OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/04/15更新

Vol.031 起業家 マリタ・チェンさん  後編

世界チャンスに満ちている
テクノロジー
世界の人々を助けたい

Marita Cheng (マリタ・チェン)
1989年オーストラリアのケアンズ生まれ。工学とコンピューターを学んでいた学生時代に、学生団体「ロボギャルズ」を設立、2012年には「ヤング・オーストラリアン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。現在は人々の役に立つロボットを作る「2Mar Robotics」と視覚障害者のためのiPhoneアプリを作る「Aipoly」の2つの会社を経営している。

女子学生にロボット工学の楽しさを紹介する団体を大学在学中に立ち上げ、現在は起業家として2つの会社を経営する、オーストラリア人のマリタさん。2012年には同国を代表する栄誉である「ヤング・オーストラリアン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた27歳の彼女に、ロボット工学の魅力、そして彼女の事業と夢についてうかがいました。

女子学生たちにロボット工学の
魅力を伝えることにやりがい

大学では工学とコンピューター・サイエンスを学びました。いつか自分のロボット会社を作りたいと思っていました。19歳のときに、Robogals(ロボギャルズ)という学生団体を創設しました。男性が多くを占めるロボット工学分野にもっと女性を呼び込むべく、さまざまなワークショップを行う団体です。アメリカ、イギリス、日本などの国で、現在までに5万人以上の女子学生たちのために、ロボット工学の魅力を伝えるワークショップを開催してきました。この活動が評価されて2012年に受賞したのが、オーストラリアの若手ロールモデルに贈られる賞、「ヤング・オーストラリアン・オブ・ザ・イヤー」です。

数多くの人材が集まることでアイディアも多様化しますので、ロボット産業界はもっと女性を雇用したがっています。実際に大学では、数学や科学を学ぶ女子学生に対してさまざまな奨学金も与えています。ただ、業界の一部にまだ男性社会的な空気が残っていることもあって、女性はまだまだ少ないのが現状です。

Robogalsではさまざまなワークショップを行い、女子学生たちにロボット工学の魅力を伝えてきました。私が自分の体験を話すことで、「20代の女の子のマリタが、アップルのような会社と仕事ができるなら、私にもできる!」と思ってもらえましたし、ロボットがいかに人間の生活にインパクトを与えるかを話すと、「自分の仕事が社会の役に立てるのかもしれない!」と心を動かしてくれる女の子もいて、やりがいがあります。

あるとき、大学を中退した若い男の子たちがシンプルなロボットを製作して売り始めたことを知り、「彼らができるなら私にもできる」と思いました。ロボットを作るのに、博士号は必ずしも必要ないんですね。それで私はロボットを作る今の会社を設立しました。

うまくいかない時のマリタさん流の乗り越え方とは?

関連記事

2016/04/08更新

Vol.031 起業家 マリタ・チェンさん

世界はチャンスに満ちている テクノロジーの力で 世界の人々を助けたい

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2017/09/15更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

2016/08/05更新

Vol.035 経済学者 澤田康幸先生

学びの本質とは 「新しい発見」に行きつくこと 努力を怠らずにやり抜こう

2017/11/17更新

Vol.049 パティシエ 本間友梨さん

地道に積み重ねることで 知識や技術が身につき やがて生活の糧となる

バックナンバー

2018/06/01更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2018/03/09更新

Vol.053 株式会社LOUPE CEO 浅谷治希さん

「雨垂れ石を穿つ」の精神で 「続けること」を大事にすれば 夢は近づいてくる

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2018/01/19更新

Vol.051 ONO BRAND DESIGN代表・デザイナー
小野圭介さん

自分が直感した 好きなことへの熱量を 信じて大切に育もう

2017/12/01更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.261
公文国際学園の寮生活
自立と自律の精神を学ぶ ~仲間とともに夢に向かって~
Vol.260
スイス公文学園高等部(KLAS)の3つの柱
スイスにある日本の高等学校 ~英語・国際感覚だけでない 人間育成~
Vol.259
くもんのカードが発売40周年!
親子でコミュニケーションをとりながら 赤ちゃんのことばの世界を豊かに広げる
Vol.258
認知症予防の新たな取り組み
天理市で 認知症予防分野における 「成果連動型支払事業」が目標を達成
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.049 後編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.049 前編
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
Vol.048
書写書道教育研究者 宮澤正明先生
人をおもんばかる気持ちを育む 書写の学習効果
Vol.047
英語教育学者 町田 智久先生
英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50の国と地域に、 「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。