OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/03/16更新

Vol.053 株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん  後編

「雨垂れ石を穿つ」の精神で
「続けること」を大事にすれば
は近づいてくる

浅谷 治希 (あさたに はるき)
1985年生まれ 神奈川県出身。2009年慶應義塾大学経済学部卒。大手教育企業に入社し、女性向け大型ポータルサイトの集客に従事。2012年8月に退職し、自身がユーザーだったITサービス企業に入社。その直後の同年11月米マイクロソフトなどが協賛する起業コンテストStartup Weekend東京大会にて教師向けコミュニティサイト「SENSEI NOTE(センセイノート)」を立ち上げ、優勝。その後開催されたGlobal Startup Battleで世界112チーム中8位に入賞。2013年2月に株式会社LOUPEを設立。世界経済フォーラム(ダボス会議)が任命するコミュニティ「グローバルシェイパーズ」メンバー。

学校の先生が最大のパフォーマンスを発揮できるよう、ITを活用した事業を展開する浅谷治希さん。先生同士が共通点を通じてつながるサービス「センセイノート」や、日本全国にある教育系のイベントをまとめるサービス「センセイポータル」の運営をされています。高校時代から「経営者になりたい」と考え、大学時代には飲食店や古着販売事業を立ち上げ、その後、教育をテーマに起業することになったのは、どんなきっかけがあったのでしょうか。思いを実現するために大切にしてきたこと、これから成し遂げたいことなどについてもうかがいました。

シェアハウスで「世の中のためになにができるか」毎夜議論

もともと教育には興味があっての就職でしたが、大手の社風がなじまないこともあり、1年半で退職しました。違うところで力をつけたいと、ITベンチャー企業に就職したのですが、直後に起業の可能性が出てきたため、試用期間の最終日に辞めることを伝えました。

学生時代の起業の経験を経て、自分は起業は向いていないと思っていたのに、起業するにいたったのには、当時、同世代の仲間とシェアハウスに住んでいたことが大きく影響しています。シェアハウスのメンバーは官僚や起業家など多士済々。「仕事を通じて、世の中をどうよくしていくか」という話を夜な夜なしていました。

あるとき、シェアハウスのメンバーのアメリカの友人が泊まりに来ました。彼は、私が起業するきっかけになった「Startup Weekend Tokyo大会」というイベントのファウンダー(共同創業者)でした。そこで「君も出てみたら」と勧められ、出ることになったんです。

イベントでは新規ビジネスを週末3日間で仕上げてプレゼンするのですが、翌日の月曜が転職先の試用期間の最終日。やるなら今しかないと、この3日間で「先生のためのサービス」を具体化しました。それが入賞し、世界大会にも出場、起業することになりました。

もともと学校教育は自分の知らない分野です。教員をしている知人は、着想のきっかけをつくってくれた同級生ただひとり。そこで全国の先生方に話をききに行きました。加えて、事業運営に必要な法律や会計などの専門知識は、お金がなかったので、その分野の専門家にメールで連絡をとり、ランチにつきあってもらうことにしました。約1時間のなかでききたいことを全部きくのです。大学時代、自分はリサーチ能力と行動力を養えたと思いますが、このときに「人に話を聞く」力が身についたと思います。

センセイノート継続の危機で得られたものとは?

関連記事

2018/03/09更新

Vol.053 株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん

「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる

2016/08/05更新

Vol.035 経済学者 澤田康幸先生

学びの本質とは 「新しい発見」に行きつくこと 努力を怠らずにやり抜こう

2018/07/20更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

2018/09/14更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

バックナンバー

2018/11/09更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2018/07/13更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.285
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(6) 多賀幹子さん
ジャーナリスト多賀幹子さんが語る 指導者の情熱こそKUMONの神髄
Vol.284
ポーランド共和国に公文式教室開設
ポーランド共和国に公文式教室開設 ~KUMONは51の国と地域へ~
Vol.283
学習療法実践研究シンポジウムin ふくしま
「学習療法」「脳の健康教室」を活かし みんなで高齢者を支えるために
Vol.282
くろくまくん絵本10周年
くろくまくんに込められた想いとは?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.051 後編
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.051 前編
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.050
大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生
「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう
Vol.049
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。