OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/07/15更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん  後編

目標に向かって
惜しまず努力をすれば
自分の可能性は広げられる

倉井 友寛 (くらい ともひろ)
三重県生まれ。1998年、スイス公文学園高等部卒業後、カナダ・クイーンズ大学へ進学。アメリカ・コーネル大学大学院修士課程、東京大学大学院博士課程修了後、東大の研究職を経て、国際半乾燥熱帯作物研究所(ICRISAT)へ。現職は、米国農務省に勤務する農務スペシャリスト。

多感な10代を海外で過ごしたことをきっかけに、国際的な課題解決のために貢献したいと視野を広げた倉井友寛さんは、グローバル化する食糧問題や農業政策のフロントランナーとして奔走しています。「スイス公文学園高等部」での学びが、その後の人生を大きく変えたという倉井さんの、「世界から飢餓を無くし、おなかいっぱいになる感覚を世界中の人々に味わってほしい」という壮大な目標の源流を探ります。

自分の進む道を決めた一冊の本との出会い
世界の広さを教えてくれた大学生活

スイス公文学園高等部(以下、KLAS)に進学すると決めた時から、日本の大学に進学する意識はありませんでした。ですから、高校2年生からは迷わず海外の大学に進学するプログラムを選択しました。当時はスタンフォード大学を志望していたので、高校在学中にはスタンフォードのサマースクールにも参加しました。サマースクールにもさまざまな種類がありますが、私が参加したプログラムは大学の単位が取得できるもので、世界中からさまざまなバックグラウンドを持つ高校生が集まっていました。改めて世界の広さを感じると同時に、彼らとの意見交換や会話を通して、それまでの高校生活にはなかったさらなる刺激を受けました。

そこで受講した授業を通して『The Population Bomb』という一冊の本に出会いました。「このままいくと人口が増えすぎて食べ物がなくなる」という内容を含んでいたのですが、高校生の自分にとってそれは衝撃的でした。世界規模で物事を俯瞰して考えるという経験が当時の私には乏しかったこともあるかもしれません。それまで私は国際弁護士に憧れて目指していましたが、この本が食糧問題や関連する国家安全保障問題に関わりたいという目標を持つきっかけになりました。その切り替えは結構早かったですね。

いい意味で若かったのだと思います。「飢餓を無くしたい」という漠然とした目標に、全身でぶつかることができました。しかし、大学受験で志望校への入学は叶わず、私にとって初めての大きな挫折であり、良い意味で自分と向き合い、1 から出直す良い機会となりました。カナダのクイーンズ大学に進学することに対し、入学前は不本意な思いもあったのですが、クイーンズ大学では素晴らしい能力や個性を持つ多様な同世代の人たちに囲まれて、自分の了見の狭さを思い知りました。今では、この挫折もある種の「導き」であり、気持ちも目標も新たに新天地で再出発をしたことが現在の私に繋がっているとさえ思っています。

こうした私自身の経験からも、若い方々には積極的に海外にも飛び出して欲しいですね。一般的には、小学校から中学校、高校、そして大学と少しずつ触れる世界が広がっていきます。それに伴って、出会う人や活動範囲も自宅のある小学校区内から町、県、全国へと広がっていくでしょう。その中でさまざまな新しい価値観や刺激を受けることと思います。国外というさらに大きな枠組みに身を置くことで享受する経験は、グローバル化が進む今後を生きる若い方々にとっては大きな糧になることと思います。

「グローバルに仕事をする」とは?

関連記事

2016/07/08更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2016/05/13更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

KUMONグループの活動  2015/09/08更新

Vol.102 スイス公文学園高等部

「地球人」を育てる、創立25周年を迎えたスイス公文学園高等部(KLAS) スイスの山の上から世界へ飛び立つ!

2016/05/06更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

2017/12/08更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

バックナンバー

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

2018/06/01更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2018/03/09更新

Vol.053 株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん

「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2018/01/19更新

Vol.051 ONO BRAND DESIGN代表・デザイナー
小野圭介さん

自分が直感した 好きなことへの熱量を 信じて大切に育もう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.261
公文国際学園の寮生活
自立と自律の精神を学ぶ ~仲間とともに夢に向かって~
Vol.260
スイス公文学園高等部(KLAS)の3つの柱
スイスにある日本の高等学校 ~英語・国際感覚だけでない 人間育成~
Vol.259
くもんのカードが発売40周年!
親子でコミュニケーションをとりながら 赤ちゃんのことばの世界を豊かに広げる
Vol.258
認知症予防の新たな取り組み
天理市で 認知症予防分野における 「成果連動型支払事業」が目標を達成
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.049 後編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.049 前編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.048
書写書道教育研究者 宮澤正明先生
人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果
Vol.047
英語教育学者 町田 智久先生
英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。