KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~  

    公文式の原点⑨
           <100点主義>

公文式の創始者である故・公文公が遺した言葉をご紹介しながら、公文式が目指す教育について、あらためて考えていくシリーズ。第9回目のテーマは「100点主義」です。

どんな小さなテストでも、自力で全部できた満足感やうれしさ、誇らしさ。それは快く、自信や意欲につながるものではないでしょうか。学習は100点をとれるところから始め、100点を積み重ねて自信と学力をつけていくことで、意欲を生み持続していくことができるのです。・・・・・・公文 公

公文式は個人別・能力別の学習法ですから、いわゆる一斉授業の形態はとっていません。
公文式では同じ年齢・学年であっても、それぞれがその時点の能力に応じて、それぞれの「ちょうど」の内容を個別に学習するわけですが、一斉授業では、この「ちょうどの学習」を実現することが困難だからです。

「やった!全部できた、100点」という喜びは、「よしっ、次も100点をとるぞ」という気持ちを生みます。そして、次も「やった、また100点」のところを子どもに学習させます。予定どおり、今度も100点です。「よしっ、今度も!」・・・100点、100点、また100点・・・。

公文式の教材は、自分で読み取り、考え、その結果を自分の手で書くことによって学習が成立します。学習初期は学年相当より低いレベルから出発しますから、すらすら、らくらく100点が続きますが、やがて学年相当の内容に追いつき、さらには学校ではまだ習っていない、学年を越えた領域にも進んでいくと、いつもらくらく100点ばかりではなくなる場合もあります。

公文式の原点

公文式の指導者は、間違えた問題に対してヒントを与えたり、あるいは的確に教えてあげたりして、最終的にはその子どもが自力で訂正して100点に仕上げるように指導します。ただし、基礎からきちんと土台を固めながらスモールステップで高い段階に進んでいきますから、いきなりさっぱりわからない問題が出てくることはありません。ちょっとしたヒントやアドバイスをしてあげるだけで、「あ、そうか」と納得して、自分の間違いに気づき、訂正できる場合が多いのです。
 
とはいえ、自分で直す習慣も力も急には身につきません。公文式の指導者は常に「×がついた答えはすぐ消してしまわないで、よく見直して間違いを見つけてから消すように」と言っています。自分の間違いを自分で見つけて、自分で直すことも自習する習慣、力として大切にしているからです。
 
公文式の指導において採点の際に心がけていることのひとつに、子どもが学習したら、できるだけ時間をあけないで速やかに点検してあげるということがあります。学習-ミス発見-ミス訂正という一連の流れによる正しい技術・知識の習得は、短時間のうちになされてこそ学習効果が高いからです。
ですから公文式では、学習の点検は「極力即時採点で、心をこめて丁寧に」という創始者・公文 公の言葉を忘れずに子どもたちをしっかりと見守っています。

*このコラムは、1999年の広報誌『文』に掲載した記事の引用です。

 

関連リンク
誕生ストーリー 公文 公(くもん とおる)物語

関連記事

調査・研究・アンケート  2014/05/20更新

Vol.037 ジャーナリスト・多賀幹子さんが見たKUMON

KUMONがより身近になる一冊『子どもの”自学”する力を育むKUMON』がPHP研究所より刊行されました

KUMONグループの活動  2020/04/28更新

Vol.352 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点①           <個人別・能力別>

KUMONグループの活動  2020/05/26更新

Vol.356 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点②            <自学自習>

KUMONグループの活動  2020/06/23更新

Vol.360 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点③            <可能性の追求>

KUMONグループの活動  2020/08/25更新

Vol.368 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONグループの活動  2020/12/15更新

Vol.383 浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち

寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~

KUMONグループの活動  2020/12/08更新

Vol.382 本のなかで、自由な心で過ごしてみよう

さあ、どんな本を読もう? くもん出版オススメ 冬休みに読んでみたい本

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!