KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2019/05/21更新

Vol.307

英語を使ってコミュニケーションに挑戦  

グローバルな視野を持って、
未来へ羽ばたこう
~「第1回 Global Network Initiatives」開催~

2019年3月24日(日)、子どもたちが自分の夢や目標、そして社会に対する問題意識などについて英語で考えるイベント「Global Network Initiatives」(GNI)が開催されました。イベントに集まったのはこれまでKUMONのイングリッシュ・イマージョン・キャンプに参加した子どもやキャンプリーダーなど約150名。年齢も国籍も異なる仲間たちとともに、SDGsへの理解を深めながら、自分にできることは何かを考え、新たな一歩を踏み出しました。

仲間たちとともに世界に触れる

GNIでは、毎年夏に行われているイングリッシュ・イマージョン・キャンプ(※)に参加した子どもたちとその家族、そして様々な国や地域出身のキャンプリーダーが年に1回集まり、プログラムを通じて、地球規模の課題や事象を学び、自分たちにできることは何かを一緒に考えていきます。

◆Global Network Initiatives(GNI)が大切にすること

  • Global→ 国や地域を超えて理解しあうためのグローバルな視点を育む
  • Network → 多様な視点を持って建設的な思考を創造する
  • Initiatives → 参加者が自ら行動できることを考える

当日は東京会場と大阪会場をインターネット中継で結び、18か国から156名が参加。参加者はグローバルな視野で物事を考えるという経験を通して、自身の夢や目標を新たにしました。

※通称EIC。毎年夏に開催されるKUMON主催のイベント。子どもたちは様々な国と地域出身の学生キャンプリーダーたちと、英語をコミュニケーションツールとして、生活を共にし、お互いを理解することの大切さを学ぶ。2018年のキャンプには224名が参加。

自分たちにできることは何か

今年のGNIでは「Take Initiative & Give it a try! (自分からやってみよう)」をテーマに、SDGsへの理解を深めるためのゲームや、ゲスト講師によるスピーチなどのプログラムが行われました。
子どもたちが挑戦したのは、SDGsの17の目標を達成するために、現在から2030年までの道のりを体験するカードゲーム。与えられた「お金」と「時間」を使ってプロジェクト活動を行い、それがどういう結果を導いていくか、社会や環境にどんな影響を与えていくかを体験していきます。ゲームを通して、「なぜSDGsが私たちの世界に必要なのか」そして「それがあることによってどんな変化や可能性があるのか」を考え、感想を共有し、自分たちができることについて話し合いました。

参加した子どもたちの声を紹介します。
「世界の問題をゲームで考えることで、わかりやすく問題を考えることができた」
「これからの自分の生活が未来を変えられるとわかった」
「SDGsのことがこれから世界に出ていくうえで勉強になった。とてもグローバルな話題をみんなとできてよかった」
「同じくらいの学年の人だけでなく、昔(EICに)参加した人たちもいて、少し活動の輪が広がった気がしました」

地球社会に生きる1人として、自分たちにできることは何か。集まった仲間たちと頭を寄せ、一生懸命に考える子どもたちの姿はとても頼もしいものでした。様々な立場での意見をきき、いつもより少しだけ視野を広げて物事を考えてみるという経験を通して、子どもたちはまた一歩前に踏み出しました。

 

関連リンク
「第1回 Global Network Initiatives」開催のご案内|プレスリリース
英語をツールに広がる世界|KUMON now!
EIC公式ウェブサイト
第1回 Global Network Initiatives (GNI) 報告

関連記事

KUMONグループの活動  2016/04/19更新

Vol.147 English Immersion Camp15周年イベント開催

仲間たちとともに、 未来に向かって羽ばたこう

KUMONグループの活動  2017/01/24更新

Vol.191 社員のグローバル人材交流プログラム

世界中に 同じ“志”の仲間がいる

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/26更新

Vol.388 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑩            <標準完成時間>

KUMONグループの活動  2021/01/19更新

Vol.387 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)

子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!