トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > 全国カヤネズミ・ネットワーク代表 畠佐代子さん(前編)

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/11/06更新

Vol.026 全国カヤネズミ・ネットワーク代表
畠佐代子さん  前編

自分のできることを
一つひとつ積み重ねることで
大きな答えが見えてくる

畠 佐代子 (はた さよこ)
京都府出身。全国カヤネズミ・ネットワーク代表/博士(環境科学)。河川や里山の野生生物の保全に、研究と市民活動の両面から取り組む。滋賀県立大学環境科学部で環境動物学の非常勤講師のほか、東京大学空間情報科学研究センターの客員研究員を務める。著書に『すぐそこに、カヤネズミ 身近にくらす野生動物を守る方法』(くもん出版)など。

身近な野生動物を守りたい―― そんな一途な思いで「全国カヤネズミ・ネットワーク」を立ち上げた畠佐代子さん。体長はわずか6センチほど、体重は10グラムにも満たない程度、オレンジ色の小さな小さなカヤネズミは、自然環境の変化や開発の波に押されてその姿を消しつつあるといいます。小さな命の尊さ、そして研究に保護活動に、畠さんを突き動かす原動力についてうかがいました。

一年の間に二つの生息エリアが潰されてしまった現実

カヤネズミ

現在カヤネズミの生息エリアとなっているこの場所(京都市桂川流域)にたどり着いたのは、いくつかの偶然が重なってのことでした。私がカヤネズミの研究を始めたのが1998年。当時は今ほどカヤネズミのことは知られていなくて、研究もされておらず、どこに生息しているのかもよく分からない状況でした。

最初はとにかくカヤネズミがいそうな場所を本や論文を頼りに足で探して、ようやく出会ったのが、京田辺市にある同志社大学田辺キャンパス近くの休耕田。オレンジ色の小さな生き物を見て、巣も見つけてすごく感動したのを憶えています。ところが次にもう一度そこを訪れてみると、草刈りがされていて、巣もカヤネズミもいなくなっていました。

その後、今度はお茶畑近く、オギやススキが生える小さな茅原(かやはら)で赤ちゃんを見つけて、そこでカヤネズミの親子の観察をずっとしていました。そこが私の最初の調査地ということになりましたが、翌年の春には、開発にともなう土砂捨て場になってしまって……。それからまた探して、この桂川と同じ淀川水系の木津川の堤防に巣をたくさん見つけましたが、調査を再開して1か月後に、またも草刈りによって全滅してしまいました。この桂川を調査地にしたのは、その後です。

たった一年の間に少なくとも二つの調査地が潰されてしまったという現実に、私は危機感を覚えました。日本中でおそらくこんなことがあちこちで起っている、そうなればカヤネズミのような小さな生き物はあっという間にいなくなってしまうのではないか、という危機感です。

カヤネズミのおもなすみかは、オギやススキ、ヨシなどの、背の高いイネ科の植物がたくさん生える草むら(茅原)です。ハツカネズミやクマネズミ、ドブネズミなどの外来種と異なり、人家にすみつくことはありません。昔はふつうに川原や田んぼで出会える生き物でしたが、現在は絶滅の危機にある生きものの情報をまとめた「レッドデータブック」に掲載されるほど、日本から姿をだんだん消しつつあります。その理由は、天敵の増加や食料の不足ではなく、カヤネズミが住める草地の減少です。

そこで、研究と並行しながら保護活動をスタートさせました。それが全国カヤネズミ・ネットワークにつながっています。今は大学で教鞭をとりながら、琵琶湖・淀川水系で、カヤネズミの生態を調べたり、生息環境のモニタリングなどのフィールドワークに取り組み、各地で講演活動も行っています。

動物関係の本を読みあさった子ども時代

関連記事

2015/11/13更新

Vol.026 全国カヤネズミ・ネットワーク代表
畠佐代子さん

自分のできることを 一つひとつ積み重ねることで 大きな答えが見えてくる

バックナンバー

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

2018/06/01更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2018/03/09更新

Vol.053 株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん

「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2018/01/19更新

Vol.051 ONO BRAND DESIGN代表・デザイナー
小野圭介さん

自分が直感した 好きなことへの熱量を 信じて大切に育もう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.261
公文国際学園の寮生活
自立と自律の精神を学ぶ ~仲間とともに夢に向かって~
Vol.260
スイス公文学園高等部(KLAS)の3つの柱
スイスにある日本の高等学校 ~英語・国際感覚だけでない 人間育成~
Vol.259
くもんのカードが発売40周年!
親子でコミュニケーションをとりながら 赤ちゃんのことばの世界を豊かに広げる
Vol.258
認知症予防の新たな取り組み
天理市で 認知症予防分野における 「成果連動型支払事業」が目標を達成
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.049 後編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.049 前編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.048
書写書道教育研究者 宮澤正明先生
人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果
Vol.047
英語教育学者 町田 智久先生
英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。