなものができるはずと確信しました。

Q.ドリルはどのように作られたのですか?
日本将棋連盟公式ドリル、ということで、監修者の羽生善治さんをはじめ、連盟の多くの方々からご指導・ご協力をいただきました。私は、将棋の素人なので、このドリルを実際に学習する初心者、というスタンスで編集にあたりました。私がスラスラできないものは「ダメ」と、問題を作成するスタッフに原稿を差し戻したことが何度もあります。連盟からもきびしい指摘をたくさんいただき、それらをいっしょに解決しながら納得いくものに仕上げていきました。途中とほうにくれてしまうことも何度かありましたが(笑)。今では連盟の多くの将棋教室でご活用いただいているようです。

Q.こだわったことはありますか?
対象読者として、だいたい小学校中学年くらいを意識して作りましたが、どの年代の方が学習されるかわからないこともあり、答えを文字で書かせる問題はできるだけさけました。そのためか、幼児のお子さまが使ってくださる例も多く見受けられます。また一般的な書籍では、駒は平面で描かれるのが普通ですが、このドリルでは、実際に盤面と向きあっているような臨場感を味わってもらうため、すべての駒を立体的にしました。

Q.このドリルを使われる方にメッセージをお願いします。
このドリルは、体系立てて将棋を学ぶには、とてもよいツールだと思います。「NEWスタディ将棋」で将棋に親しみ、対局する楽しさを知ったら、次は、将棋の面白さをより深めるために、このドリルを使ってもらいたいですね。将棋は世代をつなぐゲームでもあります。幼児から年配の方まで、多くの方に将棋を楽しんでいただきたいです。

コミュニケーションが土台となる

将棋は、礼に始まり礼に終わるゲームです。「お願いします」「負けました」「ありがとうございます」という三つの礼によって、対局相手への敬意を表します。また、戦局や相手の先の先をよむことで、思考力・集中力が磨かれる、高度で知的なゲームでもあります。そういうことから、礼儀や忍耐力を身につけさせたい、思考力・集中力を高めて、学習に役立たせたいという保護者の声も聞かれ、実際、将棋教室の入会者は増加し、習い事としての人気も高まっているようです。

くもん出版が特に大事にしているのは、親子、祖父母孫、きょうだい、友だちとのコミュニケーションを育む中で、将棋に親しみ、学ぶことができる商品である、ということです。楽しい経験の土台があってこそ、さらにその先の面白さを追求することができるのではないでしょうか。

『ハンディー版 まんが将棋入門』監修の言葉の中で、棋士の羽生善治さんはおっしゃっています。「この本は将棋の世界への入口であり、将棋の基礎を学べます。しかし、そこから先は自分のアイディアとひらめきを大切にして、失敗しながら理解を深めていくことが上達の近道といえます。そして、その将棋で養った考える力や決断力、困難な局面にたえる力は君の将来にきっと役立ちます。さあ、将棋を始めましょう。」

 

関連リンク
公益社団法人 日本将棋連盟公式ホームページ
※日本将棋連盟……将棋の棋士による団体。1924年、「東京将棋連盟」として発足。1949年に社団法人、2011年に公益社団法人となる。所属現役棋士は、竜王戦、名人戦といった数々の棋戦で名勝負をくりひろげ、多くのファンを魅了している。また、各種将棋教室の開催や指導者の育成、プロ棋士・女流棋士の育成など、日本の伝統文化である将棋の普及・発展をめざし、幅広く活動している。

『ハンディー版 まんが将棋入門』の詳しい内容はこちら
『将棋入門ドリル ステップ1』の詳しい内容はこちら
『将棋入門ドリル ステップ2』の詳しい内容はこちら
『将棋入門ドリル ステップ3』の詳しい内容はこちら

関連記事

2013/09/06更新

Vol.001 棋士 羽生善治さん

「迷い」の経験によって、 人は物事を判断する 「ものさし」を身につける

2013/09/13更新

Vol.001 棋士 羽生善治さん

「迷い」の経験によって、人は物事を判断する「ものさし」を身につける

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/19更新

Vol.387 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)

子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONグループの活動  2020/12/15更新

Vol.383 浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち

寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!