KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2017/07/11更新

Vol.217 「トビタテ!留学JAPAN」の公文生  

「一歩踏み出せば楽しいことが待っている」
「答えは自分で見つけるもの」

留学にチャレンジするKUMONのOB・OGたち

2017年6月17日、「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の高校生コース第3期生の壮行会および事前研修会が開催されました。この夏以降、留学に飛び立つ第3期生501人のうち約200人が、公文教育会館(大阪)に集い、仲間とともに留学に向けての意欲を高めました。この研修会に参加した高校生や先輩留学生たちの中には、KUMONのOB・OGもいました。なぜ留学にチャレンジしようと思ったのか、実際に留学を通して何を学んだのか、など彼らの生の声を動画とともにご覧ください。

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」とは?


公文教育会館に集まった第3期生たち

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」とは、意欲と能力ある若者の海外留学支援を目的として2014年からスタートした国家プロジェクトです。2020年までに、日本から約1万人の高校生・大学生を送り出すことを目指し、文部科学省と、寄付や活動支援を行う多くの民間企業が官民協働で取り組んでいます。

「自分の英語力を試したい」「夢の実現に向けて役立てたい」高校生たちが留学にチャレンジする理由とは?


松尾さん(左)と海谷さん(右)

この夏、カナダの有名な地方観光都市であるルーネンバーグに2か月間留学し、観光案内所でインターンシップをするという松尾さん(高1)。中学生の時に日本の観光について研究をし、「日本にも魅力的な地方観光地がたくさんあるのに、その魅力が生かされていない」という課題意識を持ったことが、今回留学にチャレンジするきっかけだったそうです。松尾さんは、公文で小学3年生から英語を学び、英語が好きになったことで、中学校の英語の授業にスムーズに入ることができたそうで、「習得した英語力を試したい」という想いも持って、カナダに飛び立ちます。

アメリカのハワイ・ホノルルに2週間留学するという海谷(かいや)さん(高2)は、「将来英語教師になりたい」という夢を持っています。3歳から中学3年生まで公文で算数・数学、英語、国語の3教科を学び、英語は最終教材を修了しています。自分の学年を越えた内容を学ぶ中で、前へ進む精神が培われ、今回の留学につながったと言います。留学中は、ホノルルにある移民資料館を訪ね、移民の方がどのような想いで移住したのか、その精神を学んで将来に生かすため、ハワイに向かいます。

後輩たちに海外留学の魅力を伝える「エバンジェリスト」となる先輩留学生たち


堀江さん

この壮行会・事前研修会には、留学を経験した先輩留学生たちの姿もありました。「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」では、帰国後に留学の魅力を伝えるエバンジェリスト(伝道師)としての活動も推奨されています。この留学経験者たちの中にも、KUMONのOB・OGがいました。

高校生コースの2期生として、アメリカに2か月間留学した堀江さん(高3)は、事前研修会の中で体験談を発表しました。彼女も、公文式英語の研究コース修了生。英語が好きになり、自分の英語力を試したいと留学にチャレンジしたと言います。留学で学んだことについて、「アメリカで多国籍な人たちと出会って、英語を使ってコミュニケーションをとる中で、人と人が仲良くなるのに国籍は関係ない。世界平和も夢ではないと思った」と語ってくれました。

 


楠野さん(左)と山本さん(右)

当日の運営サポートをしていた楠野さんと山本さんは、高校時代に留学をした大学生です。2人ともエバンジェリスト活動に積極的に取り組んでいて、留学後に学校で全校生徒の前で自身の留学についてプレゼンテーションをしたり、後輩のサポートに関わったりされています。アメリカ・ハリウッドに映像制作を学ぶために留学した楠野さんは、「人が感動するような映像や見た人たちのやる気が出るような映像を作りたい」という夢を持っています。ネパールに留学した山本さんは、ネパールで障害者は忘れられやすい存在だということに気づいたと言います。日本の大学では特別支援教育を学んでおり、卒業後には海外の大学院で開発学を学んで、将来は障害者雇用に関わる仕事を通じてネパールに還元したいと考えているそうです。

関連リンク
留学したKUMONのOB・OG|KUMON now!トピックス
留学したKUMONのOB・OGたち(2)|KUMON now!トピックス
トビタテ!留学JAPANプロジェクトディレクター 船橋力さん|KUMON now! OB・OGインタビュー
トビタテ!留学JAPAN

関連記事

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

学習者・OBOG  2015/10/20更新

Vol.109 留学したKUMONのOB・OGたち

人生の可能性を広げる 留学に挑戦! ~海外留学したKUMONのOB・OGが語る留学~

学習者・OBOG  2016/12/27更新

Vol.188 留学したKUMONのOB・OGたち(2)

留学を成功させるために必要な力とは 〜自分の強みって何だろう!?〜

調査・研究・アンケート  2016/04/26更新

Vol.148 先輩留学生からのメッセージ

留学とは「発見」! 自分、日本、そして世界と向き合い それぞれの新たな一面を発見できる

バックナンバー

KUMONグループの活動  2018/06/19更新

Vol.261 公文国際学園の寮生活

自立と自律の精神を学ぶ ~仲間とともに夢に向かって~

KUMONグループの活動  2018/06/12更新

Vol.260 スイス公文学園高等部(KLAS)の3つの柱

スイスにある日本の高等学校 ~英語・国際感覚だけでない 人間育成~

KUMONグループの活動  2018/06/05更新

Vol.259 くもんのカードが発売40周年!

親子でコミュニケーションをとりながら 赤ちゃんのことばの世界を豊かに広げる

KUMONグループの活動  2018/05/29更新

Vol.258 認知症予防の新たな取り組み

天理市で 認知症予防分野における 「成果連動型支払事業」が目標を達成

学習者・OBOG  2018/05/25更新

Vol.257 世界の公文式教室-気づき編

”できた!”の達成感は 大きな自信になる ~気づき編~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.055 前編
小児外科医 吉岡 秀人さん
「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう
Vol.054
「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん
過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力
Vol.053
株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん
「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる
Vol.052
サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん
目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.049 後編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.049 前編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.048
書写書道教育研究者 宮澤正明先生
人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果
Vol.047
英語教育学者 町田 智久先生
英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。