KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々  

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONでは1986年から子ども文化研究のために浮世絵を中心とした文化史料を収集・研究してきました。今回は新年にふさわしい七福神が描かれた浮世絵を紹介します。浮世絵から垣間見える江戸時代の人々の暮らしを一緒に想像してみましょう。

新しい年に福を招く七福神

みなさん、「令和」最初のお正月はどのように過ごされましたか。
今回は新年にちなんで、歌川芳藤が描いた「七福神春往来」というおめでたい作品をご紹介します。
お正月には七福神詣は欠かせないという方も多いかと思います。
江戸時代の後期に七福人信仰が流行していたころ、新年に七福神めぐりをしたり、宝船など七福神の絵を飾ると一家に福を招くと信じられていました。この絵の中には七福神が子どもたちと戯れる姿が描かれており、開運招福の「吉祥画」として売られていました。

それでは絵の中を見ていきましょう。
まず右端の大黒天は、神使であり今年の干支でもある大きなネズミを連れていますね。その後ろが子ども好きの布袋和尚で、新春を彩る餅花をかつぎ子どもの手を引いています。中央には羽子板を手に持つ弁財天、その右がタイをつれた恵比須、左は鹿をつれ、絵双六を持つ福禄寿。その左は太鼓を持つ寿老人で、「一万度御拔大麻」と書かれた御幣を持つ鶴をお供にしているようです。左端は毘沙門天で、笛を手に子どもに話しかけており、虎も従えているようです。手前では小犬がじゃれ遊び、背後の雲の彼方には富士がそびえ、タカが飛び、たこが揚がっている。一富士、二タカ、三ナスビの初夢にちなんだナスビ(ナス)も、どこかにあるのでしょうか。
絵を紹介しているだけで『福』が舞い込んできそうです。みなさんのところにもきっと『福』が舞い降りていますよ。

今年がみなさんにとって、『福』づくしで、おめでたい1年になりますように。
※下の画像をクリックすると大きく表示されます。

『七福神春往来』 歌川芳藤 弘化4年頃-嘉永5年正月(1847-1852)

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONグループの活動  2019/12/24更新

Vol.337 特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON

2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」

KUMONグループの活動  2019/12/19更新

Vol.336 ブルガリアに公文式教室開設

夢に近づくお手伝いを

KUMONグループの活動  2019/12/17更新

Vol.335 アラブ首長国連邦で公文式の学校導入!

公文式学習を通して学力と自習力を身につける 自分の力で学ぶ楽しみを得て、充実した学校生活に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.059 後編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.059 前編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!