KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2021/08/03更新

Vol.411

浮世絵に描かれた江戸時代の学び「鳥つくし」  

手軽に入手できた「物尽し絵」で
物の名前と一緒に読み方の習得
学びに使われた浮世絵~

KUMONでは1986年から子ども文化研究のために浮世絵を中心とした文化史料を収集・研究してきました。今回は「物尽し絵」と言われる浮世絵を紹介します。1項目ごとに1枚の絵になっているもので、書籍としてまとめられた図鑑よりは安価で手に入れることができ、子どもたちが物の名前を覚えるとともに文字を覚えるのにも一役買っていたようです。1枚の浮世絵をじっくりと見ながら、江戸時代の学びを一緒に味わってみましょう。

動植物や事物を紹介する浮世絵「物尽し絵」とは

日本で初の博物図鑑は寛永6(1666)年に京都で出版された中村惕斎(なかむらてきさい)の「訓蒙図彙」(きんもうずい)です。「訓蒙図彙」は巻一の「天文」から巻二十の「草花」まであり、全128項目の図像が、その正名、異名、和名、俗称とともに配されています。また、漢字にはふりがなもついているため、寺子屋での文字習得に大変有効なものだったようです。
寺子屋での学びに大きく影響を与えた貝原益軒も、体系的教育書の『和俗童子訓(わぞくどうじくん)』の中で「訓蒙図彙」の使用を推奨しています。
「訓蒙図彙」の人気の高まりにより、その後も時代を通して改訂版や類似の本が出回ったといい、動植物や事物を紹介する浮世絵である「物尽し絵」にも影響を与えたと思われます。

『新板鳥つくし』「新板鳥つくし」歌川重宣
(弘化4年~嘉永5年/1847~52年)

今回はこの「物尽し絵」の中から公文所蔵の一枚をご紹介したいと思います。「物尽し絵」にはそれぞれ「魚」「鳥」「虫」「道具」「おもちゃ」などのテーマが設けられており、一枚の紙面いっぱいに同じ種類の図像が数多く描かれています。そして全てに平仮名で名前が付されているので、絵と結び付けることで多く語彙を覚えられるように工夫されています。先に紹介した「訓蒙図彙」と比べると、はるかに手軽に入手できるため、当時の寺子屋で学ぶ子どもたちにとっては語彙習得の強い味方であったことが想像できます。
それでは歌川重宣の「新板鳥つくし」を見てみましょう。この絵の中には何と40種もの鳥がリアルに描かれており、当時では珍しいカナリヤやオウムなどの外来種も描かれています。江戸時代の中期になると一部の富裕層の間では珍しい外来種の鳥の飼育が流行っていたこともあり、彼らの間で博物学的知識が高まる一方で、庶民やその子どもたちにも「物尽し絵」を通して幅広い知識が広がりをみせていたと思われます。

「新板鳥つくし」に描かれている鳥たちを紹介します。※原文表記(現代表記)
ほうわう(ほうおう)・つる・なべつる・ほととぎす・うそ・とんび・つばめ・しぎ・るり・すずめ・がん・たか・四十から(シジュウカラ)・かなりや(カナリヤ)・きじ・かわせみ・さんじゃく・山から(山がら)・うぐいす・みみずく・はと・あふむ(オウム)・きんけい鳥・めじろ・からす・ふくろ(フクロウ)・ぶん鳥・にはとり(ニワトリ)・ひよとり(ひよどり)・しまひよ・かしとり(かしどり)・くじや(く)(クジャク)・おしどり・かも・う・みやこ鳥・せきれい・くいな・もず・さぎ全40種類

公文の浮世絵めじろ、からす、ふくろ、ぶん鳥、くじや(く)、
もず などの文字が見えます
公文の浮世絵にはとり、はと、ひよとり、しまひよ、おしどり、
かも などの文字が見えます

知っている鳥、初めて見る鳥様々だと思いますが、このような絵があると、楽しく名前や読み方を覚えられますね。

関連リンク
くもん子ども浮世絵ミュージアム

関連記事

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/07/07更新

Vol.362 浮世絵から見える江戸時代の人々「七夕」

裁縫や手習い、技芸の上達を願って ~人々の暮らしと「七夕」の関係~

KUMONグループの活動  2015/01/06更新

Vol.069 KUMONの子ども文化活動-お正月の子ども浮世絵

子ども浮世絵のなかに描かれたお正月百聞は一見に如かず.江戸時代の羽根つきや双六などの遊び、そして学びの場

KUMONグループの活動  2014/05/27更新

Vol.038 KUMONの子ども文化活動-江戸時代子ども遊び大辞典

浮世絵で ”子どもの遊び文化”を継承する

KUMONグループの活動  2013/10/01更新

Vol.005 くもん子ども浮世絵ミュージアム

浮世絵という貴重な文化史料から子育てや子ども文化をあらためて学ぶ

バックナンバー

調査・研究・アンケート  2021/09/14更新

Vol.415 公文式を導入している障害児・障害者支援施設での学習効果アンケート

障害児・障害者支援施設で感じられている 公文式学習の効果とは?

KUMONグループの活動  2021/09/07更新

Vol.414 KUMONレポート-子ども文化史料編

江戸時代の史料から子ども文化を研究 ~KUMONの子ども文化史料~

KUMONグループの活動  2021/08/31更新

Vol.413 スイス公文学園初!オンラインサマースクール

スイスという国と異文化を身近に感じ 学校生活を体験できる充実した3日間

KUMONグループの活動  2021/08/10更新

Vol.412 子どもの興味と世界の国々を関連付け、
より一層、世界について知りたくなる!

世界への興味を広げる 『くもんの世界地図パズル』

KUMONグループの活動  2021/08/03更新

Vol.411 浮世絵に描かれた江戸時代の学び「鳥つくし」

手軽に入手できた「物尽し絵」で 物の名前と一緒に読み方の習得も ~学びに使われた浮世絵~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.081 前編
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.080
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
Vol.079
常葉大学造形学部
講師 村井貴さん
本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう
Vol.078
将棋棋士 谷合 廣紀さん
「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.069 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.069 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.068
特別対談 未来を生きる子どもたちのために①
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!