KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/02/09更新

Vol.136 KUMONバッグのヒミツ  

安全を第一に考えられた
KUMONバッグヒミツ

21世紀最初の教室へ行く日から、新しいバッグを持って通ってほしいという願いを込めて、2000年12月に公文式教室の通学バッグとして登場したKUMONバッグ。このバッグには、教室への行き帰りの安全を第一に考えた工夫がほどこされています。今回は、そんなKUMONバッグのヒミツをお伝えします。

行き帰りの安全のために

日が沈んで暗くなってからの交通事故防止のため、KUMONバッグには肩ひもや前面、側面に反射素材がついています。夜間に車のライトで人を認識できるのは、黒っぽい服装で25m、白っぽい服装であっても38mといわれています。KUMONバッグについている反射素材は、120m以上離れた車からも見ることができるそうです。

 

使用上の安全と素材の安全への配慮

子どもがケガをしないように、KUMONバッグにはとがっていたり突起のある部品は使っていません。そして小さな手でも開け閉めがしやすいように、ファスナーには引き手リボンがついています。また、長期間の使用にも耐える丈夫さと、焼却の際にダイオキシンが発生しないよう環境への優しさを考慮した素材を使用しています。

 

KUMONバッグは3種類

KUMONバッグは、子どもの身長や肩幅など成長に合わせて、3つの種類があります。体の幅がわかるなど視認性を高めるため、反射素材はバッグの横幅全体に入っています。今、最も使用者が多いのは横型。子どもたちにはぜひ、安全を第一に考えて作られているKUMONバッグを持って、教室に通っていただきたいと思います。


幼児用リュック
年少以下(肩幅25㎝以下)の生徒向け

横型3way
 


縦型2way
小学校高学年以上の生徒向け

※KUMONバッグは、4年以上使用して劣化した場合や、幼児用リュックを使用している年長以上の生徒さんには、お申し出により新しいバッグをお渡ししています。

KUMONでは、下記の期間で「KUMONフォト投稿キャンペーン」を実施しています。募集している写真のテーマ3つのうちのひとつが、「KUMONバッグと一緒に写っているお子さまの写真」です。ご興味のある方は、以下のサイトをご覧ください。

 

関連リンク

KUMONフォト投稿キャンペーン

タグ

バックナンバー

KUMONグループの活動  2020/02/18更新

Vol.342 日本語学習者の現在(いま)・夢・目標
―動画レポート

日本語を学んで 日本を好きになってもらいたい そして夢をかなえてほしい

KUMONグループの活動  2020/02/04更新

Vol.341 KUMONロゴに込められた想い

キーワードは「Thinking」! THINKING FACEが笑顔ではない理由とは?

KUMONグループの活動  2020/01/28更新

Vol.340 くもんの教具「磁石すうじ盤」の魅力とは?

乳幼児の数の理解を深め、    高齢者の脳の活性化にも!

KUMONグループの活動  2020/01/21更新

Vol.339 南アフリカの公文式教室

一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を

KUMONグループの活動  2020/01/07更新

Vol.338 浮世絵から見える江戸時代の人々

『福づくし』でおめでたい1年に

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.067 後編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.067 前編
AKB48
武藤十夢さん
「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう
Vol.066
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.060 前編
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
Vol.059
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!