外部パートナーとの環境保全

KUMON森の基金

KUMONグループは、これまでも様々な環境団体へ寄付を行ってきましたが、2014年にKUMON森の基金を設立し、環境保全活動を行う団体に対する支援を継続的に実施できる制度を構築しました。

KUMONグループでは、教材などで非常に多くの紙を使用しています。そのため、「紙資源をむだに使用しないこと」を環境に関する重要な課題のひとつとし、これまで環境配慮紙の使用や教材以外の紙使用削減、古紙をリサイクルする活動を社員一丸となって行ってきました。

今後は、自らの環境負荷の削減に努めるとともに、KUMON森の基金によって、外部パートナーとともに森林資源を守る活動を推進することで、地球環境の保全と持続可能な社会の実現に貢献していきます。

WWFジャパンの森林保全活動への支援

KUMONグループはKUMON森の基金によって、世界100カ国以上で活動する地球環境保全団体であるWWFネットワークの一員であるWWFジャパンを2014年より支援しています。

WWFは1961年にスイスで設立されました。地球上の生物多様性を守ることと、人の暮らしが自然環境や野生生物に与えている負荷を減らすことを柱に活動しています。そのひとつが森林保全です。

WWFジャパンは、希少種の調査保全や植林による森林再生などの現地フィールドにおける直接的な活動に加え、地域コミュニティの支援、日本での責任ある原材料調達などを通じて、持続可能な森林保全を目指して活動しています。また、環境教育プログラムの開発や環境に関するセミナーなどを通じた普及啓発活動も実施しています。

グローバルなネットワークを通じて、世界各国で森林保全活動を支援し、また、環境教育にも取り組んでいるWWFジャパン。世界で教育を通じ、地域社会、地球社会に貢献することを目指すKUMONグループとしても、この活動に共感することから、支援を続けています。

1 ) インドネシアにおける森林保全

日本が輸入しているコピー用紙の75%はインドネシア産です。しかし、インドネシアでは、大規模な森林伐採やプランテーションの拡大が行われており、かつて島全体を覆っていた熱帯雨林は過去30年間で半減してしまいました。

西カリマンタン州メラウィ県では、小規模農家は適切な栽培方法や持続可能性に関する知識を十分に持っておらず、生産量を増やすために森林を切り開き、農園を拡大してきました。WWFは、メラウィ県でのパーム油生産に関する基礎的な情報収集を開始し、地域の小規模農家との対話やトレーニングを通して、収益を改善しながら、持続可能な方法でパーム油を生産することを目指しています。

また、地域全体の環境保全意識を高めるため、WWFではこれまでスマトラ島の3つの小学校でESD※(持続可能な開発のための教育)を支援してきました。2014年に地域の環境問題を学校の授業に取り入れることから始め、2016年には廃材で手芸品や再生紙を作る作業や、生ゴミを利用した堆肥作りに挑戦しました。また、校内での菜園作りや校内緑化を進める活動も行いました。2018年にはESDの基礎知識を習得するためのワークショップが、郡の教育委員会により開催されました。小中学校や地域から波及し、郡全体が自主的にESD活動を実施できるよう、今後も継続的に支援していきます。

  • ※ESD: Education for Sustainable Developmentの略。環境、貧困、人権、平和、開発といった世界の様々な問題の解決につながる新たな価値観や行動を生み出すこと、そして持続可能な社会を創造していくことを目指す活動。

2 ) メコン地域における森林保全

インドシナ半島を流れるメコン川流域に広がる森は急速に減少し、トラやゾウ、テナガザルなどが絶滅の危機にさらされています。特に2010年以降天然ゴム農園の開発が進行し、森林破壊の要因のひとつとなっています。

WWFは農業省とミャンマーゴムフォーラムを開催し、持続可能な天然ゴム生産の普及に取り組んでいます。また、インドのゴム研究所と協力し、4つの村のゴム農家200名にゴムの適切な樹液採集の方法をトレーニングしました。これにより、同じ面積の農地から収穫できるゴムの量が増えれば、森を破壊して農園を拡大することなく、生計を向上させることが可能となります。

また、タイとミャンマーの国境地帯には今も広大な森林が残っており、絶滅危惧動物の重要な生息地となっています。北部では100頭のトラの生息が確認できましたが、南部ではこれまでに十分な調査が行なわれておらず、未だ個体数は不明のままです。

WWFは2018年6月、南部に位置するタイ最大のケーン・クラチャン国立公園の中心部30か所に60機の自動撮影カメラを仕掛け、本格的な調査を開始しました。トラの足跡や糞などの痕跡が最も多く見つかっている場所を優先的に調査しています。WWFでは、この地域のトラの個体数を明らかにし、タイとミャンマーにまたがる保全計画を策定することを目指しています。

Present Treeを通して植林活動に参画

公文教育研究会は、紙使用量を減らすため、全国の指導者が報告書を教室システムで提出したり、教材や物品の請求をWeb請求にしています。これらを行うことにより、指導者にグリーンポイントが付与される仕組みをつくっています。グリーンポイントで貯めたポイントはNPO法人環境リレーションズ研究所が主催するPresent Treeの植林活動に寄付することができます。

2018年度に指導者から集まった寄付金は49万円となり、甲府盆地の東よりに位置する山梨県笛吹市の植林活動に寄付しました。笛吹市の森林は近年、マツクイムシ被害や人出不足などが要因で手入れが行き届かないことによるアカマツ人工林の荒廃が進んでいます。マツクイムシ被害にあったアカマツ人工林の被害木を伐採し樹種転換をして、地元植生の落葉広葉樹を植林しました。植林活動には社員も参加し、生物多様性豊かな森になることを目指し、里山づくりを行っています。

引き続き全国16,200教室の指導者とともに、グリーンポイント活動で紙使用量の削減を進め、Present Treeを通して森林の保全活動に参画していきます。

各年度の外部パートナーとの環境保全

持続可能な未来のための教育

開発途上国への貢献、SDGs達成への貢献

持続可能な未来のための教育

開発途上国への貢献、SDGs達成への貢献