KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2019/08/20更新

Vol.318

浮世絵に描かれた25の妖怪  

江戸時代の過ごし方
双六に描かれた妖怪たち

公文教育研究会は1986年から子ども文化研究のために約3200点の文化史料を取集し、研究をしてまいりました。今回はその中から、夏らしい史料をご紹介します。

夏の定番「妖怪」

夏と言えば「お化け」「妖怪」は定番。子どもたちは、今も昔も「妖怪」が大好きですね。
今回は江戸時代に描かれた妖怪を題材にした双六を見てみましょう。


百種怪談妖物双六(むかしばなしばけものすごろく) 歌川 芳員
安政5年(1858)9月

「百種怪談」と書いて「むかしばなし」、「妖物双六」を「ばけものすごろく」と読ませていて、幕末に流行した怪談話の「百物語」や絵本「百鬼夜行」にヒントを得て作られていた妖怪双六のようです。

まずはこの双六のルールです。

妖怪双六は「妖怪」の飛び双六で、さいころの目によって指定の場所へ進みます。「ふりだし」のあと、右下から25種の妖怪が現れます。
「ふり出し」は子どもたちが一つの怪談話をするごとに火を一つ消し、最後は暗闇になって妖怪が出現する「百物語」を楽しむ場面から始まります。
さて、妖怪の世界へご案内しましょう・・・ 

  • 河内の雪女郎 大阪河内の雪女で、白衣に長い下げ髪姿だが、足はない。
  • 朝比奈切通の三目大僧 鎌倉の朝比奈切通しに出る三つ目の老僧。
  • 江州の狗神白児(いぬがみしらちご) 幣を手に持つ近江の犬神と、家来として使役される稚児
  • 妙高山のやまおとこ山童 新潟県妙高山の山男。大男で裸身を木の葉につつみ、一つ目。手に鳥。
  • やまびこ幽谷響 各地の山中で見られるこだまの妖怪。人の声に応じて響き返す。
  • 砂村の怨霊 恨みを残して死んだ江戸砂村の人の怨霊が、月夜に生り物に出現。
  • 坂東太郎の河童 利根川のかっぱが、皿の水が乾き、子どもの尻から内臓を引き出す。
  • 腥寺(なまぐさでら)の猫俣(ねこまた) 血なまぐさい寺に住む老猫の猫または、尾が二つに裂け、人をあざむく。
  • 鯨波の船幽霊 荒波の波頭に火が見え、底ぬけのひしゃくを持った亡霊が潮をくむ。
  • 嫉妬の怨念 娘道成寺のように、女性が嫉妬に狂うと蛇体となって怨念を晴らす。
  • 底闇谷の垢嘗(あかなめ) 垢ねぶりともいい、古い風呂屋や屋敷に住んで、古材をなめる。
  • 玄海灘の海坊主 夜の玄海灘に現われる黒い巨大な怪物で、人を引き込もうとする。
  • 丁鳴原の腹鼓 月夜の原野から怪異な音がする。狸が腹をふくらませてたたくのだ。
  • 挑灯お岩 提灯にうつる怖ろしい顔は「東海道四谷怪談」のお岩で、「提灯お岩」と呼ぶ。
  • 嘘ヶ原の独目(ひとつめ) 笠をかぶった一つ目の娘が、豆腐を運んでいる。豆腐小僧の仲間。
  • 古葛籠の飛頭獏(ろくろくび) 古いつづらからろくろ首が伸びている。轆驢首とも飛首蛮とも書いた。
  • 鷺淵の一本足 鷺の住む水辺に出る傘のお化け。一つ目に、鷺の一本足で、赤い舌。
  • 茂林寺の釜 上州茂林寺の汲めども尽きない文福茶釜、実は狸だった。
  • 天窓(ひきまど)の笑輾(しょうけら) 庚申侍の夜、早く寝ると身に災いがおこるのは、天窓から見るこの鬼のせい。
  • 摺鉢山の雷木棒(れんぎぼう) 古い摺小木(すりこぎ)が妖怪となって摺鉢山で雷を鳴らす
  • 土佐海の蛸入道 土佐沖に出る巨大なタコで漁船や漁師を海に引き込む。
  • 金毛(きんもう)九尾(きゅうび)の狐 印度、中国、日本で美女に化けて王の心を奪うが、那須原で退治される。
  • 見越入道 妖怪の親分とされる大入道で、見上げる大きさに伸び、命をとられる。
  • 廃寺野伏魔(のぶすま) 野衾とも書き、ムササビのこと。人や猫の生き血を吸うとされた。
  • 「上り」 は古御所の妖猫(ばけねこ)御所で鉄漿(おはぐろ)をつける息女、実の姿は古猫であったという。

「妖怪」や「お化け」たちは浮世絵や漫画、アニメという語り部を通じて、身近なものとして自然に子どもたちの心のなかに入り込んでくるのかもしれませんね。

 

関連リンク
くもん子ども浮世絵ミュージアム

タグ
バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/26更新

Vol.388 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑩            <標準完成時間>

KUMONグループの活動  2021/01/19更新

Vol.387 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)

子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!