KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2016/07/19更新

Vol.163 くもんの小学生向けドリル  

家庭学習だからこそ育みたい
“自学自習”の芽
くもんの小学生向けドリル
~夏休みにオススメのドリルを紹介!~

「どんな子どもにも、家庭学習で“できる!”自信をつけてほしい」――そんな願いから出版された「くもんの小学ドリルシリーズ」は四半世紀を超えるロングセラーとなっています。今回は、くもん出版編集部長の泉田義則に、ドリルに込めた思いや、くもんのドリルならではの特徴について聞きました。

Q.くもんの小学生向けドリルが誕生したきっかけを教えてください。


くもん出版 編集部長 泉田義則

くもんの小学生向けドリルが誕生したのは、1989年のことです。最初に発売された「くもんの小学ドリル計算シリーズ」は四半世紀の間、変わらず好評をいただいています。

小学生向けドリルの出版に至った一番の理由は、家庭学習にも公文式のメソッドである「子どもの“できる”を大切にした、自学自習の学習方法」を取り入れて、子どもたちの学習に対する意欲向上に貢献したいという思いがあったからでした。そのため、ドリルを制作するうえで大事にしたのは、いかに公文式のメソッドを応用したものにできるか、ということでした。

公文式教室では先生がいて、子どもの学習のようすを見てコミュニケーションを図りながら、教材を進めていくことができます。しかし、一般のご家庭ではそうはいきません。だからこそ、いかに子どもたちがやりたくなり、自力で学び、「できる!」という自信が湧くドリルにできるか。

ドリル制作にあたっては、モニターの子どもたちを対象にパイロット版のドリルを試してもらい、実際に子どもが解いているようすを見て、検証しています。子どもの手が止まり、順調に解けないような箇所があれば、難易度をなだらかに調整するなど、もっといいものに修正をしていきます。公文式教室の教材制作者が心がけている「子どもから学ぶ」という視点。ドリルの制作においても、そのことを常に心がけています。

Q.くもんの小学生向けドリルの特徴を教えてください。

一般に、ドリルには「評価型」と「習熟型」と大きく2種類のタイプがあります。「評価型」は、いま何ができて、何ができていないかを評価をするもの。一方「習熟型」は、いま何につまずいているかをあぶりだすのではなく、解き進めながら力をつけることを目的としています。「くもんの小学ドリル」は、公文式教室と同じようにがんばったらできるという達成感を得ながら、少しずつステップアップしていく「習熟型」のドリルを目指しています。

私たちは基礎を大切にしています。例えば、『くもんの小学ドリル1年生のたしざん』では、初めてたし算の計算式が出てくるのは15回。14回までは、数の並びについてくり返し学習します。これは、たし算をスムーズに進めるには「数の並びがきちんと理解できていることが必要」という公文式算数教材の考え方にのっとったものです。また、学年があがった時にも必ず前の学年の復習から始めます。2年生であれば1年生で習った一けたのたし算、ひき算のページがまず用意されているのです。

『くもんの小学ドリル1年生のたしざん』620円(税抜)
 
これは単に解ければ良いという考えではなく、必要な基礎を正しい順番で積み上げることで、確かな力を得てほしいという思いからです。この“下積み”こそが、学年があがって難しくなったときにつまずかないために大切になってきます。公文式の「できた!」「わかった!」は、表面上のものではなく、しっかりとした土台の上にある力。それをドリルにも、取り入れているのです。
 

関連記事

KUMONグループの活動  2014/10/28更新

Vol.060 幼児ドリル全面改訂

大ヒットシリーズ・幼児ドリル 全面改訂の背景”子どもたちの可能性”を体感していただき、さらに高めていくために

KUMONグループの活動  2014/04/08更新

Vol.031 ジグソーパズル

くもんのジグソーパズルの楽しみ方 プリント教材と同じ”ちょうど”という考え方が活きてきます

KUMONグループの活動  2016/10/27更新

Vol.092 くもん出版‐外国語版ドリル「Kumon Workbook」

くもんのドリル 「Kumon Workbook」が 海外でも大好評! 累計売上1500万部のヒットの秘密 9つの言語に翻訳され世界57か国・地域で販売

KUMONグループの活動  2014/06/24更新

Vol.042 くもん出版の辞書づくり

辞書づくりも 「子どもから学ぶ」 くもん出版の辞書の大切にするもの

KUMONグループの活動  2013/09/24更新

Vol.004 日本おもちゃ大賞2013大賞受賞「わごむパターンボード」

公文式の考え方をおもちゃで実現 「わごむパターンボード」開発者に聞く 子どもたちの成長にこだわった玩具開発ストーリー

バックナンバー

KUMONグループの活動  2018/09/18更新

Vol.273 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(3)
井上達彦先生

経営学の専門家・井上達彦先生が語る 模倣できない公文式は「究極の学びの場」

KUMONグループの活動  2018/09/11更新

Vol.272 公文式の施設導入―
児童養護施設 大村報徳学園

信念を持った大人が集うことで 明日への活力が生まれ 子どもたちの未来が明るくなる

KUMONグループの活動  2018/08/24更新

Vol.271 英語もKUMON―北浦三育中学校

「やる気のスイッチ」をオンにする 「丁寧さ」と「楽しさ」 「自学自習」の力を身に付ける一助にも

KUMONグループの活動  2018/08/21更新

Vol.270 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(2) 田島信元先生

発達心理学者・田島信元先生が語る 公文式学習は「自己効力感」の積み重ね

KUMONグループの活動  2018/08/10更新

Vol.269 仲間たちとともに60周年

「スーパーカブと素晴らしき仲間たち」展

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.057 後編
イラストレーター ももろさん
成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる
Vol.057 前編
イラストレーター ももろさん
成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる
Vol.056
朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん
人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう
Vol.055
小児外科医 吉岡 秀人さん
「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.049 後編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.049 前編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.048
書写書道教育研究者 宮澤正明先生
人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果
Vol.047
英語教育学者 町田 智久先生
英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。