OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん  前編

「いまの自分」を信じ、
「心の声」を聞いて生きていこう

吉岡 秀人 (よしおか ひでと)
1965年大阪府吹田市生まれ。大分大学医学部を卒業後、大阪、神奈川の救急病院に勤務。1995年から2年間ミャンマーにて医療活動に従事。1997年に帰国し、国立岡山病院、川崎医科大学(倉敷市)で小児外科医として勤務。2003年に再びミャンマーに渡り医療活動に従事。2004年4月、国際医療ボランティア団体ジャパンハートを設立。2017年6月特定非営利活動法人ジャパンハート最高顧問就任。著書に『救う力』(廣済堂出版)、『命を燃やせ ~いま、世界はあなたの勇気を待っている~』(講談社)ほか。

ミャンマーやカンボジア、ラオスなどで無償の医療活動を続ける吉岡秀人さん。2004年に「医療の届かないところに医療を届ける」ことをミッションに、NPO法人ジャパンハートを立ち上げました。いまでは海外のみならず、国内の僻地や離島、大規模災害を受けた被災地の支援のほか、医療人材育成、子どもたちの養育施設の運営など活動の場を広げていますが、そもそもは1995年に吉岡さんがたった一人で始めた活動でした。その力強い行動の源泉は何なのでしょうか。生い立ちを含め、思いを実現するために大切なことについてもうかがいました。

5歳のとき吹田駅で見た光景が原点


私が最高顧問を務めている「ジャパンハート」は、発展途上国で国際協力を行う医師・看護師を派遣、アジアの子どもを支援する国際医療ボランティア組織です。もともとは1995年に私がたった一人で始めた活動ですが、いまでは多くの日本人が支援してくれています。

私は最初から「途上国で医者をやろう」と思って医学を学びました。なぜそう思ったかというと、5歳のときに見た光景が原点にあります。当時、吹田駅には暗い地下道があり、そこで手足がない傷痍軍人が物乞いをしていたんです。子ども心に「こわいな」「気持ち悪いな」と感じていました。

そのころはちょうど大阪万博が吹田市で開催され、世界中から人が来ていました。その同じ時代に同じ街の片隅で、物乞いをしないとならない人がいたわけです。もちろん当時はそんなこと考えませんでしたが、中学生くらいになってから、はたと気づきました。私は1965年8月生まれです。つまりほんの20年前は戦争をしていた。もし20年前に生まれていたら毎日空襲から逃げ回っていたかもしれない。

また、1965年は中国で文化大革命が始まった年で、多くの死者が出ました。そして同時期にはベトナム戦争もあった。1970年に入るとカンボジアではポル・ポトが大量虐殺を始めた。韓国は80年代まで軍政でした。そこで、わずかな「時空のずれ」に気づいたのです。わずか20年という時間のずれ、わずか飛行機で1時間という空間のずれにより、人の運命が変えられてしまう。いかに偶然のなかで自分が幸せを享受しているかを悟りました。

それなのに自分はだらだらと生きている。申し訳ない気持ちになりました。そうした思いが心のどこかにずっとあって、いまの自分につながっているわけです。

吉岡さんが公文式学習で養った力とは?

関連記事

2018/06/29更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

2018/06/01更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2017/03/10更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2017/09/08更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

バックナンバー

2018/07/13更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

2018/06/01更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2018/03/09更新

Vol.053 株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん

「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.265
浮世絵に見る明治維新のころの教育
今年は明治維新150年! 浮世絵から見えてくる 当時の「学び」の変化とは?
Vol.264
子育てママ・パパの絵本ランキング
ミーテ会員が選んだ! 出産祝いに おすすめの絵本を発表!
Vol.263
公文式の施設導入-
児童養護施設 日本水上学園
将来の自立につながる学習支援 施設スタッフとの「大切な時間」
Vol.262
国語も算数もKUMON―株式会社ドコモ・プラスハーティ
メンタルヘルスケアにも 社会性の向上にもつながる 公文式による学習意欲 の広がり
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.049 後編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.049 前編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.048
書写書道教育研究者 宮澤正明先生
人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果
Vol.047
英語教育学者 町田 智久先生
英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。