トップ > KUMON now! > トピックス > 子どもの家庭学習調査(2)家庭学習をうまくいかせる3つのポイント

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

子育て・家庭学習  2016/01/05更新

Vol.127 子どもの家庭学習調査(2)家庭学習をうまくいかせる3つのポイント  

家庭学習をうまくいかせるためには
「学習する時間を決める」「親も楽しむ」
「普段からのコミュニケーション」
がポイント

KUMONでは、2015年8月、小1~小3の子がいる共働き世帯の母親を対象に、「家庭学習」についての実態調査を実施しました。KUMON now!では、この調査結果を全3回にわたってお伝えしています。第2回目の今回は、「調査から見えた『家庭学習をうまくいかせるための3つのポイント』」をお伝えします。

【「共働き世帯の子どもの家庭学習調査」結果】
第1回:子どもの家庭学習の現状と母親が思い描く理想の家庭学習の状態について※
第2回:調査から見えた「家庭学習をうまくいかせるための3つのポイント」(今回)
第3回:家庭学習が「うまくいっている」家庭から学ぶ、親の観察ポイントとは?

※第1回の調査結果は、記事末尾の関連リンクからご参照ください。

 

ポイント1: 学習する時間を決める

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:小1~小3の子がいる共働き世帯の母親1,000人
調査期間:2015年8月28日~8月30日

親の意識・行動として「平日の家庭学習の開始時間を把握している」(57.7%)、「その日にやった家庭学習の内容を終了後に確認している」(52.0%)の2項目は、「あてはまる」と回答した人が全体の半数を超えていました。

この結果を、家庭学習が「うまくいっている」「うまくいっていない」という状況別にみると、「平日の家庭学習の開始時間を把握している」という項目に対して「あてはまる」「ややあてはまる」と回答したのは、「家庭学習がうまくいっている」家庭で65.3%、「家庭学習がうまくいっていない」家庭は43.1%という結果で、13項目のうち一番差が大きい結果でした。

一方、「うまくいっていない」家庭では、「気がつくと学習に関してがみがみと怒っている」(66.3%)、「子どもの学習を毎日促している」(64.5%)が高率でした。この結果から、「うまくいっていない」家庭は、子どもの学習に関して“促しが必要”であり、このことによって母親が怒りがちであるという状況が浮かんできました。学習する時間が決まっている(親子で決めている)のが、家庭学習をうまくいかせるポイントの一つであると言えそうです。

【グラフ1】
Q. あなたの小学1年生~3年生のお子さまの学習状況や態度について、あなたの意識や行動として近いものをお選びください。

 

 

ポイント2: 親も楽しむ

もう一つKUMON now!が注目したのが、「子どもとの家庭学習の時間が楽しみだ」という項目に対する回答です。この項目に対して、「うまくいっている」家庭の15.6%の方が、「あてはまる」と回答していました。(「うまくいっていない」家庭では、「あてはまる」と回答したのは、6.5%。)この結果から、親も一緒に家庭学習を楽しむ気持ちを持つことも、家庭学習をうまくいかせるポイントの一つと言えそうです。小学生になると、「学習は自分でするもの」と親は考えがちですが、特に小学校低学年のうちは、親が一緒に家庭学習を楽しみながら取り組むことで、学習習慣づけによい影響があるかもしれません。

 

ポイント3: 普段からのコミュニケーション

今回の調査では、普段の生活における親子のかかわりと家庭学習状況の相関が見てとれました。共働き家庭で親と子が一緒に過ごす時間は、平均で「1時間38.7分」でした。この結果は、「うまくいっている」家庭と「うまくいっていない」家庭で大差はありませんでした。

親子で過ごす時間の過ごし方は、「テレビを一緒にみる」(69.0%)、「買い物に一緒に行く」(63.8%)、「一緒にお風呂に入る」(61.1%)が6割台で挙げられました。家庭学習の取り組み別に比べると、「うまくいっている」家庭は「テレビを一緒にみる」を除く全ての項目で「うまくいっていない」家庭のスコアを上回る結果が出ました。この結果から、「うまくいっている」家庭は、子どもと様々なことをして過ごしている様子がうかがえます。

【グラフ2】
Q. あなたは、小学1年生~3年生のお子さまと、普段どのように過ごしていますか?

 

また、子どもとの会話で話題にあがるのは、「学校での出来事全般」(74.1%)、「友達について」(60.0%)、「子どもの興味のあることについて」(51.2%)の項目がトップ3でした。 家庭学習が「うまくいっている」家庭では、全項目で「うまくいっていない」家庭のスコアを上回り、親子で多くの話題を共有している様子がうかがえます。

【グラフ3】
Q. あなたが、小学1年生~3年生のお子さまとの会話で、話題に多く上がるのは何ですか?

 

これらの結果から、家庭学習が「うまくいっている」と感じているママは、会話や遊び、勉強といった日常の基本的な生活の場面を子どもと共に過ごしており、学習に限らず生活全般で子どもとの関わりがスムーズである様子がうかがえます。それによって、家庭学習も「うまくいっている」と感じているとも考えられます。

 

関連リンク

子どもの家庭学習調査(1)家庭学習の現状と理想|KUMON now!
子どもの家庭学習調査(3)大事な親の観察力、注目すべきポイントは?|KUMON now!
共働き世帯「家庭学習」に関する調査|プレスリリース

関連記事

調査・研究・アンケート  2015/12/07更新

Vol.119 子どもの家庭学習調査(1)家庭学習の現状と理想

家庭学習は母親の大きな悩み 母親が求めるのは「みずから進んで学ぶ姿勢」

子育て・家庭学習  2016/02/01更新

Vol.133 子どもの家庭学習調査(最終回)大事な親の観察力、注目すべきポイントは?

家庭学習が うまくいっている家庭から学ぶ 親の観察ポイントとは

子育て・家庭学習  2018/01/30更新

Vol.243 父親と母親を比較!子の学習状況、どれだけ把握していますか?

家庭学習調査から見える 母親と父親の「子の生活や学習への関わり方」の違いとは?

子育て・家庭学習  2017/04/04更新

Vol.202 家庭学習調査2016(3)
家庭のスタイル別家庭学習の実態

専業主婦家庭と共働き家庭、 家庭学習の実態に差はほとんどない 共働き家庭は「自律」を重視

子育て・家庭学習  2016/06/14更新

Vol.156 わが家の家庭学習-KUMON編

習慣づけるには 「楽しい」「どんどん進みたい」という 子ども自身の思いから

バックナンバー

KUMONグループの活動  2018/10/16更新

Vol.277 English Immersion Camp 2018

英語をツールに広がる世界 ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2018開催~

KUMONグループの活動  2018/10/09更新

Vol.276 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(4) 伊藤健先生

社会的投資の専門家、伊藤健先生が語る KUMONは「イノベーション」を作り出す企業

学習者・OBOG  2018/10/02更新

Vol.275 ビーチテニス選手として活躍する公文式OB

ビーチテニスに生きている 公文式学習で身につけた力

KUMONグループの活動  2018/09/25更新

Vol.274 公文書写―毛筆教材が新しくなりました!

はじめて毛筆を持つ幼児など あらゆる世代の方々が 学びやすい教材に

KUMONグループの活動  2018/09/18更新

Vol.273 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(3)
井上達彦先生

経営学の専門家・井上達彦先生が語る 模倣できない公文式は「究極の学びの場」

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.058 後編
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。  
Vol.058 前編
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
Vol.057
イラストレーター ももろさん
成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる
Vol.056
朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん
人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.050 後編
大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生
「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう
Vol.050 前編
大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生
「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう
Vol.049
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.048
書写書道教育研究者 宮澤正明先生
人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。