スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2013/10/18更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生  前編

ヒトには「学びたい」という本能が
あり、「やった!」「できた!」
強化される

泰羅雅登 (たいら まさと)
1954年三重県生まれ。東京医科歯科大学歯学部卒業。同大学大学院歯学研究科博士課程修了。
現在、東京医科歯科大学 大学院歯学総合研究科 認知神経生物分野教授。

読み聞かせは「心の脳」に働きかけ、豊かな感情を育む――読み聞かせの効果を科学的に初めて実証した泰羅雅登先生。今回は脳科学者である泰羅先生に、読み聞かせと脳の関係や、脳の研究を志したきっかけ、学びについての想いなどをうかがいました。

*泰羅雅登先生は2017年7月8日にご逝去されました。故人のご功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

小学生時代に「原子力」と「脳」の本に興味をもったことが、今のボクの原点

平面に描かれた絵が立体的に見える、という経験はどなたもお持ちでしょう。なぜそう見えるのか、そのとき脳はどのように活動しているのか。僕はそんな脳の機能の研究を続けてきました。神経の動きから脳の働きを解明する研究で、「神経生理学」といいます。わかりにくいので、一般的には「脳科学」といっています。

なぜ脳の研究をするようになったかと問われれば、ひとつ思い当たることがあります。それは、小学校の図書室にあった、図鑑のようなシリーズ本との出会いです。何冊かのシリーズのうち、とても興味があったのが、「原子力」の本と「脳」の本でした。「原子力」の本については、町工場を営んでいた叔父がいたため、モノづくりへの関心が高かったのだと思います。

一方、「脳」の本は、よく図鑑にあるようなヘビの脳に始まり、いろいろな動物の脳、そしてヒトの脳までが図解されたもので、それに強く引き付けられ、関心をもつようになった……ような気がしています。実はこの記憶は後付けで作られたものかもしれないのですが、原点として子ども時代にこの2つに関心があったことはたしかです。

僕は三重県で生まれ育ち、小学校は当時としては非常にユニークな教育を実践していた私立校に通学していました。学校はこじんまりとしていて、先生方の目も隅々までとどくし、同級生もみんなが一緒という感じで、学校生活は楽しかったです。魅力的な先生方と出会い、そのためか、成績もそこそこ良かったのですが、運動は姉と比べてあまりできませんでした。けれども、中学ではバスケットボール部に所属し、県大会で優勝。これで運動にも自信がつきました。

迷いが生じた学生時代とは?

関連記事

2013/10/25更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生

ヒトには「学びたい」という本能があり、「やった!」「できた!」で強化される

2014/10/24更新

Vol.014 脳科学者 中村克樹先生

“できたらすぐにほめる”の くり返しで子どもは伸びていく

2014/10/31更新

Vol.014 脳科学者 中村克樹先生

“できたらすぐにほめる”の くり返しで子どもは伸びていく

2014/02/21更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、過去を知って未来につなぐこと子どもたちに伝えたい“夢をかなえるための4つの約束“

2014/02/28更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、過去を知って未来につなぐこと子どもたちに伝えたい“夢をかなえるための4つの約束“

バックナンバー

2017/12/22更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

2017/07/21更新

Vol.044 絵本作家・童話作家 正岡慧子さん

心に思うと現れる 誰にも必ず訪れる人生の分かれ道で どう道を選ぶかが大切

2017/05/12更新

Vol.043 海洋冒険家 白石康次郎さん

自分の幸せのために 思いの方向に舵を切ろう

2017/03/24更新

Vol.042 社会的投資研究者 伊藤健先生

「誰かのために」と考えたとき はじめて学びに対する意欲が湧く 「自分ごと」と「社会ごと」を重ねてみよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.245
家庭学習調査2017(2)
学習指導要領の改訂、ご存じですか?
小1~小3の子がいる父親と母親に聞く! 学習指導要領改訂の認知と評価
Vol.244
60周年ロゴマーク制定
創立60周年の感謝・想いを込めて
Vol.243
父親と母親を比較!子の学習状況、どれだけ把握していますか?
家庭学習調査から見える 母親と父親の「子の生活や学習への関わり方」 の違いとは?
Vol.242
公文式教材制作の裏側!
「もっといいものはいつもある」 子どもたちに学力と自学自習力をつけるために ~算数・数学教材編~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.052 後編
サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん
目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる
Vol.052 前編
サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん
目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる
Vol.051
ONO BRAND DESIGN代表・デザイナー
小野圭介さん
自分が直感した 好きなことへの熱量を 信じて大切に育もう
Vol.050
株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん
自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。