トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > 行動科学者・パブリックヘルス専門家 林英恵さん(後編)

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/10/13更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん  後編

「何になりたいか」ではなく
「何をやりたいか」

林 英恵 (はやし はなえ)
1979年千葉県生まれ。渋谷教育学園幕張高校、早稲田大学社会科学部を卒業後、アルバイトなどを経てボストン大学教育大学院教育工学科へ入学。ユニセフのインド事務所でインターンとして勤務後、2007年に外資系広告代理店のマッキャンヘルスケアワールドワイドジャパンに入社。同年、ハーバード公衆衛生大学院修士課程(ヘルスコミュニケーション専攻)に合格。会社員として働きながら大学院にも通い、ハーバード公衆衛生大学院にて修士号と博士号を取得。著書に『それでもあきらめない ハーバードが私に教えてくれたこと』(あさ出版)。現在は、同社でニューヨークに拠点があるマッキャングローバルヘルス部門のアシスタントディレクターをしながら、研究活動にも従事している。ヨガ講師の資格を持ち、日米のコミュニティで料理とヨガを通じた活動を行っている。

「一人でも多くの人が与えられた寿命をまっとうできる世界をつくること」――それを自身の使命とし、国際機関や政府機関、自治体、企業などの健康プログラムの戦略開発を行う林英恵さん。いまでこそ日米を行き来してご活躍されていますが、20代のころは、希望していたマスコミ各社にことごとく落ち、家にこもりがちになったこともあったそうです。そこからどのようにして立ち上がり、「本当にやりたいこと」を実現しているのでしょうか。その道のりやキャリアの積み重ね方について、生い立ちを交えてうかがいました。

「みんな違って当たり前」というアメリカの教育

アメリカに興味を持ったのは、もともと幼少の頃から海外志向があったので、自然な流れでした。具体的に考えるために、大学3年生の時にインターネットで見つけた留学の説明会に行ったのがきっかけです。そこで講演されていたのが、今は亡き実業家の野村るり子さんです。この出会いがひとつの転機となりました。「海外留学を経て一生の仕事を手に入れた」という彼女はものすごくキラキラしていて、本当に素敵でした。これから就職活動をしようというときに、ハーバード大学への大学院留学を勧めてくれたのも野村さんでした。

でもハーバード大には2度不合格。就職活動も結局うまくいかず、ひとつだけ合格したボストン大学教育大学院に行くことになります。

「日本で就職できなかったからアメリカに行く」という、敗者の気持ちで渡ったアメリカでしたが、今の自分の人生にとってアメリカは、なくてはならない大事なものになりました。ボストン大学大学院時代に、パブリックヘルス(公衆衛生)分野と出会ったのです。しかも、その授業は本来履修するはずではなく、間違えて取ってしまったものでした。こういう不思議な偶然や、大きな流れを「ありがたく」受け入れていったら、人生が上向き始めました。

大学時代、伝えること、そして「命」に興味があった私は、大学時代の日記に「医学と国際政策の真ん中あたりの仕事をしたい」と書いていました。当時はやりたいことをどう表現していいかわからず、またそれができる職業も知らなかったので、精一杯のイメージで書いたことばでしたが、それがまさに「パブリックヘルス」でした。医療は、医師や医療従事者が患者さんと1対1で病気を治す分野です。一方、パブリックヘルスは政策や社会の仕組みを通じて大勢の人を健康にしたり病気を予防したりする分野です。間違えて取ってしまった授業を聞いているうちに「私がやりたかったのはこれだ!」と感じました。全てが英語という新しい環境の中で、授業についていくのも必死でしたが、パブリックヘルスに出会ってからは、とてもうれしくて、楽しくて、毎日があっという間でした。 こうして目の前のやるべきことに集中していくうちに、いつの間にかずっと消えることのなかった、将来に対する不安な気持ちが消えました。

その後、ユニセフのインド事務所でヘルスコミュニケーションのインターンとして働きました。勤務中に、ハーバードでヘルスコミュニケーションの修士の専攻課程ができることを知り、応募。3度目にしてやっとハーバードに合格しました。

そうして、その頃ようやく「新聞記者でなくてもいいのかもしれない」という気持ちが芽生えはじめました。自分の中での執着を手放せるようになると、いろいろなことがうまくいくようになりました。目的を果たすための職業は手段にすぎず、自分が登る山さえ決めれば、行き方はいろいろある。そう自然に思えるようになったことで、将来について悩むことがなくなりました。

ハーバード大に行くと、学生も教授も悔しかったり壁にぶち当たったりした経験をしていない人はいないこともわかりました。また、日本との教育の違いにも目からウロコでした。印象的だったのは、「君には君のすばらしさがあるから、自信を持って前に進め」という教授の言葉です。苦手なことは恥ずかしいことではない。一人で世の中を変えていこうなんて無理で、それぞれの人が得意なところを提供しあってチームとして、良い社会を作っていくことの重要性を体感しました。1日かかってやっと仕上げた統計の宿題を、ある友達はほんの40分くらいで仕上げていたり。その逆も然りで、私がウキウキしながら解ける理論の問題を友達が数時間以上頭を抱え込んでいたりなど、このような場面を何度も体験しました。

私が得意な分野をもっと伸ばし、苦手な分野は、それを得意だと思う人と組むことで、いろんなことの効率が良くなると素直に思えたのです。

私は、ハーバードに行く前、自分に自信がありませんでした。ですので、「苦手だ」ということも「負け」を認める感じで悔しかったのです。でも、ハーバードで「悔しい」といったレベルではなく、心からすごいと思える友人や先生たちに出会い、彼らと一緒に、社会を変えていきたいと謙虚な気持ちを持てるようになりました。また、得意な部分に自信を持つことができたことも大きかったと思います。これは、苦手なことを放棄したり諦めることではありません。苦手なところも得意なところも全て受け入れる。そこで、自分は何ができるのかと考える視点です。

全て一人で何でもできる人はいません。苦手なことは、苦手なことをサポートしてくれるチームを作れば良いのです。私は今でも、事務作業や細かい数字の計算が相変わらず大の苦手ですが、優秀でやさしいスタッフや仲間の研究者のおかげで、いろいろな仕事に楽しく取り組むことができています。そのおかげで、私は大きな絵を描いたり、チームをまとめたりすることに専念できています。思えば学級委員などをよくやっていたので、小さい頃から「息を吸うようにできること」は、あまり変わらないのかもしれません。

親御さんは、その子が目をキラキラさせる瞬間に出会えるような環境をつくってあげたり、刺激にさらしてあげるとよいのではと思います。その子が目を輝かせる瞬間に、その子の魂が現れていると感じるからです。

林さんから子どもたちへのメッセージ

関連記事

2017/10/06更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」  

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

学習者・OBOG  2017/07/11更新

Vol.217 「トビタテ!留学JAPAN」の公文生

「一歩踏み出せば楽しいことが待っている」 「答えは自分で見つけるもの」 留学にチャレンジするKUMONのOB・OGたち

バックナンバー

2018/03/09更新

Vol.053 株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん

「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2018/01/19更新

Vol.051 ONO BRAND DESIGN代表・デザイナー
小野圭介さん

自分が直感した 好きなことへの熱量を 信じて大切に育もう

2017/12/01更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2017/11/10更新

Vol.049 パティシエ 本間友梨さん

地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.257
世界の公文式教室-気づき編
”できた!”の達成感は 大きな自信になる ~気づき編~
Vol.256
英語で視野を広げよう
地球社会の一員として、 未来への一歩を踏み出そう ~第10回 Ambassadors of Peace Network」(APN)開催~
Vol.255
ギリシャでのKUMON
子どもたちの心に火を ~自ら学ぶ姿勢を育む~
Vol.254
「読み・書き・計算」トレーニングで
脳を活性化!
「川島隆太教授の 脳を鍛える大人のドリル」 発売15周年!
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.049 後編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.049 前編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.048
書写書道教育研究者 宮澤正明先生
人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果
Vol.047
英語教育学者 町田 智久先生
英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。