トップ > KUMON now! > トピックス > 世界そして世代に広がるKUMONをキャッチフレーズにすると?

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

調査・研究・アンケート  2015/04/14更新

Vol.083 外から見たKUMON-宣伝会議賞  

世界そして世代
広がるKUMON

キャッチフレーズにすると?
宣伝会議賞レポート

「世界そして世代に広がる、KUMONを表すキャッチフレーズ」―― この課題に対して、どのようなものをイメージされますか? 国内最大規模の公募広告賞である「第52回 宣伝会議賞」を通じて応募された多数の作品から、協賛企業賞を受賞した作品をご紹介します。

歴史ある広告賞「宣伝会議賞」

若手コピーライターの登竜門として、日本最大規模の公募広告賞として知られる「宣伝会議賞」。今回は第52回目となりますが、公文教育研究会ではこの賞に初めて企業として協賛、「世界そして世代に広がる、KUMONを表すキャッチフレーズ」を課題として、12,617件にのぼるキャッチフレーズの応募を集めました。

イメージは「世界への広がり」

全体では52万点を超える
応募がありました

数ある応募のなかから協賛企業賞として選ばれた優秀作品が、現在早稲田大学の学生である、安蒜(あんびる)さつきさんのこちらのキャッチフレーズです。

「生まれた国もちがうけど、KUMONが同じ思い出だった。」

作品紹介のアナウンスで、
壇上に向かう安蒜さん

KUMONが世界に広がっているイメージを感性豊かな言葉を集めて言い表したこちらのフレーズ。安蒜さんがどのような思いでこの作品を仕上げたのか、うかがってみました。

Q.このキャッチフレーズはどのように生み出されたのですか?

A.KUMONというブランドは、街中やテレビなど、生活の身近なところに存在している印象があったのが応募のきっかけです。

そして、今回の課題である「世界に広がる公文」ということで、私は3年前に米国ロサンゼルスに留学していたのですが、その移動中の車からふと外を見たときに、KUMONの看板を見かけました。目に飛び込んできたブルーの看板に、「あれ、ここ日本じゃないのに?」という不思議な感覚で、とても印象的な出来事でした。

また、大学の友人同士が、通っていた塾が同じだったという話題で盛り上がり、育った場所が違っても、同じことを学んだ共通体験で、心の距離がぐっと近くなるようすをよく見かけました。

こうした経験から、KUMONが世界にさらに広がれば、きっと世界中でこういう共通体験が結びついて、打ち解ける機会がきっともっと広がるはずだ、と思い至り、考えました。

Q.言葉選びにも苦労されたようですね。

A.小さい頃から詩歌が好きで、言葉には人一倍センシティブでした。大学では短歌サークルに所属していたこともあって、一文字一文字に対するこだわりも強い方だと思います。

たとえば今回のキャッチフレーズでは、「生まれた国も~」と並列の助詞である「も」を使っていますが、もしここに「は」を使ったとしても、文章としては成立すると思います。

ただ、生まれた国だけでなく、言葉も文化も教育も、世界の国々で違うことはたくさんあります。「は」だけでは表現できないふくらみを持たせるために、「も」をあえて使いました。

Q.「思い出」がキーワードだとうかがいました。

A.私は大学で教育学を学んでいますが、教育というのはとても時間がかかるものであることを改めて知りました。その時間を表現するために、「思い出」という言葉を使って、積み重ねた日々を表現することができるのでは、と考えました。

教育は子どもたちの20年後30年後の未来のためにあるものだと思いますが、KUMONという日本発のしくみが、世界から求められて徐々に広がっているということにとても驚きました。

KUMONがどのようなイメージで世の中に受け入れられているのか。「世界そして世代に広がる、KUMONを表すキャッチフレーズ」の課題を通じて、客観的な視点に数多くふれることができて、改めてたくさんの気づきが得られる機会となりました。

関連リンク
第52回 宣伝会議賞

タグ

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

学習者・OBOG  2019/09/10更新

Vol.322 パナマ共和国に公文式教室開設!

子どもたちの可能性を 育んでいきたい ~パナマに6教室同時開設~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
Vol.054
関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生
「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!