トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター 桐本滉平さん(前編)

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/06/01更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん  前編

過去の自分を超えていく
実感をもとに伝えていきたい
輪島塗と漆の魅力

桐本 滉平 (きりもと こうへい)
1992年石川県生まれ。江戸時代より漆器製造販売業を営む「輪島キリモト」の8代目。2016年、大学在学中に文部科学省「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」に採用され、パリにて漆器のマーケティングを実践。2018年、The Breakthrough Company GO、TBWA/HAKUHODO、QUANTUMとともに、「科学やデザインの視点で漆を捉えなおす」をコンセプトにした新たな漆のブランド「IKI」を発表。公文式には、小学校低学年から中学1年まで通い、算数・数学と英語を学んだ。

日本の伝統工芸品である漆器、その代表的なブランドのひとつが輪島塗です。桐本滉平さんは、江戸時代から続く輪島塗の老舗「輪島キリモト」の8代目。学生時代にパリで漆器販売を経験し、そこでの学びを活かして、25歳という若さで2018年3月に漆を活用した新ブランド「IKI -by KOHEI KIRIMOTO」をスタートさせました。漆を生業とすることに決めたのにはどんな転機があったのでしょうか。持続可能な産業として漆に向き合い、さまざまなチャレンジに挑み続ける桐本さんに、これまでの道のりと今後の夢についてうかがいました。

漆は人間の肌と同じ、水分を吸収して潤う


新技法で開発された擦れに強い漆器

私の実家「輪島キリモト」は、江戸後期の1700年代に「塗師屋(ぬしや)」として創業しました。塗師屋とは、「塗り」と「販売」を兼ねた、いわば製造販売業。その後、昭和の初め、5代目のときに「木地屋」に転業しました。「木地」は原木を彫ったりして漆器のベースをつくる工程です。輪島塗は徹底した分業生産で、各工程に専門の職人がいます。全部で120工程にもなりますが、大きく「木地」「下地塗り」「上塗り」「加飾」の4工程に分けられ、実家ではその土台となる工程を担っていたというわけです。

7代目の父のとき、デザイン提案から仕上げまで行う一貫生産販売体制をとるようになります。いわば、独自路線を歩み出したわけです。「輪島塗」という伝統的工芸品の定義としての技法に加え、金属性のスプーンと一緒に使えるような新技法を創出しています。

「輪島塗」の起源は諸説ありますが、私は室町時代につくられていた説を信じています。約400年も長く受け継がれている理由のひとつは、「土地の力」があること。輪島は漆が育つのに適した風土で、輪島塗の特徴である「輪島地の粉」(漆と混ぜて下地にする珪藻土)を産出する大地があります。そうした土地の力のもとに、職人が集まってきて産地が形成されました。

「もの」として長く使われている理由は、丈夫で長持ちするから。親子孫三代どころか、私が使っているお椀には、「明治44年作」と記されているものもあります。「漆器は手入れが大変」と思われていますが、じつは日々使うことが一番のメンテナンス。人の肌と同じで、水分を吸ったり吐いたりしているので、使って水分を吸って潤うことで長く使えるんです。

逆に1年に1度しか使わないと、水分が抜けてヒビが入ってしまいます。こうした漆の特徴が正しく伝わっていないことはとても残念です。そこで、「漆の魅力をしっかり伝えよう」。もっと言うと「漆を再定義しよう」と、「IKI」というブランドをこの3月に立ち上げました。フランス留学の経験から学んだことが、クリエイターたちと一緒になることで形になったんです。

桐本さんの子ども時代とは?

関連記事

2018/06/08更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

2016/10/07更新

Vol.037 宇宙ベンチャー・株式会社ALE代表
岡島 礼奈さん

可能性に限界はない 目標を大きな山と考えれば、 登り方はいくらでもある

2017/03/10更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

バックナンバー

2018/07/13更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

2018/06/01更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2018/03/09更新

Vol.053 株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん

「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.269
仲間たちとともに60周年
「スーパーカブと素晴らしき仲間たち」展
Vol.268
学習療法の起こり
身近な人々の幸せから 世界の人々の幸せへ
Vol.267
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(1)
片平秀貴さん
ブランド研究の専門家、片平秀貴氏に聞く! 世界に通用するブランドの共通点とは?
Vol.266
千葉県白井市で楽しく認知症予防
市民主体だからこそ生まれる効果
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.049 後編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.049 前編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.048
書写書道教育研究者 宮澤正明先生
人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果
Vol.047
英語教育学者 町田 智久先生
英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。