KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2018/03/13更新

Vol.249 社会人だからこそ必要な国語力とは?―株式会社荏原製作所  

社会人だからこそ必要な国語力とは?
公文式国語で身につく
「考える力」「まとめる力」「伝える力」

創業100年を超える伝統の技術で、世界トップクラスの流体技術を誇る産業機械メーカー株式会社荏原製作所。ポンプやコンプレッサなどを扱う「風水力事業」、ごみ焼却プラントの建設・運営を行う「エンジニアリング事業」、主に半導体製造装置を製造する「精密・電子事業」を展開している。同社では、2016年から新入社員研修の一環として、公文式を導入。2017年度は週に2回、集合学習を取り入れてきました。公文式の導入によって、新入社員がどのような変化を見せているのか。その学習効果について、お話をうかがいました。

「面倒くささ」「不安」から「意欲」「安心」へ
レベルもペースも「自分が主役」

次に、社員の皆さんに約半年間、公文式を学習してみての感想をうかがいました。13人の新入社員のうち、今回は橋本謙信さん、大野智生さん、武塙悠太さん の3人にインタビューをしました。

―― 入社をして、公文式を学習すると聞いた時は、どんな感想を持ちましたか?


 橋本謙信さん

橋本さん: 僕の妹が公文式を学習していて、横で見ていて「すごい量の教材で、大変そうだな」と思っていました。その公文式をまさか自分がやるとは思っていなかったので、正直に言えば最初は「面倒くさい」としか思えませんでした(笑)。

大野さん: 僕は公文式がどういうものかわからなかったので、特に何か思っていたということはありませんでした。それこそ「ゼロからのスタート」という感じでした。

武塙さん: まずは、やっぱり「面倒だな」と思いました(笑)。それと、いきなり難しいところから入るんじゃないかなという不安がありました。

―― 実際に公文式で学んでみて、いかがでしたか?


 大野智生さん

大野さん: 最初の頃は、レベル自体は易しかったので問題はなかったのですが、毎週決まった量をこなすのが少し大変でした。ただ、もしそれができなかったとしても、学校の授業のようにみんなにあわせて飛ばしたり、あるいは置いていかれることがなくて、自分のペースで進めていくことができるので、そこは安心して学習をすることができました。橋本さん: 最初はあまりにも簡単で、特に英語はもう少し難しいレベルから始めてもいいのかなと思いました。ただ今思えば、基礎から始めたことで、中学や高校の時によくわからずに通り過ぎていたところを理解することができたと思うので、今では良かったなと思っています。

武塙さん: 基礎からやっていくものなんだということが初日にわかって、「難しいんじゃないかな」という不安が最初の一歩で消えたことで、その後、どんどん進めていくことができました。もともと国語と英語は好きな教科だったのですが、改めて基礎からやることによって、より理解が深まったと感じています。特に国語は、もともと考えたり、物語を読むことが好きだったのですが、社会人になってそういう時間が与えられているのはすごくありがたいですね。


 武塙悠太さん

―― 公文式の良さをどこに感じていますか?
武塙さん: 一番は「自分のペースで進めることができる」という点です。一斉授業では、どうしても時間制限があって、わからないまま問題を解こうとして、さらにわからなくなるということがあったのですが、公文式ではわかるところはどんどん進められるし、わからないところはじっくりと考えることができる。だからこそ、理解が深められるのだと感じています。それと英語の教材が、会話文だけでなく、物語の長文があるので、読解力がしっかりと身についていることを感じられるのがうれしいです。

橋本さん: 公文式の英語教材は、問題だけでなく、例文がふんだんに盛り込まれているので、とても理解しやすいです。

社員たちが感じる公文式の学習効果とは?

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/01/29更新

Vol.294 公文式の施設導入――
ひまわり学園真美ケ丘自立訓練校

学習によって生まれた 訓練生の「自信」と職員の「モチベーション」 お互いの「信頼関係」

KUMONグループの活動  2019/01/22更新

Vol.293 持続可能な教育支援と国際貢献

バングラデシュでの取り組みが 首相官邸国際広報映像として 世界各地のCNNで放送!

KUMONグループの活動  2019/01/15更新

Vol.292 公文書写―公文書写教室編

あらゆる世代の方々が それぞれの目標に向かって

KUMONグループの活動  2019/01/11更新

Vol.291 仲間たちとともに60周年
~Honda TV出演~

60周年コラボレーション HondaTV × 公文式

KUMONグループの活動  2019/01/08更新

Vol.290 浮世絵に描かれた読み聞かせ

歴史から見えてくる 読み聞かせの大切さ

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.060 前編
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.059
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.058
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
Vol.057
イラストレーター ももろさん
成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.052 後編
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.052 前編
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
Vol.051
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.050
大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生
「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。