トップ > KUMON now! > トピックス > 「第10回 日本医師会 赤ひげ大賞」功労賞に田仲みすず先生

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2022/01/25更新

Vol.432

「第10回 日本医師会 赤ひげ大賞」功労賞に
田仲みすず先生  

高齢者がいくつになっても
生きがいを持てる
質の高い生活を支える認知症サポート医
~学習療法・脳の健康教室を活かした14年間の功績~

当KUMON now!スペシャルインタビュー(2020年11月)にもご登場いただいた田仲みすず先生が、この度「第10回 日本医師会 赤ひげ大賞」の功労賞を受賞されました。
介護老人保健施設の施設長時代に出合った「学習療法」から始まり、東大阪市の一般介護予防事業「脳の健康教室 頑張るのぉ」を医師会として開講するなど、高齢者が「いくつになっても生きがいをもてる」ことを目指す、地域医療を担う医師としての様々な実践が、今回の受賞につながりました。推薦した布施医師会(東大阪市)の松山浩吉会長と田仲みすず先生からの喜びのコメントをご紹介します。

目の前の患者さんと向き合う「医療の原点」が評価された/布施医師会 松山浩吉会長

松山会長は「脳の健康教室 頑張るのぉ」の名付親松山会長は
「脳の健康教室 頑張るのぉ」の名付親

赤ひげ大賞は創設されてまだ歴史が浅いものです。大学病院は研究や最先端医療等に対して様々な賞がありますが、認知症や緩和ケアのような目の前の患者さんと地道に向き合う医療を評価しようというものはそれまでありませんでした。大阪府医師会から「ふさわしい方を推薦してください」と呼びかけがあったときに、今回は自信を持って田仲先生を推薦いたしました。惜しくも大賞の5名には入りませんでしたが、功労賞に選ばれたことはとても誇らしく嬉しく思っています。

田仲先生との出会いは7年前、私が副会長の時です。私は耳鼻科医ですが、田仲先生が理事として加わり、医師会のなかで認知症や緩和ケア、在宅ケアについての勉強会や本を紹介してくれて、ずいぶん勉強しました。いつもパワーをいただいています。映画『僕がジョンと呼ばれるまで』の地域上映会や東北大学川島隆太教授の市民講演会なども田仲先生が音頭を取って形にすることができましたし、それが東大阪市での脳の健康教室開講につながりました。今の日本ではこのような地道な医療が求められており、田仲先生はその意味で最先端です。今回の受賞は、まさに今、花開いたのだと感じています。

医師会は開業医の集まりであり、まずは会員の先生方の多面にわたるサポートが前提ではありますが、田仲先生のような、高齢社会を支えていこうという熱意を持った医師を支えるのが、これからの医師会の役目だと思っています。

実現したいことは言い続けること、そして待つこと/田仲みすず先生

田仲みすず先生田仲みすず先生

「生きる質をどう高めるか」が医師である私の長年のテーマです。2007年、学習療法に出合い「これや!」と運命を感じました。介護老人保健施設(老健)の施設長として学習療法を導入し、効果を体験したのち、それまで42年間地域を支えてきた父の医院を承継しました。老健の入所者には認知症の方も多く、困っているご家族のお話もたくさんうかがった経験から、「本人のココロを考え、ご家族に伝える」、そんな家族教育に力を入れた「もの忘れ外来」をスタートしました。そこでさらに非薬物療法の一つとして学習療法を活用する必要性を実感し、認知症サポーター養成講座や認知症の講演時には学習療法について触れ、普及に努めたのです。

「脳の健康教室 頑張るのぉ」の学習風景脳の健康教室にて
東大阪市より布施医師会が委託を受け
2019年から3年間実施

「脳の健康教室が近くににあってほしい」という思いはずっとありましたが、当初はまさか、市の一般介護予防事業として医師会が委託を受けて開講できるなんて、思ってもいませんでした。脳の健康教室は受講者だけでなく、ボランティアとして関わるサポーターの脳も活性化することが示されており、地域高齢者の活躍・生きがいの場になることも期待できます。今後は、受講者やサポーターが核となり、東大阪市の各所で脳の健康教室が開催されること、そして日本全国に取り組みが広がることを目指しており、布施医師会としてもそんな取り組みを支援したいと思っています。

実現させたいと思ったら、言い続けること。言い続けるって大事だなと思いました。そしてじっと待つ、急がず。しばらくほっとく。芽が出たなと思ったらしっかりと水をあげる。ずっと言い続けたことがこの2~3年で形となり、今回の賞は思いがけないプレゼントとなりました。医師会をはじめ支えてくれたみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

田仲みすず先生が講師を務める「学習療法パートナー研修会」を定期的にオンラインで開催しています。
詳細・申込は下記まで
研修会について | 学習療法パートナー

 

関連リンク
もり内科クリニック院長/布施医師会(東大阪市)理事 田仲みすず先生|KUMON now! スペシャルインタビュー

日本医師会 赤ひげ大賞
一般社団法人 布施医師会
学習療法センター

関連記事

KUMONグループの活動  2021/09/21更新

Vol.416 学習療法在宅コースとは?

研修会で学びご家族へのサポートに生かす ~学習療法在宅コースでの実践~

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/11/27更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

KUMONグループの活動  2015/10/15更新

Vol.108 学習療法-映画『僕がジョンと呼ばれるまで』自主上映の広がり

高齢化社会の「希望の光」となる 学習療法ドキュメンタリー映画、 自主上映の広がり -2015年11月1日「第1回学習療法実践研究シンポジウムin幕張」で上映-

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

バックナンバー

KUMONグループの活動  2022/11/22更新

Vol.462 KUMONの取り組むSDGsを考える④後編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

KUMONグループの活動  2022/11/15更新

Vol.461 KUMONの取り組むSDGsを考える④前編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

KUMONグループの活動  2022/11/01更新

Vol.460 公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語

国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~

KUMONグループの活動  2022/10/28更新

Vol.459 英語で社会の課題解決策を考えよう

地球社会に貢献する有能な人材を育てる Kumon English Immersion Activities

KUMONグループの活動  2022/10/25更新

Vol.458 公文書写ー親子4世代で学習

母、娘、孫と学ぶ充実の日々 デジタル時代に、手紙で紡ぐ絆

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.091 後編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.091 前編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!