トップ > 公文式の特長

公文式の特長
~公文式学習とは~

公文式の特長 ~公文式学習とは 解き方を教わるのではなく、自分の力で教材の問題を解く学習法で、
「やればできる」という自己肯定感を育み、
未知の領域にも、自分から挑戦する力を培う。
公文式は、一人ひとりの「可能性の追求」を目指す教育です。

KUMONは、公文式学習を通して、
「自分自身の生きる道を自らの力で切り拓いていける健全で有能な人材」
の育成を目指しています。

KUMONは、できるだけ人生の早い時期に、「自学自習で高校教材」を学習する力を身につけることが、子どもたちにとって、「最も役に立つ」と考えています。

早い時期から自分で学び、「高い学力」と「自分で学ぶ力(自学自習力)」をつけていくという公文式学習法は、子どもたちが将来社会に出て困難な問題に直面した際にも、人に頼ることなく自分で解決方法を考え、夢や目標を実現できる力になります。

公文式は、創始者の「わが子への想い」から始まった学習法です。

子どもが高校に進んだ時、数学がらくにできるようになっていれば、自分の好きなことを追求できるだろう。そのために、家庭では何をしておけばよいか----。

わが子の「自立」を願う父親によって用意されたのは、ルーズリーフに書かれた手作りの計算問題と、自分の力で解き進む自習形式の学習法でした。

「個人別・学力別学習」と「可能性の追求」を何よりも大切にする公文式教育の原型は、すでにこの時に形作られていたのです。

公文式は、現在の年齢や学年に関係なく、
一人ひとりの能力に応じた、
らくにできるところから学習を始めます。

公文式は、人に解き方を教わるのではなく、自分の力で教材の問題を解く学習法です。

まず年齢や学年にとらわれずらくにできるところから始め、子どもたちに、「自分でできた!」「100点が取れた!」「学習が楽しい!」「次に進みたい!」という喜びを通して学ぶ楽しさを育み、自分の力で学力を高めていく基礎を作るためです。

公文式は、らくにできることから始めて、
少しずつ難度を上げながら、高い学力と自分で
学ぶ力を着実に身につけるために「ちょうどの学習」を追求しています。

公文式の「ちょうどの学習」は、「自分の能力の範囲でできる問題だけに取り組む学習」の段階だけではありません。KUMONの指導者は、その子どもの学力の向上に合わせて、少しずつ難易度の高い教材にチャレンジさせていきます。

子どもたちは体を鍛えるトレーニングのように、頭と心に適度な負荷のかかる「ちょうどの学習」を続けることで、「やればできる」という自己肯定感とともに、高い学力を身につけていくことができます。

公文式は、自分で学ぶ学習で学年を越えて進み、
できるだけ早い時期に
高校教材を学習することが目標です。

「ちょうどの学習」を続けることで、子どもたちは自分の頭で考えて問題を解き、つまずいたところもヒントや例題を見て答えを導き出し、「自分で学ぶ力(自学自習力)」を養っていきます。

そして、この自学自習力によって子どもたちは、学年を越えてどんどん高い段階・課題に自力で進んでいくようになります。

だから公文式は、できるだけ早い時期に高校教材を学習することが可能になのです。

つまり公文式は…

一人ひとりの可能性を追求し、
その能力を最大限に伸ばす学習法です。

目の前の学習者一人ひとりの可能性を信じ、その能力をさらに引き出したい。一組の親子から生まれた公文式学習は、その創始者の想いを脈々と受け継ぎながら、常により良いものを求め続ける教材や指導法のたゆまぬ進化により、今や国境や人種、文化や習慣を越えて、世界中の国と地域に広がっています。

なぜ、そんなことができるのか?

公文式の4つの特長をご紹介します。

個人別・学力別学習

公文式は、年齢や学年にとらわれず、一人ひとりの力に応じた「ちょうどの学習」で、「学年を越えて進む」学習法です。学ぶ楽しさやできる喜びを育みながら学力を高め、一人ひとりの能力を最大限に伸ばします。

自学自習で進む

「自ら学ぶ力」を大切にしている公文式では、教材を自分で読み、考え、解き進んでいく「自学自習」形式で学習を進めていきます。答えを自分で導き出していく力は、やがて夢や目標に挑戦する力になっていきます。

スモールステップの教材

公文式の教材は、やさしい問題から高度な問題へ、非常にきめ細かな「スモールステップ」で構成されています。ですから、常に一人ひとりにあった「ちょうどの内容」を、自学自習でスムーズに進んでいくことができます。

KUMONの指導者

「一人ひとりのできること」を見つけて、可能性を引き出す存在。それが公文式の指導者です。学力や個性・気持ちをきちんと把握したうえで、「ちょうどの学習」ができるようにサポートします。

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知病の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。