スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2014/10/24更新

Vol.014 脳科学者 中村克樹先生  前編

できたらすぐにほめる”の
くり返しで子ども伸びていく

中村 克樹 (なかむら かつき)
1963年生まれ。京都大学大学院理学研究科修士課程修了後、同大霊長類研究所の助手に。国立精神・神経センター神経研究所モデル動物開発部部長などを経て、現在は高次脳機能分野の教授として、京都大学霊長類研究所内・人類進化モデル研究センター長を務める。

たったひとつの受精卵から、どうやって意識や感情が芽生えるまでになるのか――そんな疑問をきっかけに、研究の道を邁進されている京都大学霊長類研究所の中村克樹先生。脳の働きの特性において、いかに学習することが重要か、さらには言葉を使わないコミュニケーションの大切さについてもうかがいました。

「生命の神秘に関わることができれば」と、理学部の生物専攻へ

喜んだり、悲しんだり、怒ったり……、みなさんは日常でいろいろな感情とともに生活していると思います。なかでも一時的にパッと出る感情を「情動」と言いますが、これは、人間特有のものではなく、サルをはじめ動物にもあるのです。私は、そうした情動、記憶や知覚、コミュニケーションなどの脳機能の仕組みを解明しようと、サルとヒトをテーマに研究を続けています。

では、小さいころから生き物に関心があったかというと、とくにそうでもありませんでした。ただ、育った地域は自然に囲まれ、ザリガニやフナを釣ったり蛇を捕まえたりと、生き物が身近にたくさんいたことはたしかですね。ある年の夏は、クワガタを200匹ほど捕まえてきたことがあり、家族がびっくりしたり、あきれられたりしたこともありました。

小中高と、勉強は好きではなかったですね。親から「勉強しなさい」と言われたこともありませんでした。いまの道に進むきかっけになったのは、高校で数学と物理が好きだったからでしょうか。物理もはじめはきらいだったのですが、理論的なことがわかるようになるとおもしろくなりました。でも、ほかの教科はできなかったですね。地理や世界史は定期試験で学年最低点をとってしまい、先生をおこらせてしまったこともありましたね。そんなですから、浪人生となるのですが、予備校ではまじめに学んだせいか、模試でもそこそこ点がとれるようになりました。

高校や予備校で物理がいちばん好きな科目だったこともあり、理学部に進むことにしました。多くの大学の理学部では物理・数学・化学・生物など、専攻を分けて受験させるのですが、私が進学した京都大学理学部では分けずに受験させ、大学3年になる前に専門を選択します。大学1・2年のときは遊んでばかりいたので、気づいたら、行けるところは「生物専攻」しか空いていなかった、というのが本当のところです。生物は性に合わないとも思いましたが、冷静に考えてみると、命のことは未知にあふれている。生命の神秘に関わるようなことができるといいかな、と前向きにとらえ、3年生4年生と学び、大学院にも進みました。

「ヒトの人生がすべて遺伝子で説明できる」に疑問をもった大学生時代とは?

関連記事

2014/10/31更新

Vol.014 脳科学者 中村克樹先生

“できたらすぐにほめる”の くり返しで子どもは伸びていく

2014/02/21更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

2014/02/28更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

2013/10/18更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生

ヒトには「学びたい」という本能があり、「やった!」「できた!」で強化される

2013/10/25更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生

ヒトには「学びたい」という本能があり、「やった!」「できた!」で強化される

バックナンバー

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2018/04/20更新

Vol.048 書写書道教育研究者 宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

2018/03/23更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

2017/12/22更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.273
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(3)
井上達彦先生
経営学の専門家・井上達彦先生が語る 模倣できない公文式は「究極の学びの場」
Vol.272
公文式の施設導入―
児童養護施設 大村報徳学園
信念を持った大人が集うことで 明日への活力が生まれ 子どもたちの未来が明るくなる
Vol.271
英語もKUMON―北浦三育中学校
「やる気のスイッチ」をオンにする 「丁寧さ」と「楽しさ」 「自学自習」の力を身に付ける一助にも
Vol.270
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(2) 田島信元先生
発達心理学者・田島信元先生が語る 公文式学習は「自己効力感」の積み重ね
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.057 後編
イラストレーター ももろさん
成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる
Vol.057 前編
イラストレーター ももろさん
成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる
Vol.056
朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん
人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう
Vol.055
小児外科医 吉岡 秀人さん
「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。