KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392

~創始者公文公の言葉より~  

    公文式の原点⑪
           <高校でできるようにする>

公文式の創始者である故・公文公が遺した言葉をご紹介しながら、公文式が目指す教育について、あらためて考えていくシリーズ。第11回目のテーマは「高校でできるようにする」です。

家庭学習で大切なのは、何をやるかより、むしろ何をやらないかであると私は思う。学校のテストに出るからといって、あれも大事、これも大事と目先のことばかり追いかけていたのでは何も身につきはしない。高校でとびきりできるようになればいいと、たとえば数学なら計算力の養成に的をしぼって学習するからこそ、余裕のある学力がつき、結果として、文章題も図形も解けるようになるのである。・・・・・・公文 公

公文式教育がめざしている大きな目標は「自学自習で高校教材」を学習できる子どもの育成です。

中学生でも小学生でもあるいは幼児であっても、無理なく無駄なく、できるだけ速やかに高校教材に進めるよう指導しています。それには明確な理由があります。

小学生のときはよくできていたのに、中学、高校と進むにつれて授業についていけなくなる子どもがいることを、多くの方がご存知でしょう。その原因のほとんどは、各教科の根幹となる基礎学力(読み、書き、計算の知的技能)の不足です。学力不足から授業についていけずに、楽しいはずの中学・高校生活がつまらなくなったり、中途で学業をあきらめたりして、そのことが原因で自分の望む方向へ進むことができない可能性もあります。

公文式の原点

学校での成績が多少ふるわなくても、個性を伸ばし、わが道をたくましく歩いていけばいいではないか、という人もいます。たしかに、スポーツや芸術に打ち込むこともとても素晴らしいことです。しかし、自分の進路について明確に強固な意志を持てるのは、かなり年齢が進んでからのことではないでしょうか。おそらく多くの子どもにとっては、大学受験の学部選択のときでしょう。小、中学生のとき「わたしは●●になりたい!」という夢を持っていて、自分の進路を決める段階でも希望しているのに、学力が不足しているために諦めざるを得なかった、などということがあってほしくはありません。

また、高校生活が受験勉強だけに忙殺される、というのもかわいそうです。友人との交流やクラブ活動、幅広いジャンルの読書や海外旅行、ボランティア活動など、かけがえのない高校時代に体験してほしいことはいっぱいあります。余裕のある高校生活を送るために、家庭教育においては小学生、あるいは幼児のうちから、すべての勉強の基盤となる基礎的な内容に絞って、高校入学までに効率よく学習を進めておく必要があります。

ですから公文式教材は、算数・数学、国語、英語とも、高校で学習する内容が効率よく学習できることをめざして構成されています。その目標に直結しない内容は削り取られており、学校で教わる何もかもを盛り込んではいません。算数・数学は、高校数学を学習するうえで必ず必要となる高いレベルの「計算力」、国語、英語は、高校以上の学習で求められる「読解力」に絞り込んで、効率よく進んでいけるようになっています。

そこで培われた「英語を含めた読み、書きの力、計算力」は、高校時代のみにとどまらず、その後に続く人生そのものを切り拓く、それこそ“一生もの”の生きていく力であるともいえるでしょう。

*このコラムは、1999年の広報誌『文』に掲載した記事の引用です。

 

関連リンク
誕生ストーリー 公文 公(くもん とおる)物語

関連記事

KUMONグループの活動  2020/04/28更新

Vol.352 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点①           <個人別・能力別>

KUMONグループの活動  2020/05/26更新

Vol.356 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点②            <自学自習>

KUMONグループの活動  2020/06/23更新

Vol.360 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点③            <可能性の追求>

KUMONグループの活動  2020/07/28更新

Vol.365 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点④            <家庭教育>

KUMONグループの活動  2020/08/25更新

Vol.368 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>

バックナンバー

KUMONグループの活動  2022/11/29更新

Vol.463 『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年

皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。

KUMONグループの活動  2022/11/22更新

Vol.462 KUMONの取り組むSDGsを考える④後編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

KUMONグループの活動  2022/11/15更新

Vol.461 KUMONの取り組むSDGsを考える④前編

教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して

KUMONグループの活動  2022/11/01更新

Vol.460 公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語

国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~

KUMONグループの活動  2022/10/28更新

Vol.459 英語で社会の課題解決策を考えよう

地球社会に貢献する有能な人材を育てる Kumon English Immersion Activities

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.091 後編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.091 前編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!