小学生でも英検(R)合格できる

  • 1教室での学習は週2回(教室で定められた曜日)です。
  • 2学習時間は当日の学習内容によって異なりますが、初めのうちは長くて1教科30分程度です。
  • 3入会金は不要。
  • 4月額会費は1教科につき、
    • ・東京都、神奈川県
      幼児・小学生:7,700円/月
      中学生:8,800円/月、高校生以上:9,900円/月
    • ・上記以外の地域
      幼児・小学生:7,150円/月
      中学生:8,250円/月、高校生以上:9,350円/月
    • ※会費は消費税、教材費を含みます。
    • ※会費につきましては各教室の所在地に準じます。
    • ※英語学習開始時には、専用リスニング機器「E-Pencil」6,600円(税込)をご購入いただきます。

公文生の英検(R)合格実績

英検(R)3・4級 小学生合格者のうち17,000人以上がKUMONの生徒! また、5,000人以上が小学生でTOEFL Primary(R)TOEFL Junior(R)にチャレンジしました。

  • ※2018年度 年間累計 KUMON独自調査
  • ※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

KUMONをはじめて、早ければ・・
1~2年後に英検5級、 2~3年後に英検4級 の合格を目指せます

公文式の英語なら

教材がすすめば英検(R)の各級の合格を目指せるだけの力がつきます

たとえば…

CASE 1

幼児・小学1~3年で
公文式英語をスタート
中学1年生レベルの教材
(GI・GII教材)を学習。
英検5級
の合格を目指せます!

CASE 2

小学生から
公文式英語をスタート
中学2年生レベルの教材
(HI・HII教材)を学習。
英検4級
の合格を目指せます!

どうして英検(R)合格できるだけの力がつくの?

ヒミツは独自のスモールステップ
ステップに分けて学ぶことで効率よく英語の力を身につけるからです

英語のルールや単語をいっぺんに覚えるのは大変!「聞く」「読む」「書く」をステップに分けて取り組むことで、らくに学ぶことができます。

1「聞くのが楽しい!」「英語を言えて嬉しい!」というステップから始めます

E-Pencilを使って、まずは身近な単語のイラストを見て、発音を聞くところから始めます。英語特有のリズムが自然と身につきます。

自然と楽しく英語の世界に親しめます

身近な内容のスキットを通じて、あいさつや短いやりとりなどのフレーズを学びます。

イラストを見て、耳で聞き、声に出しながら、英語表現のバリエーションを増やしていきます。

ストーリーがある教材で、読む力を高めます

興味をもって読み進められるおもしろいストーリーがたくさん。

自分でも使ってみたくなる会話文や表現が盛り込まれています。

英検(R)のリスニングで出題されるような、ネイティブの英語にも日頃から触れられます。

E-Pencilは、声優などで活躍中のネイティヴスピーカーが音声を収録。
そのため耳で聞いて「言う」・「書く」をくり返しながら、英検(R)のリスニング問題レベルの英語を聞き取る力も身につきます。

2耳で理解した単語や文を書くことで無理なく脳に定着させます

身近な内容のスキットやストーリーを通じて、多くの語彙や表現を身につけていきます。

3読み書きができてから文法を学ぶから、スムーズに文法を理解できます

身近で興味のもてるスキットを通して、基本文法事項にも焦点をあて、英文構造を整理しながら学習します。

結果として…

4英検(R)で出題されるような長文にも対応できる、
高度な英文読解力が身につきます

しっかり言葉を脳に定着させ、文法を理解してから読解に取り組むので、長文でもスムーズに読み進めることができます。

名作を通じて国際的な感性が磨かれます

公文式英語では約100作の名作に触れます。
「トム・ソーヤの冒険」「不思議の国のアリス」などのわくわくする物語から、キング牧師の「I have a dream」、ヘレン・ケラーの伝記といった読み物まで、多彩な文章・思考に触れることで豊かな感性を磨いていきます。

学習が進むと…

5小学生でも英検(R)合格できます

英検(R)3・4級 小学生合格者のうち17,000人がKUMONの生徒!
また、5,000人以上が小学生でTOEFL Primary(R)TOEFL Junior(R)にチャレンジしました。

  • ※2018年度 年間累計 KUMON独自調査
  • ※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。

英検(R)合格できる力がついたことが、やる気や自信につながるお子さまも!

英検3級に合格することができました!

英検3級に合格することができました!
小4で5級、小5で4級、そして今年小6で3級合格と確実にステップアップし目標を達成しています。特に「リスニング力」がすごいです。

小6の保護者

勉強することが楽しいようです。

くもんの英語を始めて一年半強経ちますが、かなり英語を理解できるようになってきました。先日は「英検」で4級に高得点(65点満点中、60点)で合格することができ、本人もやる気が増したようです。全く何も知らないところから始めて、この進度ですからくもんの英語はなかなか良いな、と思っています。
先生に「来年には3級も受けられそうね。」と言われたらしく、娘も張り切って、3級の問題集を買って毎日自分から勉強しています。
くもんの先生は基本的にほめて伸ばすやり方なので、勉強する楽しさがわかったようです。
今後は小学校卒業までに英検準2級合格を目指してがんばるそうです。

小4の保護者

いつでも教室見学を受け付けています。また、2月、5月、11月には無料体験学習を行っています。2週間、合計4回、教室で通常のくもんの学習を無料で体験できます。

他に、KUMONでつけた英語力を試せる場はあるの?

お子さまが身につけた英語力をためす場は、他にもあります

目標を持って、自分の力を確かめながら進めることで、お子さまのやる気も一段と増します。

たとえば学習が進むと…

1TOEFL(R)の小・中学生版TOEFL Primary(R)にチャレンジできる力もつきます!

より実践的・実用的な英語の力を試す場として、
KUMONは「TOEFL Primary(R)」の受験をおすすめしています。

TOEFL Primary(R)とは?

2英語で交流するキャンプに参加する生徒も!

英検3級程度の英語力を身につけたお子さまは、英語を使ったコミュニケーションの成功体験をもてる時期。学習が進めば、言葉や文化の異なる人たちと英語での共同生活を行うキャンプにご参加いただける機会もあります。

イングリッシュ・イマージョン・キャンプについて詳しくみる

参加者の声

自信がつきました

私はこのキャンプでたくさんの人と出会い、たくさんの世界に触れることができ、コミュニケーションをする自信がつきました。そして、日本という国が平等をとても大切にしていると感じました。だから私はどんな人でも同じ目と心で見ようと決心しました!

小4

改めて日本を知る機会に

色々な国の文化を知ったり、世界の現実を知った時間はとても勉強になりました。EICではたくさんの地域から来た友だちがいるので日本のことについてもたくさん知ることができました。英語は色々な国の人たちと話すことができる言葉だと思いました。これからももっと英語を学んでいきたいです。

小4

いつでも教室見学を受け付けています。また、2月、5月、11月には無料体験学習を行っています。2週間、合計4回、教室で通常のくもんの学習を無料で体験できます。

KUMONの英語学習の流れ

1宿題分の教材を先生の前で音読、聞いてもらいます。

2E-Pencilを使い、聞いてから声に出し、まねします。イラストを見ながら音読することで音とイメージが一致し、文字の連なりではない「言葉」として英語を習得できます。

3十分に「聞く」「読む」 ができたら、今度は自分で書きます。書くことで、文字のイメージをしっかりと定着させることができます。

4学習ができたら、先生の前で音読し、確認してもらいます。

5一日の学習が終わったら、先生から宿題をもらって、帰ります。

ご家庭での学習

先生からもらった宿題を、家庭で学習します。
E-Pencilはご家庭でもお使いいただけるので、毎日英語に触れることができます。

E-Pencilについて詳しくみる

いつでも教室見学を受け付けています。また、2月、5月、11月には無料体験学習を行っています。2週間、合計4回、教室で通常のくもんの学習を無料で体験できます。

やっててよかったKUMONの英語

英語の発音が良くなりました!

英語の発音がめちゃめちゃ良く、親が真似しようと思っても出来ません。やらせてよかったと思っています。小さい頃の吸収力って本当に凄いです

4歳・5歳の保護者

英語の授業が楽しくなった!

1年生になり、英語を始めました。学校の宿題に加えて、2教科の宿題ができるか不安でしたが、E-Pencilでの学習も楽しそうで、学校の英語の授業も楽しんでいるようです。また、日常生活の中で英語を使ってみたりして親子で楽しんでます

小1の保護者

留学に興味がわいた!

3年と5年の子供がKUMONの英語に通ってます。もうすぐ半年になりますが、それまで興味ないというか、あまり好きでなかった英語に興味を持ってくれるどころか、「英検」受けてみようかな、とか、留学にも興味を持ち始め、英語の向上のみならず、意識を高めてくれたことにとても感謝してます。

小3・小5の保護者

よくあるご質問

公文式の英語で一番大切にしていることはなんですか?

高度な読解力と、豊かな教養や感性とを武器に、英語でコミュニケーションできる力です

公文式英語は「聞いてわかる力、読んでわかる力」に照準をあわせ、高度な英文読解力を身につけることをめざす学習法です。これは、国際社会において相手とコミュニケーションできるようになるためには、まず多くの文章・多くの思考に触れて教養を高めることが大切だと考えているからです。
中高生はもちろん、幼児や小学生も、「聞いて」「言って」「読む」学習をくり返しながら、ストーリーの内容をつかみます。さまざまな語り手の状況・気持ちを想像しながら読み進めていくことで、確かな英文読解力だけではなく、国際人としての価値観・感性を磨いていくことができます。

読み書きしかやらないのですか?

まずは十分に「聞く」ことからはじめて、英語に親しんでから読み書き学習に入ります

公文式の英語教材は、E-Pencilを使ったリスニング学習から始まります。
歌や身近な単語・フレーズを「聞いて」「まねして言う」ことで、英語特有のリズムやイントネーションが自然と体に入ってきます。まず音とイメージを一致させながらたくさんの言葉を蓄積し、そのあとで「読み」学習、「書き」学習とスモールステップで学んでいくから、苦手意識を持つことなく英語力を高めていけるのです。

公文式英語では会話やコミュニケーションの力がつかないのではないでしょうか?

高いレベルのコミュニケーション力をつけてほしいからこそ、「聞く」「読む」学習を大切にしています

これからの国際社会を生きる子ども達に求められるのは、あいさつや自己紹介レベルではなく、大量の英文メールを処理できる・英語で討論や交渉ができるといった、高いレベルの英語力です。これらの力を身につけるためには、まず「聞く」「読む」を徹底することが大切です。
KUMONは、「聞けない英語は話せない」「読めない英語は書けない」と考え、まず「聞いて」「読む」ことを大切にしています。たくさんの言葉や文章を「聞いて」「読んで」身につけた豊かな語彙(ごい)と表現力は、子ども達の英語力の土台になります。さらにその学習のなかで「言う」「書く」学習もたっぷりと行うので、しっかりとコミュニケーションできる英語力が身につくのです。

よくあるご質問をもっと見る

教室見学はいつでも
実施しております

まずはお気軽に教室までお越しください

お近くの教室を探す