OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/06/29更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん  後編

「いまの自分」を信じ、
「心の声」を聞いて生きていこう

吉岡 秀人 (よしおか ひでと)
1965年大阪府吹田市生まれ。大分大学医学部を卒業後、大阪、神奈川の救急病院に勤務。1995年から2年間ミャンマーにて医療活動に従事。1997年に帰国し、国立岡山病院、川崎医科大学(倉敷市)で小児外科医として勤務。2003年に再びミャンマーに渡り医療活動に従事。2004年4月、国際医療ボランティア団体ジャパンハートを設立。2017年6月特定非営利活動法人ジャパンハート最高顧問就任。著書に『救う力』(廣済堂出版)、『命を燃やせ ~いま、世界はあなたの勇気を待っている~』(講談社)ほか。

ミャンマーやカンボジア、ラオスなどで無償の医療活動を続ける吉岡秀人さん。2004年に「医療の届かないところに医療を届ける」ことをミッションに、NPO法人ジャパンハートを立ち上げました。いまでは海外のみならず、国内の僻地や離島、大規模災害を受けた被災地の支援のほか、医療人材育成、子どもたちの養育施設の運営など活動の場を広げていますが、そもそもは1995年に吉岡さんがたった一人で始めた活動でした。その力強い行動の源泉は何なのでしょうか。生い立ちを含め、思いを実現するために大切なことについてもうかがいました。

行動をしないと自分の才能のありかが見えてこない


こうして私は、文系から理系に進路を変更し、2浪することになりました。医師を目指すというと、周囲からは「ムリだ」と言われました。小さい頃、大人から「君たちには無限の可能性がある」と言われていたはずなのに、その可能性に挑戦しようという私をみんなが否定する……。だからせめて、「自分だけでも自分の可能性を信じよう」と思いました。そうでないと、この先50歳、60歳になっても自分が何かやろうとしたとき「ムリかな」と自分で線を引いてしまうのではないかと思ったんです。懸命に勉強して、大分大学医学部に合格することができました。

理解されにくいかもしれませんが、もしかしたら私は、自分で自分の未来を知っていたのかもしれません。きっと多くの人は「自分の才能のありか」をわかっているはずなんです。でもそれを見つけるには、行動してアウトプットしていかない限りわからないんです。

ですから私は、若い人たちに「行動しろ」とよく言います。自分で思っている間はイメージだけでしかありませんが、行動すればそれが自分の前に現われます。それで客観視できて、自分は何が得意で何がしたいのか、自分の姿がわかるようになるのです。

医師になって、ミャンマーに行ったのはたまたまです。ミャンマーでは第二次世界大戦の時、ビルマ戦線で多くの日本人が亡くなっていて、その遺族会から「現地で働く医師を探している」との打診があり、ミャンマーとはどんな国かよく知らないまま、とりあえず行きました。

朝から晩まで毎日働き、たくさん患者たちを治療しました。一方、難病を抱えた子どもたちが毎日死んでいく。当時の私には子どもの手術の経験などありませんでした。ただ、目の前でこの光景を見続けることはできないと思い、一旦帰国して小児外科を学ぶことにしました。

6年後の2003年に再びミャンマーに渡り、翌年にはジャパンハートを立ち上げました。現地の方と日本人合わせて6人が手伝ってくれましたが、収入もなく、寄付が集まる見通しもなかった。私の貯金が尽きたら終わりだと思っていたら、時代が味方してくれました。それはインターネットです。衛星回線を立てて日本へ向けて活動の情報発信を続けてきたら、ある企業の社長さんが寄付をしてくれました。次第に支援者も増え、ミャンマー以外での活動も広がっていきました。

人生はスーパーボールのようなもの!?

関連記事

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

2016/07/15更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2018/06/08更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

バックナンバー

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2018/07/13更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

2018/06/01更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2018/03/09更新

Vol.053 株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん

「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.274
公文書写―毛筆教材が新しくなりました!
はじめて毛筆を持つ幼児など あらゆる世代の方々が 学びやすい教材に
Vol.273
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(3)
井上達彦先生
経営学の専門家・井上達彦先生が語る 模倣できない公文式は「究極の学びの場」
Vol.272
公文式の施設導入―
児童養護施設 大村報徳学園
信念を持った大人が集うことで 明日への活力が生まれ 子どもたちの未来が明るくなる
Vol.271
英語もKUMON―北浦三育中学校
「やる気のスイッチ」をオンにする 「丁寧さ」と「楽しさ」 「自学自習」の力を身に付ける一助にも
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.049 後編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.049 前編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.048
書写書道教育研究者 宮澤正明先生
人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果
Vol.047
英語教育学者 町田 智久先生
英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。