KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

子育て・家庭学習  2014/07/22更新

Vol.046 ほめことばカレンダー  

子ども笑顔が増え、
親子がさらに強くなる
『ほめことばカレンダー』
幼児から小中学生のお子さんがいる方は必見です!!

いよいよ夏休み。夏休みは子どもたちにとって大きなイベントであり、心も大きく成長する可能性を秘めています。そして、心の成長には“ほめことば”が大きな役割を担います。夏休みを機会に『ほめことばカレンダー』をつけて、お子さんの笑顔をもっと増やしてみませんか。

“ほめられたこと””できたこと”はコトバで記録

「ほめ言葉が大切ということは、もう聞き飽きました」。そうつぶやく方もいらっしゃることでしょう。それほど、子どもたちにほめ言葉をかけましょうとたくさんの人が話す、あるいはさまざまな育児書に記されているのはなぜでしょうか。それは、「ほめられるとうれしい。うれしい気持ちが意欲を生む」「自信や自己肯定感が育まれる」「親子のコミュニケーションがよくなる」など、いろいろな良いことがほめ言葉で生まれてくるからです。

今回ご紹介する『ほめことばカレンダー』(以下『ほめカレ』)は、ほめことばをカレンダーに文字で記録しましょう、というおススメです。身体の成長は写真やビデオでわかりますが、“ほめられたこと”“できるようになったこと”はコトバで残さないと消えていってしまいます。そして、『ほめカレ』を半年、1年とつけていくと、それは子どもたちの大切な心の成長の記録にもなっているということに驚かれると思います。

例えば、ご自身がつけた半年前くらいの『ほめカレ』を見返してみたお母さんの感想です。「4歳のお誕生日のころから、頼まなくても玉ねぎの皮をむいてくれるようになってたんだ、えらいな」「シャンプーハットを卒業して、得意気な顔をしていたのも、同じころだったのね」と、思わず笑みがこぼれ、お子さんの成長を楽しくふり返ることができます。

『ほめことばカレンダー』誕生のヒミツ

さて、この『ほめカレ』ですが、お母さん方たちのアイデアから生まれたものです。時間は30年ほど前にさかのぼります。場所は京都市内の公文式教室。当時、その教室は幼児生徒がとても多く、学習が終わったあとの教室の一角は、さながら“幼児とお母さん方のサロン”といった状況。しかし、そこで話し合われている内容はけっこう考えさせられるものだったのです。

「庭でどろんこ遊びをした手でプリンを食べようとしたので、思わず手を叩いて泣かせちゃった。こんなことが続いていて、子育てに自信がもてなくて…」「ほめなきゃとは思っていても、どうしても叱ってしまうことのほうが多くなって、ママ失格なのかな…」。そこで、教室の先生は幼児のお母さん方に集まっていただき、「ほめことばを無理なく増やすために」というテーマでの話し合いをもつことにしました。

何回目かの集まりのとき、あるお母さんから「ほめことばを文字にして残しては?」という提案があり、これをきっかけに話が盛り上がり、結果として『ほめカレ』が生まれたのです。その後、『ほめカレ』はお母さんからお母さんへ、教室から教室へと人づてに広まっていきます。『ほめカレ』は、その成り立ちからもおわかりのように、特に定まった形式やレイアウトがあるわけではないため、現在では“家庭オリジナル”や“教室オリジナル”など、いろいろな『ほめカレ』があります。オリジナルといっても、作るのは意外にカンタン。例えば、100円ショップで大き目の記入用のカレンダーを買ってきて、綺麗なシールを何枚か貼るだけで my『ほめカレ』ができます。

※関連リンクには、原型に近いシンプルな『ほめカレ』をアップしています。シールなどでアレンジしてどうぞ。

毎日楽しく書いていくヒントをお母さん方にうかがいました

全国のお母さん方からお聞きした、楽しく書き続けるための工夫やヒントをまとめみました。

○毎日一言でもよいので、書き続ける
   → “いいとこさがし”ができ、お子さんを見る眼が変わってきます
○よいこと・伸びたことを具体的に
   → お子さんが読んでわかるように。読めない子には読み聞かせて
○ひとりでできたこと、自発的にしたことは、特に注目して
   → シールも貼って、さらに楽しく
○お子さんの目の高さに貼る
   → お子さんの見ている前で記入し、お子さんの目の高さに。
○「書くことがないなぁ」と考え込む前に
   → 子どもの見方を変えてみましょう(次段参照)

きちんと叱ることは不可欠、しかし、ほめことばはその何倍も大切

子どもたちの成長には、叱ることはもちろん必要です。なぜいけないのかを話し、きちんと叱ることは、躾だけを考えてみてもとても大切です。けれども、叱られた子どもはやはり萎縮しがち。だからこそ、叱る何倍もほめる言葉が必要なのです。最後に『ほめカレ』を現在進行形でつけているお母さんと、『ほめカレ』を卒業したお母さんのコメントをご紹介しましょう。

つい2ヵ月前からつけはじめた、3歳8ヵ月の男の子のお母さんです。

初めのうち、毎日書くのはたいへんと思っていましたが、教室の先輩ママからのアドバイスで一転。ミルクをこぼさず飲めるようになってえらいね。洗濯物をいっしょにたたんでくれてありがとう! 日々のいろんなことがほめ言葉につながるとわかり、子育てがとても楽しくなりました。まだ、ひらがなはひろい読みですが、書いたほめことばを読んであげると満面の笑顔です。

つぎは、つけはじめてから1年と2ヵ月、年中の男の子のお母さんです。

半年ほど前から、はげましの言葉も書いてます。先月から自転車の補助輪なしで乗れることにチャレンジしてますが、なかなかできずしょげていたので、“ちゃんとオウエンしてるよ。ガンバレ!”と書いたら、また元気に練習しています。ちょっとあぶなっかしいですけど(笑)。そのはげましの言葉を書きはじめたころからですかね、小2のお姉ちゃんも自分のほめことばカレンダーがほしいと言うので、冷蔵庫の横には2つのカレンダーがかかっています。起きると、真っ先にカレンダーを見るのがふたりの朝の日課。

3人目は、発達障害のある中1の女の子のお母さん。『ほめカレ』は小4で卒業したのですが…。

ほめことばカレンダーをつけはじめたのは小1の6月。小学校に入っていろんなことができないのが表面化し、クラスにもなじめず、学校からの呼び出し電話はほとんど毎日。子どももですが、私も心が折れそうな時期でした。年長の終わりから通いだした公文式教室の先生にすすめられて、半信半疑の気持ちでつけはじめました。すると、1週間で自分が変わったのです。できないことばかりと思っていたのに、計算は速く正確、集中すれば長く続く、…と良い面が見えるようになりました。そうすると子どもの見方や考え方も変わってきました。おっちょこちょいだけど行動力はあるよね。注意散漫に見えるけど、それだけいろんなことに興味関心が向くんだ、と。そういうふうに見たり考えたりできるようになって、ずいぶん気持ちが楽になりました。私の表情が穏やかになったからだと思うのですが、子どもにも笑顔がもどってきました。それから小4の3月まで、けっこう長くつけ続けました。いま46枚のカレンダーは娘と私の宝物です。きのうもふたりで見返していたのですが、娘が唐突に“お母さん、またつけてよ”と言うのです。考えてみれば中1です。“中1ギャップ”という言葉があるくらい、ふつうの子でもたいへんな時期なんですね。それで、きょうから、また心新たにほめことばカレンダーをつけてみようと決めました。

いかがでしょう。『ほめことばカレンダー』は親子の笑顔の源なのかもしれませんね。

関連リンク

タグ

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/21更新

Vol.327 横須賀学院小学校の取り組み

教員と児童の双方に波及効果をもたらす TOEFL Primary®

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!