KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2015/09/01更新

Vol.101 全国の公文式教室訪問(1)  

日本で一番南にある教室

日本全国16,000カ所以上に広がっている公文式教室。今回は日本で一番南にある公文式教室を訪問してみました。どんな場所で、どんな子どもたちが学んでいるのでしょうか。

自然豊かな島

ピンク色の鮮やかなブーゲンビリアの花に囲まれた、真っ白い屋根の琉球様式の家屋。ここは沖縄本島から南西に450kmにある八重山諸島の一つ、西表島(いりおもてじま)の東部にある公文式教室です。石垣島から高速船で40分、島の面積のほとんどが亜熱帯のジャングルという西表島にも公文式教室があります。

「西表島ねっと」より(記事末尾の関連リンク参照)

年長者から学びを受け継いでいく

本郷先生

「子どもも保護者も、この辺りのおじいちゃん、おばあちゃん、みんなと顔見知りなんです」と話してくれたのはこの教室で指導する本郷先生。けっして便利とはいえない離島では、人々はずっと昔から地域で団結し、何事も助け合って暮らしてきたそうです。知恵も経験も豊富な年長者から学ぶことは脈々と受け継がれてきた島の人たちの伝統です。

「教室の子どもたちも『こんなに難しいことをやっているんだ』と年上の子がプリントを解く姿にあこがれたり、『ぼくもここは苦労してやったんだよ』と年下の子に声をかけたりするのが当たり前の光景です」

15歳の春、公文で身につけた力が支えになる

西表島には高校がありません。子どもたちは中学を卒業後、親元を離れて高校生活を送ります。「新しい環境にとまどうこともありますが、そのとき、支えとなるのは、それまでに築いた家族との信頼関係、そして公文式学習で得た力です」と話す本郷先生。自学自習で未知の内容を学習するなかで、子どもたちは自分自身と闘いながら壁を乗り越えていく経験を積んでいきます。その経験と自信が、新しい生活でぶつかる壁も乗り越えていく力になっているようです。

15歳の春に島を出る───それを自覚している子どもたちの目標はとても具体的です。

「お母さんと同じ観光の仕事をしたいから、英語を話せるようになりたい」
「野球の強豪校に行きたいから、公文もがんばる」

自分の目標に向かい、キラキラと瞳を輝かせながら目の前の教材に取り組む、元気でたくましい子どもたち。きっと輝かしい未来が待っていることでしょう!

 

関連リンク
西表島ねっと

タグ

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

学習者・OBOG  2019/09/10更新

Vol.322 パナマ共和国に公文式教室開設!

子どもたちの可能性を 育んでいきたい ~パナマに6教室同時開設~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!