スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/12/16更新

Vol.039 飛込競技選手 寺内健さん  前編

「1.6秒」の演技に
積み重ねた鍛錬のすべて凝縮
最高瞬間を迎えたいからを尽くす

寺内 健 (てらうち けん)
兵庫県出身。生後半年から水泳を始め、小学5年生のときに競泳から飛込に転向、以後通算5大会でのオリンピック出場を果たす。五輪での最高位はシドニーでの高飛び込み5位。2001年の世界選手権では、3m飛び板飛び込みで日本人初となる銅メダルを獲得。現在ミキハウスに所属し、東京五輪で通算6度目のオリンピック出場を目指す。

16歳で初出場したアトランタ五輪に始まり、シドニー、アテネ、引退を決意した北京を経て、サラリーマン生活を挟んだのちに現役復帰を果たし、5度目となるリオデジャネイロ五輪に出場。長きにわたり日本の飛込競技のエースとしてけん引し続けてきた寺内健さんは今、「飛込道の集大成」として2020年の東京五輪を目指しています。厳しい競技の道を選びながら、なお前に進むことをやめない寺内さんに、あきらめないで積み重ねる力の秘訣を伺いました。

オリンピックの厳しさを知ったリオ五輪


(撮影)Hiroyuki Nakamura/PICSPORT

リオデジャネイロは……そうですね、今までのオリンピックとは少し違う思いがありました。肉体も精神も、いい意味でピークを迎えていました。たしかに風の影響がないと言ったらウソになりますけど、どの選手も同じ条件下で試合をしている中では、あのタイミングでダイブした自分の判断にミスがありました。そのミスは自分の実力のなさだと今は思います。(※結果は残念ながら予選敗退)

それに関してはやはり悔しいです。自分の中では毎回集大成だと思いながら試合をしていますので。ただ、現役から離れて数年経たないと、あれが自分のピークだったとはわからないと思うんですよね。今年よりももしかしたら4年後の方がいいかもしれないですし。だからこそ、日々のトレーニングが重要になってきている。そういう意味では5回目の出場にして初めてオリンピックの難しさがわかったのかもしれません。

もともと転向したきっかけは、苦しい競泳よりも、飛込はぴょんぴょん跳ねるとても楽しそうな競技に見えたからです。ところがいざ、オリンピックを目指してみると、練習量がものすごく多くて……1日2時間の競泳の練習ですらいやだと言っていた子どもが、気付いたら一日11時間やらなければいけない状況になってしまったんです(苦笑)。休みといえばお正月、それも元旦にプールに行って、コーチに「明けましておめでとうございます」のあいさつをして、そのあと2時間のトレーニングはほぼオフだと思っていたくらいですから。

飛込競技の演技は、一本約1.6秒です。その1.6秒にどう真髄を詰め込むか、練習してきたものだけではなく、その土台にある人間性までも問われる気がします。それが選手としてパフォーマンスをする僕からみた飛込競技の魅力ですね。たった1.6秒に選手が積み重ねてきたすべてを凝縮するというのは本当にすごいことだと思うんです。

寺内さんが中学時代に「息抜き」と思っていたこととは?

関連記事

2016/12/22更新

Vol.039 飛込競技選手 寺内健さん

「1.6秒」の演技に 積み重ねた鍛錬のすべてを凝縮 最高の瞬間を迎えたいから力を尽くす

2017/05/12更新

Vol.043 海洋冒険家 白石康次郎さん

自分の幸せのために 思いの方向に舵を切ろう

2013/09/20更新

Vol.001 発達心理学者 藤永保先生

人間は学び続ける存在 「自分が向上した」という 自覚がもてる学びを

2013/10/18更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生

ヒトには「学びたい」という本能があり、「やった!」「できた!」で強化される

2017/03/24更新

Vol.042 社会的投資研究者 伊藤健先生

「誰かのために」と考えたとき はじめて学びに対する意欲が湧く 「自分ごと」と「社会ごと」を重ねてみよう

バックナンバー

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2018/04/20更新

Vol.048 書写書道教育研究者 宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

2018/03/23更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

2017/12/22更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.273
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(3)
井上達彦先生
経営学の専門家・井上達彦先生が語る 模倣できない公文式は「究極の学びの場」
Vol.272
公文式の施設導入―
児童養護施設 大村報徳学園
信念を持った大人が集うことで 明日への活力が生まれ 子どもたちの未来が明るくなる
Vol.271
英語もKUMON―北浦三育中学校
「やる気のスイッチ」をオンにする 「丁寧さ」と「楽しさ」 「自学自習」の力を身に付ける一助にも
Vol.270
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(2) 田島信元先生
発達心理学者・田島信元先生が語る 公文式学習は「自己効力感」の積み重ね
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.057 後編
イラストレーター ももろさん
成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる
Vol.057 前編
イラストレーター ももろさん
成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる
Vol.056
朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん
人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう
Vol.055
小児外科医 吉岡 秀人さん
「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。