トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター 桐本滉平さん(後編)

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/06/08更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん  後編

過去の自分を超えていく
実感をもとに伝えていきたい
輪島塗と漆の魅力

桐本 滉平 (きりもと こうへい)
1992年石川県生まれ。江戸時代より漆器製造販売業を営む「輪島キリモト」の8代目。2016年、大学在学中に文部科学省「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」に採用され、パリにて漆器のマーケティングを実践。2018年、The Breakthrough Company GO、TBWA/HAKUHODO、QUANTUMとともに、「科学やデザインの視点で漆を捉えなおす」をコンセプトにした新たな漆のブランド「IKI」を発表。公文式には、小学校低学年から中学1年まで通い、算数・数学と英語を学んだ。

日本の伝統工芸品である漆器、その代表的なブランドのひとつが輪島塗です。桐本滉平さんは、江戸時代から続く輪島塗の老舗「輪島キリモト」の8代目。学生時代にパリで漆器販売を経験し、そこでの学びを活かして、25歳という若さで2018年3月に漆を活用した新ブランド「IKI -by KOHEI KIRIMOTO」をスタートさせました。漆を生業とすることに決めたのにはどんな転機があったのでしょうか。持続可能な産業として漆に向き合い、さまざまなチャレンジに挑み続ける桐本さんに、これまでの道のりと今後の夢についてうかがいました。

東日本大震災を転機に「灯台下暗し」に気づいた

能登半島地震後に経験した忘れられない出来事とともに、私の転機となったのが、東日本大震災でした。震災が発生したあの日、私は大学受験のために上京していましたが、受験予定の国立大学の入試が中止となり、数日して輪島に戻りました。実家で原発事故などのニュースを見ながら、そこで初めて「自分は何のために生きていくのか?」「自分とは?」「日本とは?」「日本が失ったものは何か?」「未来に残していくべきものは何か?」といったことを、ずっと考えていました。

しばらく人とも話さず呆然とテレビを見るような生活をしていましたが、2週間ほどして日本の価値は日本文化にあるのではないかと気づいたんです。「日本の価値」は、よく「人」といいますが、それはやはり「土地」に起因しているもの。その土地が生み出す価値や伝統が、残すべき日本の価値ではないかと思ったんです。

「灯台下暗し」だったんですよね。私がここに生きていられるのも、先祖が代々この地で漆に向き合ってきたから。両親や先祖はもちろん、命をつなげてくれた日本という土地があったからなんです。それで「自分が存在できる理由に恩返しをしていこう」と決めました。

その土地の素材を使って、土地を尊重し、作る人も使う人も、この土地も、みんなが幸せになれる方法を考えて、伝えていこう、と思ったんです。地域で漆の木を育て、国産の木地に漆を塗り重ねて作り、欠けたりしても塗り直して使い続けることができる漆は、まさに持続可能な生産モデルです。あまり知られていないこの漆の価値を、私が「伝えていかねば」と、急に使命感が湧いてきました。

それまでは親や先生、職人さんなど、まわりの目を気にして、ときには自分の気持ちにウソをついていた私ですが、ここで初めて「浪人して商学部に行く」という「自分の意思」を押し通しました。使命を果たすには、「作って、売る」までが必要だと考え、マーケティングを学びたかったんです。

もともと理系を目指していた私の急な文転に、高校の先生はあきれていましたね。そして「浪人はさせられない」と言っていた両親には、「家業を継ぐつもりで“売る仕事”をするのでチャレンジさせてほしい」と懇願しました。なんとか理解してもらえて、輪島から東京に出て予備校に通うことになりました。

パリでのインターンで学んだこととは?

関連記事

2018/06/01更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

調査・研究・アンケート  2016/04/26更新

Vol.148 先輩留学生からのメッセージ

留学とは「発見」! 自分、日本、そして世界と向き合い それぞれの新たな一面を発見できる

学習者・OBOG  2017/07/11更新

Vol.217 「トビタテ!留学JAPAN」の公文生

「一歩踏み出せば楽しいことが待っている」 「答えは自分で見つけるもの」 留学にチャレンジするKUMONのOB・OGたち

バックナンバー

2018/06/01更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2018/03/09更新

Vol.053 株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん

「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2018/01/19更新

Vol.051 ONO BRAND DESIGN代表・デザイナー
小野圭介さん

自分が直感した 好きなことへの熱量を 信じて大切に育もう

2017/12/01更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.261
公文国際学園の寮生活
自立と自律の精神を学ぶ ~仲間とともに夢に向かって~
Vol.260
スイス公文学園高等部(KLAS)の3つの柱
スイスにある日本の高等学校 ~英語・国際感覚だけでない 人間育成~
Vol.259
くもんのカードが発売40周年!
親子でコミュニケーションをとりながら 赤ちゃんのことばの世界を豊かに広げる
Vol.258
認知症予防の新たな取り組み
天理市で 認知症予防分野における 「成果連動型支払事業」が目標を達成
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.049 後編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.049 前編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.048
書写書道教育研究者 宮澤正明先生
人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果
Vol.047
英語教育学者 町田 智久先生
英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。