OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/09/16更新

Vol.036 シュアール代表、手話通訳士
大木 洵人さん  後編

一人ひとり得意を伸ばして
補い合えば
組織は大きく飛躍する

大木 洵人 (おおき じゅんと)
群馬県生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒。東京大学大学院情報学環教育部修了。聴覚障害者と聴者が本当の意味で対等な社会を目指し、大学2年生だった2008年に「シュアール」を創業。手話ビジネスを展開している。シュアールグループ代表、手話通訳士。そのほかアショカ・フェロー、世界経済フォーラムグローバルシェイパーズコミュニティ福岡代表などを歴任。

これまでボランティアの枠組みで語られることの多かった手話に関する取り組みを、ITを活用した「遠隔手話通訳」や「オンライン手話辞典」といったビジネスとして展開、大きな期待を集めている起業家の大木洵人さん。20代後半ながら、世界経済フォーラムやアショカなど、世界的な社会活動団体にも認められ、多忙な日々を送る彼は、聴覚障害に対する世間の誤解と格闘しつつ、大きな夢に向かって邁進しています。もともとはおとなしい少年だった彼を変えたものとは?そしてその人生観に影響を与えたものについてお話をききました。

高校時代の米国留学体験が大きな転機に

小さい頃の夢は、父と同じプロゴルファーでした。その後、中学2年の時に憧れ始めたのが戦場ジャーナリストです。中学2年生の夏休みだったでしょうか、何気なくインターネットを見ていたら、戦場で兵士に銃を突き付けられた母親が子どもを守ろうとしている写真が目に飛び込んできました。僕らは日常、テレビで人が殺されるドラマを見たりしているけれど、ドラマはあくまでドラマ。でもこの写真の次の瞬間には、実際に人が亡くなってしまったかもしれません。そういう写真を撮って世の中に伝える、訴えることができる戦場ジャーナリストってすごい仕事だ、と思ったんです。

この仕事に就くには、英語が不可欠だと思い、高校3年の時に米国ミシガン州の高校に1年間留学しました。しかし、はじめは差別もされて苦労しました。何を言っているかは分からなくても、すごく嫌な顔をしながらぼそぼそっと言葉を吐かれれば、さすがに内容の見当はつきます。ホストファミリーの家の自分の部屋で枕に向かって叫んだり、雪に向かって叫んだりしたこともありました。

でも、僕は人と話すのが大好きだったので、「you」「I」「like」「yes」みたいな、ごく少ないボキャブラリーを駆使しながらしきりに話しかけていたら、そのうちみんな「面白いやつ」と打ち解けてくれるようになりました。その高校ではジャーナリズムを専攻して、スポーツカメラマンの実習をやっていたのですが、アメフトの試合の撮影に行くと他の生徒がブースで撮っているのを尻目に、許可されていたコートぎりぎりまで迫って撮影して、「あんなところで撮っているクレイジーな日本人がいる」と人気者になってしまったことも(笑)。そんなことで、全校の人気投票で1位に選ばれるほど溶け込めましたし、7ヵ月くらいで気が付いたら英語が飛躍的に聞けて、話せるようになっていました。

大木さんが手話を始めたきっかけとは?

関連記事

2016/09/09更新

Vol.036 シュアール代表、手話通訳士
大木 洵人さん

一人ひとりが得意を伸ばして 補い合えば 組織は大きく飛躍する

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2016/07/15更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2016/11/11更新

Vol.038 スイーツジャーナリスト 平岩 理緒さん

コツコツを積み重ねれば 必ず自分の力になり結果を生み出す 夢があればやがてひとつの道でつながる

2017/02/10更新

Vol.041 プロゴルファー 武尾咲希さん

一打一打の積み重ねが 高みにつながるから 「結果」に至る「内容」を大切に

バックナンバー

2017/08/04更新

Vol.046 盆栽芸術家 秋山実さん

素材を見極め先を見る 人も盆栽も「続ける」ことで 成長と結果がついてくる

2017/07/07更新

Vol.045 国連UNHCR協会 島田祐子さん

どんなに難しい問題でも プロセスを踏めば解決できる 自分は何ができるのかを考えてみよう

2017/06/07更新

Vol.044 仕掛学者 松村真宏先生

予想は裏切られた方がおもしろい ゴールに向かう道の途中を大切に

2017/04/07更新

Vol.043 労働経済学者 浦坂純子先生

積み重ねることで 見える景色は変わってくる 足元の一歩一歩を登って道を開こう

2017/03/10更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.221
浮世絵に見る江戸時代の子どもたち
五感を駆使して 身体に滲み込むまでくり返す 「遊び」も「学び」も『生きる力』に通じる
Vol.220
学習療法-
高齢者が自分らしく暮らしていくサポートを
「変わらないことが変化」 認知症高齢者に毎日喜びを届けたい
Vol.219
企業のなかのKUMON―BHIJホールディングス株式会社
仕事とは一見関係ない数学の学習 コツコツと続けることで 仕事の段取りもよくなると実感
Vol.218
世界とのつながりを感じる
タイ・スタディーツアー開催 -English Immersion Camp(EIC)-
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.044 後編
絵本作家・童話作家 正岡慧子さん
心に思うと現れる 誰にも必ず訪れる人生の分かれ道で どう道を選ぶかが大切
Vol.044 前編
絵本作家・童話作家 正岡慧子さん
心に思うと現れる 誰にも必ず訪れる人生の分かれ道で どう道を選ぶかが大切
Vol.043
海洋冒険家 白石康次郎さん
自分の幸せのために 思いの方向に舵を切ろう
Vol.042
社会的投資研究者 伊藤健先生
「誰かのために」と考えたとき はじめて学びに対する意欲が湧く 「自分ごと」と「社会ごと」を重ねてみよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知病の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。