OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/07/07更新

Vol.045 国連UNHCR協会 島田祐子さん  前編

どんなに難しい問題でも
プロセスを踏めば解決できる
自分は何ができるのかを考えてみよう

島田 祐子 (しまだ ゆうこ)
京都生まれ横浜育ち。地元の公立小・中・高を卒業後、都内の大学にて社会学を学ぶ。卒業後は外資系金融機関に就職、企業のM&Aの提案書作成などに携わり、結婚を機に退職。育児をしながら在宅で企業レポート作成などに従事。その後コンサルティング会社や税理士法人などを経て、2014年から国連UNHCR協会に勤務。現在は企業や団体などの法人を中心に普及活動を担当する。

紛争や迫害などで故郷を追われた人びとを支援するUNHCR(ユーエヌエイチシーアール:国連難民高等弁務官事務所)。本部はスイス・ジュネーヴにあり、活動は各国政府の拠出金のほか、個人や企業など、民間からの寄付によっても支えられています。その民間への広報・募金活動を行う日本の公式支援窓口が、島田さんが勤務する特定非営利活動法人国連UNHCR協会です。外資系企業でキャリアを積んできた島田さんが、転身を図ったのにはどのような背景があったのでしょうか。日本では遠い話になりがちな「難民支援」。島田さんが見出した、そこに関わることの意義、自らのやるべき仕事観について、UNHCRの役割なども含めてうかがいました。

“Nobody Left Outside”を合言葉に
支援が必要な人びとに寄り添う


©UNHCR/Ivor Prickett

今、世界ではシリアや南スーダン、イエメンなど各地で紛争が多発しており、多くの人が故郷を追われています。国連機関のひとつであるUNHCRは、こうした紛争や、宗教・国籍・政治的な意見が違うことによる迫害などが原因で、国外に避難しなくてはならない「難民」と呼ばれる人々、また同じ理由で国内で避難生活を送る「国内避難民」と呼ばれる人々を保護・支援しています。

2016年からは“Nobody Left Outside”(誰も取り残さない)という世界的なキャンペーンを開始し、難民のためのシェルター提供のための資金援助を呼びかけています。シェルターの概念にはテントや仮設住居、都市部に居住する難民・避難民のための家賃補助などさまざまな形が含まれますが、いずれも人が暴力や迫害による肉体的・精神的ダメージから回復し、未来を考え始めるために必要な基盤となるものです。

こうした活動を支えるには人と資金が必要です。日本にはそのための機関が2つあります。ひとつは国連機関である「UNHCR駐日事務所」。主に日本政府との窓口を務めています。もうひとつが、私が所属する「国連UNHCR協会」です。UNHCRの民間向け公式支援窓口として、UNHCRの活動や難民問題を知っていただくための広報活動をしたり、日本の個人や企業・団体などに支援を呼びかけたりしています。UNHCR駐日事務所と国連UNHCR協会は、情報を共有し、緊密に連携して業務にあたっています。

国連UNHCR協会の中で、私は日本の企業や団体などに対して、支援のお声がけをするチームに所属しています。企業による支援の形は、資金提供に限らず、難民の雇用や、本業を活かした事業協力や広報協力などさまざまです。

たとえばユニクロを運営するファーストリテイリングでは、2006年から「全商品リサイクル活動」を通じて回収した衣料を世界中の難民・避難民に届けています。札幌に本社を構える富士メガネは1983年から社員による「海外難民視力支援ミッション」を通じて難民の視力検査と眼鏡の寄贈を続けています。

近年、日本では多くの企業がCSR(企業の社会的責任)やCSV(共通価値の創造)への対応を積極的に行っています。そういった部署への働きかけを通して、難民問題を一緒に考え、行動していきませんか、とご提案するのが私の主な仕事です。

外国に興味を持つきっかけとなった子ども時代の経験とは?

関連記事

2017/07/14更新

Vol.045 国連UNHCR協会 島田祐子さん

どんなに難しい問題でも プロセスを踏めば解決できる 自分は何ができるのかを考えてみよう

2016/12/02更新

Vol.039 車椅子バスケットボール選手
藤澤 潔さん

「どんな自分でいたいか」を イメージして文字に書き起こすと 夢の実現に向けた努力ができる

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2017/03/10更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

バックナンバー

2018/11/09更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2018/07/13更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.281
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(5)
千葉杲弘先生
ユネスコで要職を歴任した千葉杲弘先生が語る 世界の未来と呼応するKUMONの活動
Vol.280
子どものために学び続けるくもんの先生
一人の経験が全員の学びになる 模倣できそうで模倣できない くもんの先生の学びとは
Vol.279
浮世絵に描かれた七五三
子どもは宝 子どもの通過儀礼~七五三
Vol.278
公文式フランス語・ドイツ語の最高齢修了者― 安孫子 保さん
外国語へのあくなき探究心と 先生からのはげましが 仏独2教科修了への原動力に
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.050 後編
大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生
「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう
Vol.050 前編
大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生
「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう
Vol.049
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.048
書写書道教育研究者 宮澤正明先生
人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。