算数・数学に関するご質問

算数では計算が中心と聞きましたが、文章題や図形はないのですか?

算数・数学の基礎は計算力。中学校・高校で困らないようにまず十分な計算力をつけることを目的にしています

KUMONの算数・数学教材は、中学校・高校以降になって数学で困ることのないように、あえて代数計算に絞っています。これが、保護者の方に理解していただきにくいところかもしれません。

学校の授業における計算問題の割合は、小学校では全体の約6割程度ですが、中学校では8割、高校になるとそのほとんどすべての問題で代数計算が必要となります。その一方で、小学校時代に学校の授業で困らない程度に計算ができたため気にかけないまま中学校・高校に進み、計算力の不足が原因で数学が苦手になるというケースが非常に多いのです。

計算力を身につけるには多くの練習が不可欠ですから、計算力の不足は一朝一夕で挽回できるものではありません。KUMONでは高い計算力が十分につく前に、文章題や図形の学習をと焦る必要はないと考えます。先の段階の高度な計算までできるようにしておいた方が、中学校以降での学習がらくになるのです。

また、文章題や図形問題ができるようになるには計算力以外に、問題文から内容を読み取り、イメージ化する国語力が必要になります。子ども達に先に十分な計算力と国語力を身につけさせることが、文章題や図形を得意にする近道になるだけでなく、ほかの教科にも非常に良い影響を与えることになるでしょう。

核となる学力を効率よく習得しながら、自学自習力を高めることを目指します。そのためにあえて計算だけに内容を絞り込んでいるわけです。一人でも多くの子どもにできるだけ自分の力だけで未知の内容を学びとる姿勢や経験を積んでほしいと考えています。

KUMONの算数・数学ではどんな力がつきますか?

高校数学で困らないようにし、またその学習を通じて自習する経験と方法を身につけることです

一人ひとりの可能性を発見し、その能力を最大限に伸ばすというのがKUMONの基本方針です。その理念のもと、算数・数学の学習では論理的に考え、数学的に分析できる「考える力」を育みます。

「考える力」を育てるために、KUMONはより明確な目標を掲げています。それは、高校数学で困らないだけの学力をつけることです。数学的センスや、論理的に考える力は、高校数学の学習を通じてこそ身につくものだと考えているからです。また、子ども達が小学校・中学校と育んできた将来の夢を、「数学が苦手だから」という理由で断念させたくないとの願いも込められています。

教材は、スモールステップなので、学年を越えても自分で学習できるように工夫されています。子ども達が自分で学び、自分で考える学習法ですので、効率よく学力の定着が図れます。一人でも多くの子どもが無理なく、無駄なく高校教材に進んでほしいと考えています。

教材を見ることはできますか?

すべての教材をご確認いただける教材見本をご用意しています

以下のページで各教科の教材見本を確認することができます。

教材見本 算数・数学

教材見本 英語

教材見本 国語

また教室見学をしていただくと実際の教材をご覧いただけます。

お近くの教室を探す

まずはお気軽に教室までお越しください

お近くの教室を探す