トップ > 公文式の特長 > 自学自習で進む

公文式の特長

2 自学自習で進む

自らすすんで学ぶ姿勢を身につけ、
自らの力で人生を切り拓いていける子どもに。

自習が中心の学習法で、自ら学ぶ力を養う

解き方や答えを「教えてもらう」という受け身の姿勢ではなく、自分の力で課題に取り組もうとする姿勢があってこそ学習意欲が芽生え、さらに先に進もうとする向上心が生まれます。公文式では、このような子どもたちの「自ら学ぶ力」を大切にしています。

公文式では、学校のような一斉授業は行いません。教わるのではなく、一人ひとりが自分に与えられた教材を自分で考え、解き進んでいく「自学自習」の学習形式をとっています。

公文式の「自学自習」形式の学習では、「ちょうど」のところを一気に解くことで集中力をつけ、「できた!」という達成感を味わうことにより学習意欲が芽生え、次へ次へとより高いレベルの内容を学習していきます。つまずいたところや時間がかかりすぎたところは、必要に応じて十分な練習をして、学力を定着させながら進んでいきます。

習っていないところまで自学自習が可能な理由

公文式の教材は、常に一人ひとりにあった「ちょうどの学習」ができ、次のステップに挑戦する意欲を育てるために、やさしい問題から高度な問題へ非常にきめ細かな「スモールステップ」で構成されています。

また、どんなときも自分で解き進むことができるよう、新しい課題の導入部など必要な箇所には例題や適切な解説を設けるなど、上の段階へスムーズに進んでいけるための工夫もそのひとつです。

公文式教室の指導者は、子ども自身が自ら学習課題に「気づく」ことができるようになることを大切にしています。ですから、問題の解き方や答えをすぐに教えることはありません。一人ひとりの「ちょうどの学習」で、自ら課題に取り組み、答えを自分で導き出していけるようにサポートします。問題を解くのは、あくまで子どもたち自身の力なのです。

自分の可能性を自らの力で追求していける子どもに

公文式では、できるだけ早く学校で習っているところより先の段階に、自学自習で進んでいくように導き、小学校・中学校のうちになるべく早く高校教材に進むことを目標にしています。これは、学年を越えたところを自習していくことを通じて学力に十分な余裕をもたせ、その余裕と自信によって自分の可能性を自らの力で追求していってほしいからです。

自ら積極的に学んでいく力は、やがて自分の夢や目標にチャレンジする力になっていきます。公文式で学んだ子どもたち一人ひとりが、自身の生きる道を自らの力で切り拓いていける人材として成長していくことこそ、公文式の願いです。

NEXT 3スモール
ステップの教材

自分で学べるスモールステップの教材は、今日も絶えまなく進化を続けています。

公文式の特長
1 個人別・学力別学習
2 自学自習で進む
3 スモールステップの教材
4 KUMONの指導者

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。