スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2016/12/22更新

Vol.039 飛込競技選手 寺内健さん  後編

「1.6秒」の演技に
積み重ねた鍛錬のすべて凝縮
最高瞬間を迎えたいからを尽くす

寺内 健 (てらうち けん)
兵庫県出身。生後半年から水泳を始め、小学5年生のときに競泳から飛込に転向、以後通算5大会でのオリンピック出場を果たす。五輪での最高位はシドニーでの高飛び込み5位。2001年の世界選手権では、3m飛び板飛び込みで日本人初となる銅メダルを獲得。現在ミキハウスに所属し、東京五輪で通算6度目のオリンピック出場を目指す。

16歳で初出場したアトランタ五輪に始まり、シドニー、アテネ、引退を決意した北京を経て、サラリーマン生活を挟んだのちに現役復帰を果たし、5度目となるリオデジャネイロ五輪に出場。長きにわたり日本の飛込競技のエースとしてけん引し続けてきた寺内健さんは今、「飛込道の集大成」として2020年の東京五輪を目指しています。厳しい競技の道を選びながら、なお前に進むことをやめない寺内さんに、あきらめないで積み重ねる力の秘訣を伺いました。

選手としての「深みを増す」ために必要なこと

「飛込は怖くないか?」と、よく聞かれます。もちろん怖いです。でもその恐怖心は持ち続けていなければいけないと思うのです。むしろ恐怖心というネガティブな部分をどうエネルギーに変えるか。恐怖心を突き詰めて、今自分は何をしなければならないかというところに行き着くことが、最大の集中になります。恐怖心を「無くす」のではなく、別の力に「変える」。そしてそれは競技だけでなく、日々の生活のなかで培われるものだと思うんです。

最近の若い選手を見ていると、練習でやってきたことだけを考えすぎて、「上手いんだけど強くない」と思える選手が多い印象です。それはどういうことかというと、練習では上手いのに、試合で“100%以上”のものが出せない。練習以外の場所でどういうものを見て、どういう人と話して、どういうことを感じるか、が足りないんです。競技のための練習に加えて、五感を研ぎ澄ますことが、すべてをエネルギーに変えるためにはすごく大事です。

僕にとってそれは、「音楽」と「ファッション」でした。音楽を聴いていると試合前は集中し、練習後は解放的になる。音楽やファッションを通じて知り合った、違う業界の方から応援していただくことが、自分にとってすごくエネルギーになりました。競技の「深みが増す」といったほうがいいのかもしれません。とくにヒップホップは、お金のないところから自分たちのものを作り出したという点で、飛込競技とちょっと似ていると思うんです。

この年齢になって意識することは、最高の状態をさらに1%でも上げるのがどんなに難しいことかということ。若い選手の目の前に広がる大きな道に比べて、経験があるぶん、僕はものすごく細い道を歩いているんだと思うんです。だったらこの細い道をどれだけ強くするか。だから貪欲に色々なものに触れていこうと思うし、それこそ「道を究める」ということなんじゃないかなと思っています。

寺内さんを救った言葉とは?

関連記事

2016/12/16更新

Vol.039 飛込競技選手 寺内健さん

「1.6秒」の演技に 積み重ねた鍛錬のすべてを凝縮 最高の瞬間を迎えたいから力を尽くす

2017/05/19更新

Vol.043 海洋冒険家
白石康次郎さん

自分の幸せのために 思いの方向に舵を切ろう

2016/10/28更新

Vol.037 日本文化、デジタル・アーカイブ学研究者
赤間亮先生

世の中に貢献するために 自分の好きなことを突出させよう

2017/02/10更新

Vol.041 プロゴルファー 武尾咲希さん

一打一打の積み重ねが 高みにつながるから 「結果」に至る「内容」を大切に

2016/12/09更新

Vol.039 車椅子バスケットボール選手
藤澤 潔さん

「どんな自分でいたいか」をイメージして文字に書き起こすと 夢の実現に向けた努力ができる

バックナンバー

2018/09/28更新

Vol.050 大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生

「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2018/04/20更新

Vol.048 書写書道教育研究者 宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

2018/03/23更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

2017/12/22更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.281
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(5)
千葉杲弘先生
ユネスコで要職を歴任した千葉杲弘先生が語る 世界の未来と呼応するKUMONの活動
Vol.280
子どものために学び続けるくもんの先生
一人の経験が全員の学びになる 模倣できそうで模倣できない くもんの先生の学びとは
Vol.279
浮世絵に描かれた七五三
子どもは宝 子どもの通過儀礼~七五三
Vol.278
公文式フランス語・ドイツ語の最高齢修了者― 安孫子 保さん
外国語へのあくなき探究心と 先生からのはげましが 仏独2教科修了への原動力に
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.059 後編
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.059 前編
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.058
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
Vol.057
イラストレーター ももろさん
成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。