KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2020/11/24更新

Vol.380 ~創始者公文公の言葉より~  

    公文式の原点⑧
           <低い出発点>

公文式の創始者である故・公文公が遺した言葉をご紹介しながら、公文式が目指す教育について、あらためて考えていくシリーズ。第8回目のテーマは「低い出発点」です。

「公文式教室に新しく入会する生徒には、まず「学力診断テスト」をして、何教材の何番から勉強を始めるかを決めます。その決め方は、生徒がこのあたりから習いたいと思っている内容のところから始めるのではありません。学校で前に習っているところ、本人もわかっているはずのところから始めることになります。この学習の最初の目標は「平凡なこと、わかりきっていると思っていることを確実にできるようにしてやる」ということです。この訓練が行き届いてくると「むずかしいように見えたことが、案外すらすらわかるようになった」と言えるように、ほとんどの生徒が変わっていきます。・・・・・・公文 公

公文式では学習を始めるにあたって必ず「学力診断テスト」をします。

そして、一定時間内にどれだけ正解できたか、解きかたは適切か、ミスがあればその原因はどこにあるかなど、さまざまな視点からその子どものその時点の学力状態を分析したうえで、学習の「出発点」を決定します。ですから年齢や学年にとらわれません。5、6年生であっても、あるいは中学生であっても小学校1、2年生の段階から学習を始めることもあります。
たとえば算数の場合、たし算やひき算からということになるわけですが、それはその子がたし算やひき算が全然できないからというわけではありません。そうではなくて、その子どもが負担を感じることなく、楽にできるということが、まず大事だからです。

公文式の原点

今の学年よりかなり低いところからスタートすることによって、たとえ学校では悪い点ばかり取っている子どもでも、公文式の学習を始めてしばらくは百点ばかりとれます。「やれば、できる」という感覚が実感でき、今まで嫌いだった勉強もおもしろくなり、意欲と自信が湧いてきます。
意欲や自信と同時に、このすらすらできるやさしい段階で、集中力と作業能力を養うという目的があります。

入会時に同じ学力でも、たとえばむずかしい出発点とやさしい出発点の子どもをくらべると、最初のうちはむずかしい出発点の子どものほうが高い教材を学習していても、進み方はやさしい子どものほうが早いため、どんどんその差が縮まります。やがては並んでしまい、さらに追いついたほうが追い抜くというケースが圧倒的に多いのです。これは、学力そのものより、集中力と作業能力をつけた効果です。

出発点決定にあたってもう一つ重要なことは、半年後、1年後、さらには2年後には学習がどこまで進むか、あるいは進ませるべきかという「見通し」を立てるということです。その見通しに基づいて、学習者である子ども、そして保護者の方と十分に相談して学習の計画を立てます。このことを「見通しの共有」と呼んでいます。見通しを共有することによって、子どもは、今はまだこの段階を学習しているが、半年先、1年先、2年先にはこんな内容まで学習することになるという明確な目標と、そのときはこうなっているといった向上した自分のイメージを持つことができるようになります。

目標に向かって真剣に取り組んだとき、子どもの瞳は輝きます。その意欲が、先へ先へと進んでいく牽引力になるのです。
ですから公文式では、「見通しのない出発点は出発点に非ず」という創始者公文公の言葉を決して忘れないようにしながら出発点を決定するようにしています。

*このコラムは、1999年の広報誌『文』に掲載した記事の引用です。

 

関連リンク
誕生ストーリー 公文 公(くもん とおる)物語

関連記事

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONグループの活動  2020/04/28更新

Vol.352 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点①           <個人別・能力別>

KUMONグループの活動  2020/05/26更新

Vol.356 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点②            <自学自習>

KUMONグループの活動  2020/06/23更新

Vol.360 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点③            <可能性の追求>

KUMONグループの活動  2020/08/25更新

Vol.368 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/19更新

Vol.387 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)

子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONグループの活動  2020/12/15更新

Vol.383 浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち

寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!