スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2013/10/18更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生  前編

ヒトには「学びたい」という本能が
あり、「やった!」「できた!」
強化される

泰羅雅登 (たいら まさと)
1954年三重県生まれ。東京医科歯科大学歯学部卒業。同大学大学院歯学研究科博士課程修了。
元東京医科歯科大学大学院 歯学総合研究科 認知神経生物分野教授。

読み聞かせは「心の脳」に働きかけ、豊かな感情を育む――読み聞かせの効果を科学的に初めて実証した泰羅雅登先生。今回は脳科学者である泰羅先生に、読み聞かせと脳の関係や、脳の研究を志したきっかけ、学びについての想いなどをうかがいました。

自分を認め引っ張り上げてくれた師との巡り合い、そして“いま”がある

歯学部に入学したころは、「歯科医として開業するのもいいかな」と思っていましたが、生理学の講義で当時の脳科学の第一人者である中村嘉男先生と出会い、関心は脳に移りました。潜在的にあった、脳への興味が目覚めたのかもしれません。歯学部でも、顎の動きと脳の仕組みなど、脳についても学ぶのです。実は中村先生の講義はロクに聞いたことがなかったのですが(笑)、学部の学生なのに、なぜか研究室に出入りするようになり、この道のいろいろな先生や先輩と出会って話すうちに、研究者として大学に残るのも選択肢として考えるようになりました。それは、当時は今と違って、大学院を終えてから大学でポジションを得ることは比較的容易だったことにもよります。

さて、大学院でも動物の脳で研究をしていたのですが、人の脳のことを知るためには人に近い霊長類で研究をしたいと思い、当時、霊長類の脳を使って研究していた数少ない機関のひとつ、東京都の神経科学総合研究所(現・財団法人東京都医学総合研究所)へ行くことを希望し、幸いなことに、「流動研究員」という、いまでいうポスドクとしてたまたま雇ってもらうことができました。

こうしたいいタイミングに巡り合えたことも、僕が研究者の道を歩み続けられるようになった要因のひとつだと思います。ほかのことでも同じだと思いますが、何かを究めるには、個人の能力に加え、人とのつながりやタイミングも大きく影響しているのではないでしょうか。自分でできる範囲の努力に加え、自分のことを認めてくれる周りの世界がないと、究めるのは簡単ではないかもしれません。

僕の場合、中村先生との出会いが転機になりましたし、研究所時代に自分が研究者としてやっていけるのか不安だったときに、いろんな先生方が励まし、認めてくれました。それが非常にうれしかったです。公文の学習も、ほめたり励ましたりを大切にしていますが、それは大人も同じだと思います。

もうひとつ、研究していたことが時流に乗ったという幸運もあります。研究というのは、基本的にはどんどん細分化していくもので、例えば脳の研究なら、脳の機能を細分化し、それぞれ研究していくようになります。しかし、僕は細分化して突き詰める研究ではなく、マクロ的な研究をしたいと思っていました。

マクロ的な研究とは、簡単に言えば、「行動と脳の相関関係」を調べるもので、「人が何か行動しているとき、脳はどのように働いているか」といった研究です。いわば心理学的な研究手法を脳科学に応用した研究です。ただ、こうした研究は、それまでの手法とくらべて大雑把すぎて、当時はまだあまり受け入れられませんでした。

つい先日亡くなられた研究者、日本大学時代の恩師である酒田英夫先生はこうした研究のパイオニアで、さらに海外で、「もっとマクロ的に脳の機能を研究する必要がある」という流れになってきました。僕がやりたかった研究が、うまくそこにはまったのです。

関連リンク
歌・読み聞かせの効果 Baby Kumon

関連記事

2013/10/25更新

Vol.002 脳科学者 泰羅雅登先生

ヒトには「学びたい」という本能があり、「やった!」「できた!」で強化される

2014/10/24更新

Vol.014 脳科学者 中村克樹先生

“できたらすぐにほめる”の くり返しで子どもは伸びていく

2014/10/31更新

Vol.014 脳科学者 中村克樹先生

“できたらすぐにほめる”の くり返しで子どもは伸びていく

2014/02/21更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

2014/02/28更新

Vol.006 脳科学者 川島隆太先生

学びの本質は、 過去を知って未来につなぐこと 子どもたちに伝えたい “夢をかなえるための4つの約束“

バックナンバー

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

2018/04/20更新

Vol.048 書写書道教育研究者 宮澤正明先生

人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果

2018/03/23更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

2017/12/22更新

Vol.046 教育心理学者 宮下孝広先生

家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう

2017/10/27更新

Vol.045 英語教育学者 高橋 美由紀先生

英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.265
浮世絵に見る明治維新のころの教育
今年は明治維新150年! 浮世絵から見えてくる 当時の「学び」の変化とは?
Vol.264
子育てママ・パパの絵本ランキング
ミーテ会員が選んだ! 出産祝いに おすすめの絵本を発表!
Vol.263
公文式の施設導入-
児童養護施設 日本水上学園
将来の自立につながる学習支援 施設スタッフとの「大切な時間」
Vol.262
国語も算数もKUMON―株式会社ドコモ・プラスハーティ
メンタルヘルスケアにも 社会性の向上にもつながる 公文式による学習意欲 の広がり
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.056 後編
朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん
人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう
Vol.056 前編
朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん
人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう
Vol.055
小児外科医 吉岡 秀人さん
「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう
Vol.054
「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん
過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。