OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/06/16更新

Vol.044 仕掛学者 松村真宏先生  後編

予想は裏切られた方がおもしろい
ゴールに向かう道の途中大切に

松村 真宏 (まつむら なおひろ)
1975年大阪生まれ。大阪大学基礎工学部システム工学科卒業。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)。2004年より大阪大学大学院経済学部研究科講師、2007年より同大学准教授、現在に至る。研究テーマは「仕掛学」。著書に『仕掛学: 人を動かすアイデアのつくり方』(東洋経済新報社)。近著は『人を動かす「仕掛け」』(PHP研究所)。公文では小1から中2まで、算数・数学を学習。

「仕掛学」という新しい学問分野を切り開き、研究に取り組まれている松村真宏先生。ものごとを多面的に考えることにつながる仕掛学を、子どもたちにも学んでもらいたいと、仕掛学のまんが本を上梓される予定です。先生いわく「仕掛学は一般教養」。いったい仕掛学とはどういうもので、そもそもなぜ仕掛けに関心を寄せるようになったのかをうかがいました。

人の行動を変えるにはデータだけでは不完全

松村 真宏

私の恩師である大澤先生は「チャンス発見」という研究テーマを提唱されています。「『めったに起こらないけれども重要なこと』を見つけよう、それはコンピューターだけでは見つけられないので、人間と一緒に協調しながら探していこう」というアプローチです。コンピューターも人間の知識もフル活用して、どううまくミックスできるかが研究テーマでした。

この「データは便利だけれど不完全なので、それしか使わないのは不十分ではないか」というのは、仕掛学も同じです。当時ぼくは人工知能の研究をしていましたが、データは不十分だし、それだけを研究テーマにしていてはできることが限られていると思っていました。とはいえ大澤先生と同じアプローチをとるわけにもいかないので、「人の知識や経験」を使うのではなく、「行動を変えることで問題解決する」というアプローチに進むことにしました。

当初は「フィールドマイニング」と呼び、データに頼ることなく、街なかの魅力を発見しようと活動していました。そこに何らかの仕掛けがあると、街の魅力に気づきます。たとえばぼくが最初に見つけた仕掛けは2006年、天王寺動物園の「筒」でした。望遠鏡のような形で、真ん中に穴があり、ついのぞきたくなる。何の説明書きもなかったのですが、動物以外の見どころに気づいてもらうための仕掛けでした。そうした仕掛けを収集していたら、魅力を発見するだけでなく、いろいろな問題解決に応用できると気づきました。そこで「仕掛学」と名前を変え、現在の研究に至っています。

でも仕掛けを自分で考え出すのは難しい。ですからぼくは、人が集まっているところはとりあえず見に行きます。人が集まっている理由、つまり仕掛けがわかるからです。人だかりは、隠れた仕掛けを他の人が見つけてくれていると言えます。人の行動がどう変わるか、実験をしたこともあります。繁華街にある、普通の木の根元を、友人と何人かで集まって写真に撮っていたら、まわりの人が寄ってきて同じように撮影をし始めた。何かがあると思ったんでしょうね。つまり、ちょっとしたことで人の行動は簡単に変わる、ということです。

松村先生から学生たちへのメッセージ

関連記事

2017/06/07更新

Vol.044 仕掛学者 松村真宏先生

予想は裏切られた方がおもしろい ゴールに向かう道の途中を大切に

2016/12/09更新

Vol.039 車椅子バスケットボール選手
藤澤 潔さん

「どんな自分でいたいか」をイメージして文字に書き起こすと 夢の実現に向けた努力ができる

2016/09/16更新

Vol.036 シュアール代表、手話通訳士
大木 洵人さん

一人ひとりが得意を伸ばして 補い合えば 組織は大きく飛躍する

2014/01/17更新

Vol.005 ロボットクリエイター 高橋智隆さん

 “1人1台ロボットと暮らす夢”を挑戦や試みを積み重ねて具現化する

2017/02/10更新

Vol.041 プロゴルファー 武尾咲希さん

一打一打の積み重ねが 高みにつながるから 「結果」に至る「内容」を大切に

バックナンバー

2018/03/09更新

Vol.053 株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん

「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2018/01/19更新

Vol.051 ONO BRAND DESIGN代表・デザイナー
小野圭介さん

自分が直感した 好きなことへの熱量を 信じて大切に育もう

2017/12/01更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2017/11/10更新

Vol.049 パティシエ 本間友梨さん

地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.253
高齢者も学べる公文書写-行政との連携編
高齢者が生き生きと楽しく 豊かな生活を送れる街に ~茅ケ崎市の公文書写教室の取り組み~
Vol.252
KUMONグローバルムービー
世界共通の想いとは? KUMONグローバルムービーが描くもの
Vol.251
療育のなかのKUMON-放課後等デイサービスでの取り組み
障害のある子たちによりそい 一人ひとりが幸せになるサポートをしたい ~ ライフステージに合わせた“つながる療育支援”をめざして ~
Vol.250
くもんの先生の仕事とは?
子どもたちをもっと伸ばしたい! 原動力は子どもたちの 「できた!」の笑顔
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.048 前編
書写書道教育研究者
宮澤正明先生
人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果
Vol.047
英語教育学者 町田 智久先生
英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう
Vol.046
教育心理学者 宮下孝広先生
家庭や地域でも学びをうながし 子ども自身の力を発揮させよう
Vol.045
英語教育学者 高橋 美由紀先生
英語は人生を変える手段にもなる 「英語を」学ぶのではなく 「英語で」学ぼう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。