トップ > KUMONメディアルーム > 海外の取り組み > チェコ共和国に公文式教室開設

プレスリリース

チェコ共和国に公文式教室開設

2022年5月9日 (月)

海外の取り組み

チェコ共和国に公文式教室開設
~KUMONにとって61番目の展開国・地域~
株式会社 公文教育研究会(以下、KUMON)〔代表取締役社長:池上秀徳〕は、2022年3月、チェコ共和国に公文式教室を開設しました(管轄法人:ドイツ公文)。現在KUMONは世界61の国と地域に展開しており、一人でも多くの子どもたちに公文式学習の場を提供できるよう、今後も教室展開を進めてまいります。

2022年3月、チェコ共和国の首都、プラハにチェコ初の公文式教室が誕生しました。チェコはKUMONにとって61番目の展開国・地域であり、ヨーロッパにおける展開国は20か国となりました。

■今回開設した公文式教室について

教室名: プラハ6教室(Praha 6 Study Centre)
指導者名: シティ・シャイラ・ビンティ・スレイマン先生
(Ms. Siti Syahirah Binti Sulaiman)
指導教科: 算数・数学、EFL(外国語としての英語)
管轄法人: ドイツ公文(本社: ドイツ・デュッセルドルフ)

■すべての生徒が学ぶことに興味と好奇心を持てるように

マレーシアでトップクラスのロースクール(法科大学院)を卒業したシティ先生が、公文式指導者になりたいと決めたのは、自身の経験からです。マレーシアで育ち、周囲には多くの公文式教室がありましたが、家庭の経済事情もあって、教室には通えませんでした。しかし学習障害もあり、数学を理解するのがとても大変だったシティ先生が自学自習力を育めるようにと、シティ先生の母親は日々奮励してくださったそうです。その後、シティ先生は、世の中には自分と同じような子どもがたくさんいるが、すべての親が自分の母のように取り組む時間があるわけではないことに気づいたのだと言います。

シティ先生に指導者としての目標と教室のビジョンを聞きました。
「指導者としての目標は、すべての生徒が学ぶことに興味と好奇心を持てるように、そして、自分の周りにあるものに疑問を持つようにすることです。教室のビジョンは、人として自分を成長させ、それに伴って学力も向上させる場となることです。最初の学習でその生徒が持っている力で学習に取り組み、その生徒の長所と短所の両方を使って、どのようにその生徒の可能性を最大限に引き出すことができるか?それが私の目標でありビジョンです」

<ご参考: チェコ共和国>
西にドイツ、北にポーランド、東にスロバキア、南はオーストリアと接しているヨーロッパの国。面積は、78,866平方キロメートル(日本の約5分の1)。人口は、1,069万人(2020年12月末現在、チェコ統計局)。首都はプラハ(人口133.7万人/2020年12月現在、チェコ統計局)。(※データは、外務省ホームページより)

リリースPDF「0509_チェコ共和国に公文式教室開設」

■プレスリリースに関するお問い合わせ先
公文教育研究会 TEL 03-6836-0030